HGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニット レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットのレビューをご紹介します!

HGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するコアガンダムとヴィートルーガンダム用装甲パーツの1/144スケールモデルキットです。G-3ガンダム風カラーのコアガンダムに加え、ヴィートルーガンダムへの換装が可能な装甲パーツが付属。「コアドッキングカスタム」採用により、カラーやウェポンを組み合わせることでオリジナルのガンダムが楽しめます。価格は1,540円(税込み)。

G-3カラーのコアガンダムとヴィートルーユニットがセットになったオプションセットが発売。コアガンダム(別売り HGBD:Rアースリィガンダムに付属)、HGBD:R ヴィートルーウェポンズ(別売り)と組み合わせることで『ヴィートルーガンダム』が再現可能なキットになっています。

シールド、コアスプレーガン、コアサーベル刃×2、ビームサーベル刃×2、シールドマウントパーツ兼カスタマイズパーツが付属。付属品はHGBD:Rアースリィガンダムと同じですが、サーベル刃がクリアーグリーンに、シールドやコアスプレーガンがライトなグレーに変更されています。

G-3(RX-78ガンダム3号機)カラーで再現されたコアガンダム。サーフェイサー仕上げのように見えるシックなカラーリングが印象的。宇宙戦闘用に向けて考えられていたとのことです。

肘や膝はKPSパーツによる組み合わせで、その他の関節にはポリキャップ(PC-002)を使用。関節強度は高めです。その名の通り、プラネットシステムのコアになるガンダムで、小型で軽量。取り扱いやすいキットになっています。

キット自体はHGBD:Rアースリィガンダムに付属のコアガンダムと同じ。なので各部は簡単に見ていきます。

頭部を含めた胴体部。細部までパーツで色分けされています。合わせ目もほぼない構造。

胸元のVマーククリアーグリーンパーツはブラックライトで照らすと発光します。

腕部。二の腕は筒型、ショルダーアーマーと前腕は挟み込みタイプですが、共に合わせ目は端でモールド化されています。

脚部。大腿部は筒型、膝から下は複数パーツの組み合わせで、こちらも合わせ目が端でモールド化されています。

足裏には合わせ目ができますが、そのままモールド化しておいても良い感じ。

背部には背中と腰に角型ダボ穴があり、どちらにもバックパックが取付可能。サーベルホルダーは上下に可動します。

肩は引き出しが可能です。

肩はY字まで、肘は完全に、腰は360度回転など、上半身は各部ともかなり幅広く可動します。

左右への開脚は水平まではいきませんが、まずまず広めに展開が可能。足首周りなどもかなり自由に可動します。

コアスプレーガン。2個パーツの組み合わせで、合わせ目はほぼ端でモールド化されています。センサーはグリーンのシールでの色分け。

アースリィガンダムのコアスプレーガンと並べて。成型色が違うだけでも印象が違ってきます。

シールドもアースリィガンダムのものと比較して。

コアガンダムをアースリィガンダムに付属のノーマルタイプと並べて。ノーマルタイプにはヒロイックさがありますが、G-3カラーには渋さがあります。どちらにも良さがありますね。

可動箇所が多いので、とても柔軟なポージングが再現できます。

接地力も高く、ポージングも柔軟。小型キットといいうこともあり、比重がかからず安定しています。

手甲パーツが分解しやすいのでその点だけ注意です。サーベル刃はブラックライトで照らすと発光します。

ブルーグリーンの外装パーツが印象的なヴィートルーユニット。大まかな装甲はアースリィガンダムのアースアーマーと同じですが、部分的にパーツが新造されたカスタム機です。

ヴィートルーユニットを色んな角度から。

左右にある肩パーツがスルッと外れやすいので注意です。アースアーマーと同じく専用の台座を使ってディスプレイさせることができますし、アクションベースへのディスプレイも可能です。

ヴィートルーウェポンズ(別売り)を取り付けず、ヴィートルーユニット単体のみでのディスプレイも様になります。

ヴィートルーユニットにコアガンダムを搭乗させる場合、アクションベースなどの台座を安定させ、コアガンダムもユニットに合わせた姿勢をさせれば安定した搭乗が可能です。コアガンダムが軽量なので乗せやすいですね。

ヴィートルーユニットにHGBD:Rヴィートルーウェポンズ(別売り)を取り付けて『ヴィーナスアーマー』を再現。ヴィートルーウェポンズの取り付け方は、HGBD:Rヴィートルーウェポンズの説明書にのみ、記載されています。

アースアーマーと並べて。ヴィーナスアーマーはヴィートルーウェポンズのホバーユニットやビームキャノンなどを装備した形態。重装甲感があっていいですね。

アースアーマーと各部を簡単に比較して。機首部分や、下部のビームバズーカなどが違っています。

上部の武装類にも迫力があります。

テールやソール部なども形状が異なります。

腕部や脚部のユニットパーツも形状が違っています。

普通にフライトシーンを演出する分には、パーツが外れることもなく、安定したディスプレイが可能です。

武装類を稼働させることで、攻撃態勢も再現可能。

G-3カラーのコアガンダムと共に。

G-3カラーのコアガンダムとヴィートルーユニットを組み合わせて。バランスの良いスタイルになっています。外装のヴィートルーユニットも固定強度は高めで簡単に外れることはなさそうです。

コアガンダムがG-3カラーなので、ディアクティブ感や落ち着いた雰囲気が感じられます。

アースリィガンダムと各部を比較しつつ簡単に。

アンテナは1本(コアガンダムのアンテナを含めると3本)造形で、中央の丸型センサーはシールでの色分けです。

胸部や腰部の形状は同じ。コアガンダムのカラーリングで印象が変わってきます。

背部はサーベルホルダーの配置が異なります。ヴィートルーウェポンズを装備する場合は背部の白いバックパックを取り外しておきます。

腕部。肩や前腕の装甲形状が違っています。ヴィートルーユニットでは前腕にハンドミサイルポッドを装備。

ハンドミサイルポッドは砲口がパーツで色分けされています。

ショルダーアーマーは合わせ目ができない組み合わせ。アースリィガンダムよりもおとなしめの造形です。

脚部はスネやソールが変化し、肉厚な装甲を持った作りになっています。

足首は複数パーツの組み合わせでフレキシブルに可動。足裏は部分的に肉抜き穴があります。

アースリィガンダムと並べて。後出しだからか、ヴィートルーユニットを装備した状態のほうが良く見えてしまうところも。コアガンダムのカラーリングの違いもありますかね。

足首が柔軟でポージングもしやすいです。多少フロントアーマーが外れやすいくらいで安定していますね。こちらも接地性は高いです。

半々に組み換えて楽しむこともできます。半分に分けた場合、コアガンダムはカラフルなほうが良いかもですね。

ノーマルのコアガンダムにヴィートルーウェポンズを装備して、劇中に登場したヴィートルーガンダムに。

G-3カラーのコアガンダムにアースリィアーマーを取り付けた状態も再現してみました。

適当に何枚かどうぞ。

かなりの重装甲感があります。成型色の関係で、どことなくガンダムレオパルドっぽさもありますね。

コアガンダムが経年でヘタれていると、手甲パーツが外れやすかったり関節が弱かったりで少しストレスを感じるかも。

以上です。換装方法などはアースリィガンダムと大きく変わらないですが、G-3カラーのコアガンダムは落ち着いたカラーリングで渋さがありますし、ヴィートルーユニットはカスタマイズ性も高く、自由な遊び方、ポージング、組み合わせが幅広く楽しめます。

気になる点としては、ノーマルのコアガンダムがヘタレてくるとヴィートルーガンダムなどの可動に影響が出やすいので、多少補強を考慮する必要があるかもです。ハンドパーツが分解しやすいので、大型のヴィートルーウェポンズを保持させる場合はややストレスを感じることも。

これ単体でも十分に楽しめますが、別売りのアイテムと合わせることで、ヴィーナスアーマーや重厚感のあるヴィートルーガンダムも再現可能と遊び方が自由自在。アースリィガンダムとはタイプの違う重装甲感が楽しめるのもいいですね。

⇒楽天でHGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットを探す
⇒駿河屋でHGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニットを探す

コメントを残す