HGBD:R ヴィートルーウェポンズ レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 ヴィートルーウェポンズのレビューをご紹介します!

HGBD:R ヴィートルーウェポンズは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するヴィートルーガンダム用武器セット『ヴィートルーウェポンズ』の1/144スケールモデルです。別売りのコアガンダム、ヴィートルーガンダム用装甲パーツと組み合わせることでヴィートルーガンダムが再現可能。さらに別売りのコアガンダム用ショートライフルを組み合わせれば、大型ビームバズーカの作成も可能です。コアガンダムの他、既存ガンプラへの装備も可能。価格は660円(税込み)。

背部に装備する、ランチャーやキャノン搭載型のウェポンユニット、ビームバズーカ用パーツ2種、ジョイントパーツによる構成。

背部ウェポンユニット。フレームを基部として、上部左右にビームキャノンやランチャー、下部左右にボックス型のスラスターを装備したユニットです。

ビームキャノン。本体部分は2個パーツのモナカ割ですが、合わせ目は部分的にモールドが造形されていて、合わせ目を消さなくてもそのままモールド造形としておけそうです。

砲口は開口しておらず、センサーはシールでの色分けです。

キャノン外側の装甲は内側が肉抜き穴っぽい造形。

ランチャー。前後の丸モールド(砲口)は開口していません。こちらも2個パーツのモナカ割ですが、合わせ目はモールド化されています。左右に3.0mm穴があり、組み換えてカスタマイズできるようになっています。

ユニット下部のボックス型スラスター。こちらも2個パーツの組み合わせですが、合わせ目はモールド化されています。ダクト内部にはスリットが造形されています。

ランチャーとキャノンをつなぐアームやスラスターの付け根は3.0mm穴接続で自由に可動します。固定強度は高め。

基部パーツは接続部が2ダボや3ダボ穴になっていて、他のパーツなどと自由な組み合わせ方ができそうです。

ビームバズーカパーツ。本体部分は2個パーツの組み合わせですが、こちらも合わせ目はモールド化されています。

砲口は途中まで開口しています。グリップ(フォアグリップ)は水平にまで可動。

もう一つのビームバズーカパーツ。こちらも2個パーツの組み合わせですが、合わせ目は出来ないようになっています。

ビームバズーカは単体として装備することもできますし、グリップにパーツを取り付けて特殊な形で装備することもできます。下部パーツの向きも変えられますし、カスタマイズ性は高いです。

コアガンダムのコアスプレーガンと組み合わせることで、ロングサイズのビームバズーカにすることもできます。

アースリィガンダムに装備して。

重量感があり、より攻撃的なスタイルに変化しています。デザインバランスもいいですね。

ロングサイズのビームバズーカは、破壊力を持つ武器としての演出が可能です。両手持ちも特に難しさはないですね。

ヴィートルーユニットはコアガンダムにも装備可能です。重装備型に変化。

どことなくフルアーマーガンダムっぽさもありますね。背中のサーベルホルダーは上向きでも取り付けられますが、武装類の邪魔になるので下向きにしておいたほうが良さそうです。

コアガンダムでさえも重装甲感がが出てとてもかっこよく見えます。キャノンやランチャーが前後にしか向かないのでちょっともったいないかも。左右にも向けられるとポージングの幅が広がっていいのですが・・・。

コアガンダムでさえも重装甲感がが出てとてもかっこよく見えます。キャノンやランチャーが前後にしか向かないのでちょっともったいないかも。左右にも向けられるとポージングの幅が広がっていいのですが・・・。

ロングサイズのビームバズーカは保持が難しいので、肩に担ぐか脇に構えるかしたほうが良さそうです。

基部パーツを付属のジョイントパーツと組み換えることで、小型のヴィートルーユニットになります。

コアガンダムに装備して。コアガンダムに装備するときにこの形態にするみたいですね。ただ、この形態だとコアガンダムのバックパックから外れやすいかも。

ビームバズーカは邪魔にならないよう、後部を外して構えてみてもいいかと。

HGBD GBNガードフレームに装備して。ジョイントパーツが2穴、2ダボなどで様々なキットに対応しているので、ガードフレームにも容易に装備が可能です。

まぁガードフレームの可動も柔軟ですし、デザイン的にも相性はいいですよね。ヒロイックさは全く無いですけど;

マーズフォーウェポンズと同じく、陸戦型ジムに装備させて。

わりと良いんじゃないかなと思います。宇宙世紀のゴツめのキットでも合いそうです。

本来はヴィートルーユニットに取り付けるウェポンパーツですが、こちらもマーズフォーウェポンズと同じくアースアーマーにも取り付けが可能です。

アースアーマーの各部にユニットを装着し、重装甲感のあるフォルムに変わっています。

コアガンダムと共に。

適当に何枚かどうぞ。

以上、HGBD:R ヴィートルーウェポンズのレビューでした。続いてHGBD:R ヴィートルーウェポンズのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はヴィートルーウェポンズを装備したヴィートルーガンダムとREVIVE版RX-78-2ガンダムの姿が掲載。ヴィートルーガンダムだけでなく、他キットとの組み合わせもできることがわかる記載になっています。

横絵はアースリィガンダムのコアスプレーガンとの組み合わせやGBN-ガードフレームに装備した姿が記載され、カスタマイズ性の高さが強調されています。

開封。一袋分のランナー。

説明書です。

 

↑WA1ランナー。ダークグレー成型色で、ヴィートルーウェポンズのランチャー、スラスター、ユニット基部パーツ、アームパーツなど。

↑WA2ランナー、ホイルシールです。WA2はダークグレー成型色で、ビームキャノンやビームバズーカ、ジョイントパーツなど。

以上です。各種キットが重装備使用に変化するのはもちろん、MSVかどこかで見たようなスタイルになって懐かしさも感じられるいいオプションアイテムになっていると思います。サクッと取り付けられるのでカスタマイズ性も高いですね。

気になる点としては、ランチャーやキャノンが前方にしか向けられないので、左右に向けられるような可動ギミックがアームなどに追加してあると良かったかも。

細かく組み換えが可能なので、ヴィートルーガンダムへの装備だけでなく、自由な形で幅広く楽しめるのがいいですね。

⇒楽天でHGBD:R ヴィートルーウェポンズを探す
⇒駿河屋でHGBD:R ヴィートルーウェポンズを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R ヴィートルーウェポンズを探す

コメントを残す