HGBF ハンブラビスバン レビュー

今回は、HGBF 1/144 ハンブラビスバンのレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 ハンブラビスバンは、ガンダムビルドファイターズ外伝『ガンダムビルドファイターズA-R(アメイジングレディ』に登場するハンブラビ型ガンプラ『ハンブラビスバン』の1/144スケールモデルキットです。機動戦士Zガンダムに登場したハンブラビの変形機構はそのままに、頭部や胸部、肩部などが新規パーツによってカスタマイズされています。価格は1,944円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

プレミアムバンダイホームページではブルーカラーになっていますが、実際の成型色はかなりパープルが強いものになっています。全体的にシンプルなカラーリングで、色分けもパーツによって分けられているので塗装が必要なところもほとんどありません。

形状は2012年に発売されたHGUCハンブラビをベースに、頭部、胸部、肩部などの各部が新規造形パーツによって構成されたキットです。ポリキャップはPC-001を使用し、各部ともポリキャップを多く使ってあるので関節強度は高いです。

足裏もそこそこ広いですし、全体的に細身でバックパックも薄型なので、自立はかなり安定しています。

頭部。ハンブラビとは大きく変化しているモビルスーツ型頭部。神官のようなディテールがいかにも伏兵っぽさを感じさせます。内部はブルーのクリアーパーツによって再現され、モノアイと頬下はシールによる色分けです。両脇のスリット型モールドは色分けされていないので塗り分ける必要があります。

モノアイは今貼り付けている半月とは別に、円形のモノアイが付属しています。

円形のモノアイは額の部分中央に貼り付けるように指示されていて、どことなくハンブラビの面影を感じさせるものになっています。

左右挟み込みなので、頭部裏には合わせ目が出来ます。

バストアップ。胸部は新規造形で、中央のダクトっぽいディテールはグレーの別パーツで色分けされています。

腹部、胸部。腹部は新規造形で、股関節部分はハンブラビと同型です。腹部中央のセンサーっぽいモールド内はシールによる色分けとなります。

腕部。穴あきのショルダーアーマーはスバン用の新規造形となりますが、肩部から下はハンブラビと同じ形状。

前腕は左右挟み込みタイプなので、中央に合わせ目ができます。

新規造形のショルダーアーマーは前後挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出来ます。内部の白いパーツには動力パイプのようなモールドあり。

脚部。ハンブラビ独特のブーツカットっぽいディテールが印象的。腿、膝から下共に左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出来ます。ですが微妙ではあるものの、どの合わせ目も段落ちモールドになっているようです。

足裏にはハンブラビから続く、少し中途半端なスラスター型モールドが入っていて、フチには細かいスリットが入っています。脚部側面にはハンブラビよりも若干ワイドになった穴空ウイングが付いています。

足首から下の部分。ハンブラビと同型で、かかとは薄型。足裏は別パーツ化されていて肉抜き穴はありませんが、モナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。

バックパック。ハンブラビからの白い背部ビームライフルやテールランスなどは健在ですが、ウイングがスバン特有の穴空きウイングに変更されています。背部ビームライフルの本体部分はモナカ割なので中央に合わせ目ができます。

テールランスを伸ばすとハンブラビらしい大型のウイングにすることができます。

背部ビームライフルから伸びる動力パイプは別パーツ化されています。

背部ビームライフルはポリキャップによる接続となっています。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。ちょうど間くらいのサイズですが、ウイングなどがあるためあまり小さく見せないキットになっています。

頭部の可動は狭くもなく、広くもないといった感じ。

首周りの干渉物がないので、左右への首振りはしっかりと可動します。

ショルダーアーマーや肩内部パーツの可動によって制限されるため、腕部は水平程度にしか上がりません。

ポリキャップが手前に展開するような構成になっているので、前方へは広めにスイングします。

二の腕パーツの干渉により、肘曲げは90度程度。

輪っか型の二の腕パーツは回転可動します。

ショルダーアーマーも個別に展開可動します。

ハンドパーツは他キットのようなボールジョイントではなく、シャフト型の差し込みパーツになっています。なので、武器を持った時に若干手首の自由度が甘く、可動に不十分さを感じます。

上半身と下半身はボールジョイント接続なので、前かがみ、胸張りといった可動には少し柔軟性があります。

腰部アーマーが干渉するので、腰の回転はわずか。

腰部ボールジョイントにより、上半身を適度に左右に振ることができます。

股関節の穴にアクションベースをマウント。

マウント時も安定しています。

変形機構があるキットなためか、腰部アーマーもないのでワイドに前後開脚が可能です。

膝もしっかりと折りたたむことができます。

足首も変形機構に伴ってしっかりと可動します。

股関節はボールジョイント可動分しか開きません。

足首は脚部アーマー内で適度にスイング可動します。

内股、がに股もボールジョイント分の可動程度。前後や膝可動はしっかりとしているものの、脚部左右への展開はかなり制限されているのでポージングの多彩さはあまり望めないキットになっているようです。

前後への十分な可動域を活かして、立膝はかなり深めにさせることができます。

テールランスは2箇所で可動します。

バックパック両脇のウイングはポリキャップ接続によって適度にスイング可動します。

ダボによる接続なので、前後にも少し可動させることができます。

フェダーイン・ライフル、ビーム・サーベル刃☓2、ウイングトマホーク、武器用ハンドーパーツ(左右)、ビーム・サーベル柄☓2が付属。

その他、HGUCハンブラビ用の余剰パーツも幾つか付属します。

フェダーイン・ライフル。ハンブラビから付属のロングサイズビームライフルです。本体部分はモナカ割なので縦に合わせ目が出来ます。

後部のストック状のアームは可動しますが、折れやすいのではめ込んだり可動させたりするときには注意が必要です。ライフル先端は開口しておらず、先端下部のパーツは可動します。

フェダーイン・ライフルのストックをハンドパーツに挟んで保持させます。ストックが三角形になっているので前腕と干渉します。なので銃口をまっすぐに向けるのが少し難しい状態になっています。それほどふらつくことはないですが、ムリに動かすと手甲パーツがはずれやすいので若干ストレスを感じるかもです。

ウイングトマホーク。シールドっぽいですがれっきとした武器です。ハンブラビではバックパックに取り付けるようになっていたパーツを武器として流用させているようです。中央マウントパーツの穴はアクションベースへのマウント穴になっています。

中央マウントパーツのダボをハンドパーツに差し込んで保持させます。かなりゆるいので、腕部の向きによってはクルッと反転したりするのでポージングでは多少気を使うかもです。

トマホークは適度に展開収縮可動させることができます。

ハンブラビと同様に、ビーム・サーベル刃はフェダーイン・ライフルにマウント可能。なかなか様になる武器です。

肩部が手前にスイング可動するので、フェダーイン・ライフルの両手持ちは割りとラクにさせることができます。

ではここからハンブラビスバンを変形させていきます。まずは前腕のクローを手前に展開させます。

クローを展開したことで前腕が逆側に折れ曲がるので、腕部の角度を変えて変形させます。足首は水平に可動させて伸ばしておきます。※画像ではスネのパーツを展開してないですね^_^; 本来はスネのパーツを展開させるようになっていますm(_ _)m

脚部を後方に折りたたみます。

テールランスを伸ばして展開します。

ウイングトマホークを股関節のアクションベースマウント部分に取り付けたら変形完了です。

変形後は、後部に取り付けたウイングトマホーク部分をアクションベースにマウントさせます。

多少前のめりになりやすいので、アクションベースの角度を調整してフライングスタイルをポージングさせます。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。ベースキットが2012年発売のHGUCハンブラビということもあり、手甲パーツがポロリしやすかったり、適度に合わせ目があったりと、若干古さを感じさせるところはあります。ですがまぁ許せる範囲かな~って感じです。買う、買わないで言うと、値段もそこまで高くないですし、買っても損は感じないかな~というキットに仕上がっているかと。

ハンブラビと比べると頭部がモビルスーツらしかったり、胸部や肩部なんかも新規造形なので、ハンブラビのカスタマイズ機としてはなかなかよくディテール化されていると思います。割りと仕上がりがいいだけに、海ヘビが付いていないのはとても惜しい感じもあるキットでした。

⇒プレミアムバンダイでハンブラビスバンを探す
⇒楽天でHGBFハンブラビスバンを探す
⇒駿河屋でHGBFハンブラビスバンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFハンブラビスバンを探す

2 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年9月2日 at 16:34 - 返信

    nori様

    新作キットのレビュー、ありがとうございます。

    私達はキット購入の時、通常は箱の写真で判断するしか無いので
    nori様が素組して可動域までレビューして下さるので購入の際とても参考になります。

    沢山のキットを自腹で購入し素組して写真撮影から文章の作成。
    膨大な仕事量を毎日、当たり前の様に更新して頂きホント感謝感謝ですm(_ _)m

    とても大変だと思います。頑張って下さい。更新楽しみにしてます(^^)

    • nori

      on 2017年9月3日 at 02:15 - 返信

      コメントありがとうございます!
      そしていつもねぎらいのお言葉をいただき、大変感謝ですm(_ _)m
      こちらこそいつもサイトを御覧いただいているのでとてもありがたいです^_^

      こういったお言葉を頂くとホントにやっていて間違ってないんだなーって感じることができます。
      ぶっちゃけ懐事情は・・・・って感じですが、在庫がある分ヤフオクなどでなんとかなりますからね。(なんとかなっているのか?^_^;)

      記事に関しては毎度同じかんじなので、見ている方にとってマンネリ化してないかなーってちょっと心配もあったり。
      でもこういったご声援をいただけるととてもうれしく思います。
      楽しんでいただけるとホントに嬉しいです。今後共よろしくですm(_ _)m

コメントを残す