HGBF ミセス.ローエングリン子のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 ミセス.ローエングリン子のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はAAモードのローエングリン子が掲載。背景は宇宙空間のようなデザインになっているのでSEEDのシーンがイメージしやすいです。ヤキンの攻防戦かな?ローエングリンも発射体制になっていますし、SEEDの劇中シーンが蘇るようですね。ぜひドミニオンも発売してほしいですが、ビルドファイターズのなかではドミニオンに対応するキャラがいなさそうなので悩ましいところです;

箱のサイズは縦横共に一般的なHGよりも1cm程度大きめ。そして2cm弱ほど厚みがあります。コスヒロインシリーズは人型で長身なため、どれも箱が大きいものになっていますが、このローエングリン子も例外ではありません。

横絵はアクションポーズや変形ギミックなど。それほど情報量は多くないですが、パッケージが大きいので画像も大きく、見ごたえのあるキット解説になっています。

では開封。中身はありえないくらいにスッカスカ;小さめのランナーが多いですし、脇にもごっそりと空洞が存在しています。別にこのサイズの箱でなくても良かったような気がしますがどうなんでしょう;武器類も多くないですし、コスヒロインとしてはシンプルで無駄なものがないのでこれくらいのボリュームになっているんでしょうかね~。

全部で5袋分のランナー。大判は2枚のみです。あとは小さいものばかり。

では説明書を見ていきます。説明書はビルドファイターズのデザイン。ビルダーにはガンダムビルドファイターズ主人公『イオリ・セイ』の父『イオリ・タケシ』が掲載。キットモチーフが母のイオリ・リン子なので当然といえば当然ですが、随分趣味的な部分を感じるキットになっているようです。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立ては本体部分はこれまでのコスヒロインキットとあまり代わり映えしませんが、腰部のスカートを組む辺りから後半のアークエンジェル型バックパックを組むようになるのは新鮮でいいですね。簡単ながらも変形機構が備わっていたりと、最近のコスヒロインキットは容姿だけでなく、合体や変形などの追加要素があるので一層楽しめるようになっています。

カラーガイドはこんな感じ。モンザレッドやミッドナイトブルー、インディブルーといった基本色よりは少し深みのある色が使われていますが、それでも塗料としては定番のカラーだと思います。フィギュア型のキットなのでフェイスや布のような柔らかい質感を出したり、ファンデーションや口紅といった顔の化粧っぽさを出すのは少し難しいかもです。(まぁそこまで凝る必要もないんでしょうけど;)

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ブラックのランナーです。コスヒロインキットによく入っている脚部パーツ類。

↑B1ランナー。グレー、ブラック、レッド、ベージュのイロプラランナー。頭部や腰部、脚部といった各部のパーツ類。

↑B2ランナー。レッド、ブラック、グレー、クリアーのイロプラランナー。クリアーパーツの部分以外はB1の一部と同じです。

↑C1ランナー。ホワイトのランナーです。アークエンジェル型バックパックや頭部、腰部など各部のパーツ類。

↑C2ランナー。ホワイト成型色でC1ランナーの一部と同じ形状。

↑Dランナー。ホワイトのランナーです。こちらもコスヒロインキットには定番。腕部や内部関節パーツ類になります。

↑E、Fランナー。Eがインディブルー、Fがホワイトで、Eはローエングリン子の髪パーツでFはゴム素材のスカートになります。

↑ポリキャップ(PC-7)、クリアーオレンジのランナーレス台座、ホイルシールです。シールは目の種類が色々選べます。

以上です。特徴的なのは変形くらいなのでそれほど派手ではないですけど、全体的な強度やカチッとした安定度は他のどのコスヒロインキットよりも優れていますね。なのでポージングや変形、武器の保持やディスプレイ、自立などは比較的ストレスなくし易いと思います。

アークエンジェルの特徴的な武装類はユーモアを感じさせるほどによく再現されていますし、リン子らしいセクシーさや大人の魅力も感じさせる、どことなく艦コレを意識して作られた感もありそうなおもしろキットになっていて、他のコスヒロインとは違ったスタイルが楽しめるのがいいですね。

⇒楽天でHGBF ミセス.ローエングリン子を探す
⇒駿河屋でHGBF ミセス.ローエングリン子を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ミセス.ローエングリン子を探す

コメントを残す