HGBF ガンダムX十魔王のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBF 1/144 ガンダムX十魔王のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はプレバンおなじみの塗装済みキットを使用したフルバーストモードの合成です。カラーはブルーの単色。劇中のようにコロニーの町中でガンプラマフィアのネネネを撃破した『ミサキ命』ビームまで描かれているのがいいですね(^^)ビームがコロニーレーザー風なのもガンダムファンをうならせる演出でした。

箱のサイズは一般的なHGと同じサイズです。パッケージ側面は英文字のみなので、今回は紹介を省きました。

では開封。中身はちょっとスカスカした感じもありますね。余裕があるなら、サテライトキャノンやガンダムX魔王への換装パーツを入れて欲しかったですが、まぁ価格や構成の問題もありますからね。

全部で4袋分のランナーが入っています。

では説明書を見ていきます。説明書はパッケージのカラーバージョン。ビーム発射口は付属シールのようなグリーンではなく、赤く発光しています。このような発射寸前のカラーリングを塗装によって再現してみてもいいですね。

余談ですが、GMの逆襲劇中では、ビルドファイターズ系には珍しく?、少しエロいシーンがあります。あまりネタバレになってもいけないので詳細は省きますが、ただ『ミサキ命』ビームへの布石にしては・・・。(ちょっとグレーなところですね^_^;)もしGMの逆襲をまだ見ていないなら、アマゾンプライムからどうぞ⇒ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲(※アマゾンプライム会員が対象です。)

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ベースキットがHGAWガンダムXなので組み立て工程はもちろんガンダムXベースです。非常に組み立てやすく、特に小さいパーツも破損しやすい箇所もないので安心して組み立てることができると思います。

頭部などはガンプラには珍しくフェイスが後ハメだったりするので、合わせ目消しや塗装をする場合でも多少ラクに完成させることができるのではないでしょうか。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。レッド、ホワイト、イエローのイロプラランナーです。HGAWガンダムCからの流用ランナー。脚部や胸部、頭部などのパーツ類です。

↑Bランナー。ブルーのランナーです。脚部や胸部、腹部などのパーツ類で、こちらもHGAWガンダムXからの流用ランナー。

↑D、E、Fランナーをまとめて。DとEはグレー、Fはクリアーグリーンのランナーです。内部パーツ類やビームサーベル刃のランナーで、全部ガンダムXからの流用です。

↑Hランナー。ホワイトのランナーです。胸部や脚部などの外装パーツ類で、HGBFガンダムX魔王からの流用です。

↑K1ランナー。グレー、ホワイト、ブルー、イエローのイロプラランナーです。HGBFガンダムX十魔王用の新規造形ランナーで、外装やXキャノン、バックパックにハンドパーツなど多様のパーツが揃っています。

↑K2ランナー。K1の一部と同じですが、グレー、ブルー、ホワイト、レッドのイロプラランナーです。こちらには黄色いアンテナではなく赤い口元パーツが付属しています。

↑ポリキャップ(PC-001)とホイルシールです。

以上です。付属品や武器類が少なめという物足りなさこそありますが、破損箇所が少なく取り扱いやすいというのは、ガンプラ初心者の方や小さいお子様に楽しんでいただくには適したキットになっているのではないかと思います。小型で手にフィットし易いのもメリットです。

背中のX文字によって何のガンダムなのかもすぐに分かりますし、体型バランスもちょうどよく、素立ちだけでもガンダムらしいかっこよさを持っているので、これからガンプラやガンダムを知るための入門的なキットとしても最適な一機になっていると思いますよ。

icon

⇒楽天でHGBF ガンダムX十魔王を探す
⇒駿河屋でHGBF ガンダムX十魔王を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ガンダムX十魔王を探す

コメントを残す