HGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は爆煙の中を駆け抜けるマーズフォーガンダムの姿が掲載。右側にはマーズフォーユニットとコアガンダム(リアルタイプカラー)の素組みキットが掲載されています。これは以前レビューしたヴィートルーユニットと同じ仕様。赤いカラーリングのアーマーがいかにも火星っぽくて印象的。

側面の絵柄もヴィートルーユニットと同じく左右で異なります。

パッケージサイズは一般的なHGと同じ。マーズフォーユニットとも同じ大きさです。このユニット各種はウェポンが別売りなので、機体形状に変化が少なく、容量的にも計算がしやすいのかと。(今後の展開によって変わってきそうですけどね;)

横絵はリアルタイプカラーのコアガンダムとマーズフォーユニット、それを組み合わせることでマーズフォーガンダムに組み換えが可能なプラネッツシステムの紹介などなど。劇中のマーズフォーガンダムを再現するためには、このキットの他に別売りのHGBD:R マーズフォーウェポンズが必要なのでご注意を。

開封。

全部で3袋分のランナーです。

説明書です。マーズフォーガンダムは近接格闘戦仕様で、アースリィガンダムは基本性能向上型仕様、ヴィートルーガンダムは重火器仕様になります。そして新たにキット化が発表されたメルクワンガンダムは水中戦仕様。ガンダムF90を参考にすれば、長距離射撃用、電子戦仕様(ジャミングなど)、宇宙戦仕様、拠点防衛用などが考えられますが、どのような仕様のユニットが登場するのかという楽しみがありますね。

ちなみにこれまで登場したユニット名は以下のとおりです。

◯メルクワン ガンダム(水星+1番目)MERCUONE = MERCU(RY)+ONE
◯ヴィートルー ガンダム(金星+2番目)VEETWO = Ve[e](nus)+TWO
◯アースリィ ガンダム(地球+3番目)EARTHREE = EAR(TH)+THREE
◯マーズフォー ガンダム(火星+4番目)MARSFOUR = MARS+FOUR

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。コアガンダム、ユニット共に先週発売されたヴィートルーユニットと同じ構造です。アースリィガンダムを含め3体目なので、組み立てやユニットの換装などもだいぶ慣れました。換装に関しては説明書を見る必要がなくなりましたね(笑)こうなるとマンネリも徐々に出てくるので、新鮮味のあるユニットのキット化を期待したいところです。

カラーガイドはホワイトこそ他のユニット(アースリィガンダム、ヴィートルーユニット)と同じですが、それ以外は全く別物。ユニットによってそれぞれカラーが違うので、似た形態でもバリエーションが増えていいと思います。ただ、基本色を使うとおもちゃっぽくなったりもするので、その点は色々調色を吟味する必要もあるかと。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。レッド、ワインレッド、レンジ、クリアーオレンジのイロプラランナーで、マーズフォーユニット各部パーツやコアガンダムの部分的なパーツ類。HGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットと全く同じ形状です。

↑B1、B3ランナー。ホワイト成型色で、コアガンダムの頭部や四肢、シールド、ショルダアーマーパーツなど。ヴィートルーユニットではB2ランナーとして形状の異なる外装パーツが整形されていましたが、このマーズフォーユニットではB3として専用パーツに変更されています。ということは、ユニットごとにB〇として異なるランナーに変更されるといった感じかな?

↑Cランナー。ダークグレー成型色で、コアガンダムの胴体、各部関節パーツ、ハンドパーツ、武装類など。

↑Dランナー。ダークブルー成型色で、武装類やマーズフォーユニット用台座、基部パーツなど。ヴィートルーユニットでは左上にソール部パーツなどが追加されていましたが、このマーズフォーユニットでは左下にソール部や前腕シールドパーツが追加されています。

↑SB-9A、ポリキャップ(PC-002)、ホイルシールです。SB-9Aはクリアーイエローのサーベル刃パーツ。

以上です。素組みレビューでノーマルコアガンダム(HGBD:Rアースリィガンダムに付属)のバックパック(サーベル接続部)が破損したとご紹介しましたが、サーベル柄の差し込み強度が割と高めなのと、平たいダボなので上下方向に負荷がかかりやすく、比較的折れやすいのかなと思います。

ここまで発売されたユニット(マーズフォーユニットとヴィートルーユニット)は、コアガンダムが付属していたので単体で換装できましたが、今後はユニットのみで発売されるものも出てきそうです(2月発売のメルクワンユニットなど)。

そうなると発売されるたびにノーマルのコアガンダムとの組み合わせを繰り返すことになるので、コアガンダムへの負担が心配ではありますね。なので、それぞれのユニットでの組み合わせを楽しみたいなら、アースリィガンダムをもう一体くらい別途入手しておくなど対策も考えたほうがいいのかも。(自分は新しくHGBD:Rアースリィガンダムを購入しました^^;)

⇒楽天でHGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットを探す
⇒駿河屋でHGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットを探す

コメントを残す