HGBF チニャッガイ レビュー

今回は、HGBF 1/144 チニャッガイのレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 チニャッガイは、『GUNPLA’COS HEROINES(ガンプラコスヒロインズ)』シリーズのチナッガイをベースに、キュートなネコ型着ぐるみや肉球付きネコ手、ネコ耳カチューシャなどを纏ったネコ型コスプレチナッガイの1/144スケールモデルキットです。価格は2,592円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

チナッガイをベースに、頭部にネコ頭、手のひらに肉球付きネコ手を纏ったチニャッガイ。黒と白のメイドスタイルコスチュームになっています。ヒロインはガンダムビルドファイターズに登場したコウサカ・チナ。

チナッガイと同じくポリキャップの使用はなし。スカートやエプロンはゴム素材(合成ゴム)、胸部、腕部、脚部関節などはKPS素材、リボンなどはPSですが少し艷やかで柔らかめの素材で構成されています。

細身で足裏面積も狭いので自立は不安定。ですが足首の融通性や強度が少し高めなので、チナッガイよりは安定して自立させられます。

頭部。チナッガイと比べて耳が丸型のクマ耳から三角型のネコ耳になっています。それとひげぶくろ(ウィスカーパッド)がより丸型になり、ひげのモールドも入ってネコらしくなっています。

ネコの目と鼻はシールによる色分けで、ネコ耳内部は塗り分けが必要です。コウサカ・チナのフェイスはチナッガイと同じ。ネコ耳は回転させることができます。

ネコ頭はモナカ割なので、パカっと外してコウサカ・チナ頭部(中の人)に変更可能です。

コウサカ・チナ頭部。カチューシャがネコ耳になっています。ネコ耳の内部は色分けされていないので塗り分ける必要があります。

チャームポイントのチナメガネを外すと、眼力の強いチナフェイスになります。

他のコスヒロインと同じく、シールの貼替えによっていろんな目の表現が可能です。頭部のネコ目も予備シールが付属します。

クリアーレンズと別パーツによって目の表現を変えることもできます。

バストアップ。胸周りの形状はチナッガイと同じ。黒と白のメイド服によって印象が少し違ったものになっています。

腹部、腰部。チナッガイでは腰回りがかぼちゃパンツ(キュロットパンツ)になっていましたが、チニャッガイではフリル付きのスカートに変更されています。スカートは前掛けと同じゴム素材。前掛けはチナッガイと同じものです。

スカートや後部のリボン、尻尾などを外すと、チナッガイのかぼちゃパンツを取り外した状態と同じセクシーなパンツスタイルになります。

腕部。チナッガイでは7分丈の袖服でしたが、チニャッガイでは半袖のフリル付きになっています。肌の露出度が高めで、手のひらには肉球付きのネコ手を装備しています。

ネコ手はモナカ割で、中央に合わせ目が出来ます。肉球はシールによる色分けで、手首はボールジョイントでそこそこ固めです。

ネコ手を動かすと手首パーツが外れるので少しストレスを感じます。手首パーツが外れると内部の鍵穴形状に合わせて取り付ける必要があるので、なかなか差し込めず苦戦することもしばしば。

説明書に「重要ポイントその②。肉球が強調され、猫科フリークにはたまらないニューアイテムとなった。忙しくなくても、ずっと借りていたい。」と記載されているとおり、見た目的にも猫の手を借りる必要はなさそうですが、ストレスが貯まるので猫の手が借りたくなります(笑)

脚部。チナッガイではブーツ型でしたが、チニャッガイはメイド服ということで、白いロングソックスとメイド靴に変更されています。太もも部分は前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができます。

メイド靴。上部の白い部分はシールによる色分けで、メイド靴らしいデザインになっています。足裏に特に細かいモールドはなし。

ランドセルの形状はチナッガイと同じ。色がグレーから白に変更されています。

リボンは艶やかなPS素材。柔らかめでツルツルしているので、モナカ割リボンがすぐに分解されてしまいます。付け根のボールジョイントもかなりポロリ頻度が高いので取り扱いに注意が必要です。ネコ型なのでチナッガイとは違った長い尻尾がついているのが特徴。尻尾も外れやすいので注意です。

HGBFチナッガイと。頭部を始め、腕部や腰部、脚部など各部が全く違っているので、中の人以外は別物と捉えて良いかと。

オマケショットを少しどうぞ。

ちょっとした癒しを感じます^_^

頭部の可動は少し。適度に見上げる程度です。頭部の着ぐるみはしっかりと固定されているわけではないので、首を傾けると少しカタカタとした遊びがあります。

左右への首振りはしっかりと可動。

腕部は水平以上には上がります。肩部はボールジョイント仕様。

肩の付け根内部パーツが前方に展開するので、前側のスイング幅は広めです。後方へはボールジョイントの可動域程度。人型のフィギュアなので、首がないとちょと怖いですね^_^;

肘はしっかりと曲がりますが、フリル袖や手首パーツが干渉するのでこの程度です。

腰が可動しないので、前かがみや胸張りはほぼできません。胸の下がボールジョイントなので360度回転可動します。

赤い成型色のランナーレススタンドが付属。ハート型モールドが入った延長支柱を取り付けるロングサイズスタンドです。支柱は組み換えで角度調節が可能です。

ランドセル下部に支柱のダボをマウントして固定します。

スタンドがしっかりと固定されるので、浮かせた状態ではポージングし易いです。やっぱり自立させているときよりこの方が安心します。

脚部はスカート内での可動になるのでこの程度。女の子らしいおとなしめのポージングに落ち着きそうです。

スカートを外すと思いっきり開脚させることができます。

膝もしっかりと可動しますが、スカートの影響で多少制限されます。

足首の前後可動はまずまず。

左右開脚もスカートの影響でこの程度に。

足首の左右への可動もまずまず。

太もものロングソックスつなぎ目が可動するので、内股、がに股は自遊自在。

スカートの影響もあり、立膝はほぼ出来ないようになっています。

リポンは付け根のボールジョイントによって柔軟に可動します。

リボンのフリルも付け根がボールジョイントなので左右展開、回転可動など自由度が高いです。ここも軟式素材でポロリし易いので注意が必要です。

ヘアバンド、レンズ付きチナメガネ、平手(左右)、握り手(左右)が付属。

クマ耳カチューシャ、かぼちゃパンツ、襟袖パーツ、ランナーレススタンドの一部が余剰パーツとして付属します。かぼちゃパンツ用パーツに換装することもできますが、クマ用の丸い尻尾が付属していません。

余剰パーツのクマ耳カチューシャを取り付けた状態。チナッガイとも一味ちがった黒耳の演出が楽しめます。

レンズ付きチナメガネと交換。こちらも違った印象のチナフェイスが楽しめます。フレームはシールによる色分けです。

今度はヘアバンドにしてみました。劇中のコウサカ・チナが再現できます。ヘアバンドの表面はピンクのシールによる色分けです。

平手ハンドパーツや余剰パーツの襟袖を取り付けて適度にカスタマイズしてみました。

今度は半袖フリルのメイドスタイルにクマ耳カチューシャで。

さらにチナッガイの各部パーツに着せ替えて。

握り手ハンドパーツにウイニングフミナのビームマシンガンをマウント。少しゆるいですがそれなりに保持してくれます。

スタークロスも装備。かわいい顔をしたヒットマンに。

スターバスターソードも持たせてみました。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。チナッガイよりもさらに女の子らしいキットに仕上がっているので、こちらが好みという娘さんや女性の方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろん男性のガンプラコスシリーズファンの方にもおすすめのヒロインになっていると思います。

欠点はネコ手(手首)がかなり抜けやすいということと、後ろのリボンがポロリし易いということです。自立させた状態でのポージングは、各部が外れるとともに自立も不安定なので、なかなかポージングさせにくいですね。スタンドにマウントさせるとその分負担が減るのでポージングはラクになります。

手首やリボンは多少強度アップの補強をしたほうがいいかもですね。そうすればストレスもなくなってポージングもやりやすいと思います。

ただチナッガイのカラバリなだけではないので、ガンダムでは数少ないネコ型キットとして、そして可愛らしいひとつのフィギュアとして楽しめると思いますよ。

55

⇒楽天でHGBFチニャッガイを探す
⇒駿河屋でHGBFチニャッガイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFチニャッガイを探す

コメントを残す