HGBD:R メルクワンウェポンズ レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 メルクワンウェポンズのレビューをご紹介します!

HGBD:R メルクワンウェポンズは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するメルクワンガンダム用の水中戦特化型武装『メルクワンウェポンズ』の1/144スケールモデルキットです。別売りのコアガンダムとメルクワンユニットを組み合わせたメルクワンガンダムに装備することで強化が可能。既存のガンプラやHGアイテムとの組み合わせて楽しむこともできます。価格は660円(税込み)です。

水中用の専用火器である『ウォーターニードルガン』に加え、姿勢制御用の大型フィンと推進用の推進ジェット、展開式ブレードの『フィンザンバー』を持つバックパックで構成された、メルクワンガンダム専用の大型ウェポンセットになります。別途ジョイントパーツが付属しています。

ウォーターニードルガン。どこかザリガニっぽいフォルムの水中用火器になります。どちらかというと簡易的な作りですが、部分的にできる合わせ目はモールド化されているようです。

後部は分解可能で、尾のような装甲パーツと小型銃に分離します。

小型銃は1個パーツ構成の簡易的な作り。

左右に3.0mm軸があるので、メルクワンガンダムなどの背部にジョイントすることで他のウェポンパーツなどがマウントできるようになっています。

中央のハープーンは脱着が可能。ハープーンもシンプルな1個パーツ構成です。

特に説明書に記載はないですが、左右のビットも脱着が可能なようです。

バックパック。左右の大型フィンと推進ジェット、フィンザンバーが組み合わさった複合装備になります。

推進ジェットの部分は挟み込みタイプですが、合わせ目は段落ちモールド化されているようです。その他の部分に合わせ目はありません。

左右の大型フィンは付け根が回転可動します。

推進ジェット横にマウントしているフィンザンバーは脱着が可能。固定強度はあまり高くないので、ヘタれたりしてくるとポロリが多発する可能性も。フィンザンバーは展開することで武器として使用可能です。

メルクワンウェポンズをHGBD:Rメルクワンユニットに取り付けて、サポートメカ「マーキュリーアーマー」に。

マーキュリーアーマーをいろんな角度から。

通常通り3.0m軸を差し込んでのディスプレイが可能です。軸に差し込むときは、取り付けたメルクワンウェポンズのウォーターニードルガンが干渉しやすいので、うまく交わしつつ差し込む必要がありますね。

マーズフォーガンダムと合わせて劇中の移動シーンのように。

コアガンダムと組み合わせて。コアスプレーガンの代わりに、メルクワンウェポンズの小型銃を保持させています。

コアガンダムにフィンザンバーを持たせて遊んでみてもいいですね。

ジョイントパーツを使うことで、HGBDインパルスガンダムランシエなどにもメルクワンウェポンズを装備させることができます。

HGBDインパルスガンダムアルクにも装備させてみました。こちらのほうが合っているかも?

ウォーターニードルガンに重量があるので、経年などでヘタれているキットだとどうしても手首が垂れたりします。ウォーターニードルガンを手元のキットなどに保持させたい場合は、ある程度補強してやる必要があるかもです。

コアガンダムをメルクワンユニットに換装し、メルクワンウェポンズを装備してメルクワンガンダムに。

背部の大型フィンは回転させて向きを変えてから取り付けます。

同じプラネッツシステムのマーズフォーガンダム、ヴィートルーガンダムと並べて。メルクワンガンダムは水中専用機として特に個性的な印象です。

平手が付属していると、ウォーターニードルガン保持するときなどに、より劇中シーンに忠実なポーズが再現できたかも。

フィンザンバーはハンドパーツにちょうど収まってくれ、スルッと抜けることなく保持できるのでポージングもラクでした。

ビットは接続部が3.0mmジョイントなので、スタンドなどを使ってのディスプレイが可能です。ダボ形状が違うので、ヴァルキランダーの前腕には取り付けられないようですね。

ハープーンはアクションベースやスタンドに付属するアームで掴むのは難しいようですが、軸が3.0mmなのでジョイントパーツ(アクションベースなどに付属)に差し込むことで放つようにディスプレイさせることができます。

適当に何枚かどうぞ。

以上、HGBD:R メルクワンウェポンズのレビューでした。続いてHGBD:R メルクワンウェポンズのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はメルクワンガンダムが装備した姿と、HGBDインパルスガンダムランシエに装備させた状態が掲載されています。水中戦仕様の武装ということで、背景も水中を意識したものに。パッケージサイズは一般的なHGBCなどのオプションセットと同じ大きさです。

横絵は各種武装について掲載。

全部で一袋分のランナー。

説明書は表がカラー、裏が白黒の1枚ものになります。組立工程もわずかで、裏面はほぼ、キットとの組み合わせ方の掲載になります。

↑G3ランナー。グレー成型色で、ウォーターニードルガンやフィンザンバーパーツなど。HGBD:RメルクワンユニットがランナータグG2までだったので、その続きのようです。

↑G4ランナー。ホワイト成型色で、バックパックの大型フィンや推進ジェットパーツなど。

以上です。独特の形状をした装備になっていますが、ウォーターニードルガンはザリガニのようで造形的な面白さもありますし、ビットやハープーンなどの装備も充実していていいですね。フィンザンバーも分離して武器として使用可能など、全体的なアイデア性の高さも感じられます。

メルクワンユニットと組み合わせてメルクワンガンダムの完全体を再現するのもいいですし、ジョイントパーツを使えばその他のキットにも装備して楽しめます。水中用のオプション武装はそんなにないので、ビルド系キットと組み合わせるなどすれば、より印象的な水中格闘シーンなどが演出できそうですね。

⇒楽天でHGBD:R メルクワンウェポンズを探す
⇒駿河屋でHGBD:R メルクワンウェポンズを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R メルクワンウェポンズを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

3 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年3月17日 at 00:50 - 返信

    ウォーターニードルガンの小銃部分はコアガンダム付属のコアスプレーガンに交換して組むことは可能なのですか?

    • nori

      on 2020年3月17日 at 22:12 - 返信

      コメントありがとうございます!
      コアガンダムのスプレーガンは、上部が出っ張っているのでウォーターニードルガンに組み込むことはできないみたいですね。

  2. 匿名

    on 2020年3月18日 at 08:30 - 返信

    なるほどありがとうございます!

コメントを残す