HGBD:R マーズフォーウェポンズ レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 マーズフォーウェポンズのレビューをご紹介します!

HGBD:R マーズフォーウェポンズは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するマーズガンダム用武器セット『マーズフォーウェポンズ』の1/144スケールモデルです。別売りのコアガンダム、マーズフォーガンダム用装甲パーツと組み合わせることでマーズフォーガンダムが完成。特徴的な形状の大型斧や大剣から構成され、これらを合体させることで大型の武器に変化するギミックを持っています。コアガンダムの他、既存ガンプラへの装備も可能。価格は660円(税込み)。

肉厚な大斧×1、細身の斧×1、大剣×2、ジョイントパーツ3種による構成。バンダイのホームページにはホイルシールと記載されていますが、ホイルシールは付属していないようです。

肉厚な大斧。2枚パーツによるモナカ割ですが、合わせ目は剣先に入る程度。できるだけ合わせ目が出ないような構成になっています。

細身の斧。シンプルな1個構成ですが、節目などが形造られています。背の部分にダボが造形され、カスタマイズ性のある造形になっています。

大斧と細身の斧を組み合わせることで、大剣のようなスタイルにすることができます。

大剣。こちらも2個パーツ構成ですが、根元あたりのみ、パーツを組み合わせるようになっています。

内側には3.0mm穴があり、ジョイントが可能となっています。合わせ目は段落ちモールド化されているぽいですね。

大剣は2本あるうちの1本のみ、アースリィガンダムなどに付属しているビームサーベル刃が取り付け可能です。もう1本の大剣は差込口の形状が違うため、取り付けることができませんでした。

大剣同士で組み合わせることで、ロングサイズの大剣として使用可能です。

ジョイントパーツは形状の違うものが3種付属。

まずは大型のジョイントパーツから、コアガンダムバックパックにサーベルホルダーを下げて取り付けます。サーベルホルダーを上げた状態だと取り付けはできないようでした。

小斧を中央に取り付け、左右の大剣も後方に向けて取り付けます。中央の小斧は外れやすいので注意です。(個体差があるかも。)

大斧、小斧など、片手で保持する分には問題ありません。取り回しもラクです。

大斧と小斧を組み合わせて両手持ち。アースリィガンダムのハンドパーツがバラけやすいので、両手持ちさせるのはちょっと難しさがあるかも。

アースリィガンダムの関節強度は高いので、腕や手首が武器の重さで垂れるということは全くないですね。

斧、剣それぞれを組み合わせて、大型武器の片手持ちも楽勝。

続いて三角形のジョイントパーツです。説明書にはサーベルホルダーを下げた形で取り付けてありますが、こちらはサーベルホルダーを上げたままでも取り付けられました。

こちらも大斧や大剣を一通り装備することができます。大斧と小斧は組み合わせています。

先程のジョイントパーツとは背中の武器配置が少し違うので、アースリィガンダムの印象も違ってきます。

小型のジョイントパーツが2ダボ接続になっているので、間に噛ませることで、他キットにもこのマーズフォーウェポンズを装備可能です。

HG陸戦型ジムに装備して。ちょっとした重武装感が味わえます。マーズフォーウェポンズに重量があるので、関節の弱いキットだと後方に倒れやすかったり上半身が反ったりするかも。

重機感のある陸ジムに未来的なマーズフォーウェポンズを取り付けても、思ったよりも違和感がないようでした。

HGBD GBN-ベースガンダムに装備して。

GBN-ベースガンダムは手首が可動するので、少し強度が弱く、武器を保持したときに重量で垂れてしまいます。ただ、ポージングはそんなに難しさは感じませんでした。

ちょっと後方に倒れやすいですが、コアガンダムでも問題なく装備ができました。

コアガンダムか軽量なのでかなりポージングしやすいです。

関節強度が高いので、保持しても腕がまったく垂れることがありません。

マーズフォーウェポンズは本来ならマーズフォーユニットに装着するウェポンパーツですが、アースアーマーにも装備可能でした。

ウェポンパーツを各部に取り付けるようになっています。

通常のアースアーマーとは一味違ったスタイルが楽しめます。

適当に何枚かどうぞ。

以上、HGBD:R マーズフォーウェポンズのレビューでした。続いてHGBD:R マーズフォーウェポンズのパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵はマーズフォーウェポンズを構えたマーズフォーガンダムの他、背中に装備したGM/GMの姿も掲載。アニメ本編へのQRコードとそれ用の案内も、日本語、英語、中国語で記載されています。

パッケージサイズはHGBCなどのオプションパーツと同じ。

横絵は大剣や大斧など、このマーズフォーウェポンズの武装類各種に加え、アースリィガンダムに装備した姿も掲載されています。

開封。一袋分のランナーが入っています。

説明書。

↑WD1ランナー。ダークグレー成型色で、大剣や三角形のジョイントパーツ。

↑WB2ランナー。ダークグレー成型色で、大斧や小斧、ジョイントパーツ2種です。

以上です。とても取り扱いやすいですし、簡単な組合わせによって大剣にもなる、アイデア性のあるオプションアイテムだと思います。マーズフォーガンダムはもちろん、アースリィガンダムやその他の形態にも合うと思いますし、コアガンダムにも適しているようですね。

また、陸戦型ジムなど、泥臭さのあるガンプラに持たせても相性は良さそうですし、装備品に恵まれないキットに持たせてみたり、改造して違った武器を自作したりなど、幅広い楽しみ方ができるアイテムなのではないでしょうか。

⇒楽天でHGBD:R マーズフォーウェポンズを探す
⇒駿河屋でHGBD:R マーズフォーウェポンズを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R マーズフォーウェポンズを探す

1件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2019年10月14日 at 01:44 - 返信

    うん

    宇宙世紀、特に連邦系には一切マッチしないと良くわかった

コメントを残す