HGBF ガンダムライトニングブラックウォーリアのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 ガンダムライトニングブラックウォーリアのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はバトローグの劇中シーンをそのままイラストにしたような感じです。相手はもちろんヴァイスシナンジュなんでしょうね。バトローグは、第1話はリボンズやシャア(しかも声優が関俊彦さん^_^;)、アムロといった歴代キャラが登場しましたが、第2話はコウサカ・ユウマとサカイ・ミナトがバトルを繰り広げるという今後の展開が少し読めないものになっています。(ちょっと話がライトニングブラックウォーリアからずれちゃったかな?)

箱のサイズは通常のHGと同じ大きさです。

では開封。かなりスカスカ感がありますね^_^; ランナー枚数こそ多いものの、ランナー枠が小さめのものが多いので少なく見えてしまいます。

横絵はライトニングブラックウォーリアのアクションギミックと豊富なウエポン類の紹介です。この武器数は圧巻です。武器類は多いに越したことはないですし、それぞれ味のある武器が揃っているので楽しめます(^o^)

ランナーは全部で4袋分。

今回もガンダムビルドファイターズとトワイライトアクシズのチラシ入りでした。お台場のユニコーンガンダムも公開され、ガンダムベース東京も好調そうなので、ガンプラの勢いも衰えることを知らないって感じです。

ではここから説明書を見ていきます。表紙はパケ絵と同じ。それと、ガンダムライトニングブラックウォーリア(長いな^_^;)の詳細と、所有者のコウサカ・ユウマの詳細が掲載されています。

設定的には、アメイジングレッドウォーリアを参考にして独自に作り上げたらしいですが、見た目的にアメイジングレッドウォーリアの色を変えただけっていうのはコウサカ・ユウマらしくない気がします。商業的なにおいもしますな^_^;

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。説明書の半分以上は武器類の組み立て紹介なので、武器の豊富さがより際立って見えます。キット自体は肩部バーニアユニットを除けばシンプルな組み合わせになっているので、組み立ても難しくないと思います。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1、A2ランナー。ブラックのランナーです。A2はA1の一部と同じでHGアメイジングレッドウォーリアからの流用ランナーです。以下、ほぼアメイジングレッドウォーリアからの流用となります。外装パーツ類。

↑B1、B2ランナーです。グレーのランナー。内部パーツ類です。

↑C、Dランナー。Cはゴールド、Dはブラックのランナーです。DランナーのブラックはA1、A2ランナーよりもさらに濃いブラックになっています。

↑E、Fランナー。Eはゴールド、Fはグレーのランナーです。ライトニングブラックウォーリア用はEランナーまでで、Fランナーから武器類になります。

↑G、Hランナー。共にグレーのランナーです。全て武器類で、Hランナーのみライトニングブラックウォーリア用のランナーです。

↑ポリキャップ(PC-002)、ビーム・サーベル刃(クリアーイエロー)、ホイルシールです。ホイルシールの貼り付け箇所は少なめ。

以上です。レッドウォーリア好きなら問題ないですが、キットがあまり派手さのないシンプルなものになっている分、周りの武器を充実させることで補っている感じもしますね^_^;

まぁキットの出来は悪くないですし、武器は特徴的なものが揃っているので楽しみは多いです。赤と黒を両方揃えるのもありですし、それぞれに武器をたんまり装備した状態を演出させて、重装備のツインウォーリアを楽しむのもいいですね。

⇒楽天でHGBFガンダムライトニングブラックウォーリアを探す
⇒駿河屋でHGBFガンダムライトニングブラックウォーリアを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFガンダムライトニングブラックウォーリアを探す


コメントを残す