HGBD:R エルドラドートレス レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 エルドラドートレスのレビューをご紹介します!

HGBD:R エルドラドートレスは、『ガンダムビルドダイバーズRe:RISE』に登場するガンプラ『エルドラドートレス』の1/144スケールモデルキットです。機動新世紀ガンダムX登場機『ドートレス』をベースにした特徴的な機体形状を完全新規造形で立体化。大型武装マルチプルバレルライフルは展開によってビーム最大放出状態を再現可能など、印象的なキットに仕上がっています。価格は1,430円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ガンダムビルドダイバーズRe:RISE劇中、ガンダムジャスティスナイト他と戦闘を繰り広げたエルドラドートレスがキット化。原型機(ドートレス)の軽量かつ強靭な機体構造、拡張性の高さを受け継いだ全地形対応機です。各部に3.0mmの拡張用ハードポイントが造形されるなど、カスタマイズ性も高いキットになっています。

成型色はダークグレー、ダークブルー、グレー、ブラックといったダークな『ヒトツメ』のガンプラらしいカラーリングになっています。センサー等、部分的にメタリックパープルのシールで色分けするようになっていますが、付属のマルチプルバレルライフルの砲口などは塗り分けが必要です。

ランナータグはすべて『HG 1/144 エルドラドートレス』と印字されていますが、Cランナー(頭部、胸部、ソール部を含むランナー)をドートレスのものに変更すればガンダムXに登場したドートレスもキット化できそうです。

ポリキャップは定番のPC-002を使用。使用箇所は首や肩、脚の付根、足首といった基本通りの箇所に使用し、肘や膝はKPSパーツによる組み合わせです。足裏が3枚フィンのような形状で接地に不安定さがありますが、特に背負いものもなく、小型で軽量なキットなので自立は安定しています

頭部。わずか前後2個パーツ構成で、特徴的な3箇所のセンサーやラインモールド、顎、赤い三角モールドなどはすべてシールでの色分けです。頭頂部から側面にできる合わせ目は凹凸状になっているためモールドとしておいても良いかも。

胴体部。こちらも両胸が3枚フィンのような形状で、組み合わせは比較的シンプルなものになっています。腰アーマー類もシンプルな形状で少しラインモールドが入っている程度。サイドアーマーには3.0mmのハードポイントが造形されています。

腰アーマー裏にモールドはなく、表面の形状に合わせた形になっています。

腕部。際立って特徴のない、量産機らしいシンプルなスクエアタイプ。

二の腕は筒型で合わせ目はありませんが、前腕は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。肘から分離できるようにはなっていないので、合わせ目を消したい場合は後ハメ加工などが必要になります。後部や側面に3.0mmmハードポイントが造形され、カスタマイズ性の高い作りに。

ショルダーアーマー。側面に3枚フィンのような装甲が造形されています。前後挟み込みタイプですが、合わせ目は側面でモールド化。左右下部のダクト(スラスター)内部は黒く塗り分けが必要です。

脚部。組み合わせ自体は簡易的ですが、合わせ目がほとんどできない構造に。膝から下にある太めのラインモールドや四方にあるスリット入りの角型ダクト(スラスター)内部は黒く塗り分けが必要です。

大腿部は筒型で合わせ目はなし。膝から下は左右2個パーツの組み合わせですが、合わせ目は前後とも太めのラインモールド化されています。後部スリット入りダクト(スラスター)の内部に合わせ目ができます。膝は分離可能。

アンクルアーマーは後部ボールジョイント接続により、適度に可動します。

ソール部も足裏に3枚フィンが造形された特徴的なものになっています。足裏には角型スラスターも造形。

バックパックはなく、胴体部と一体成型になっています。3枚フィンが特徴的。下部の角型スラスターは別パーツでの色分けです。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。陸戦型ジムよりもさらに小型。エルドラドートレスの全高は16.9mです。

同シリーズのガンダムゼルトザーム、エルドラブルートと並べて。この3機が並ぶとヒール感がスゴイことになりますね;

頭部はわずかに上下する程度です。左右へは干渉なくスムーズに可動します。

腕は水平よりも少し上まで上げることができます。肘は一重関節でV字程度まで。

肩はポリキャップの引出しギミックが上下になっているので、ボールジョイントなりの前後スイングとなります。

上半身は少し反らせることができます。

腰は少し浮かせることで、干渉なく360度回転させることができます。アクションベースやスタンドへのディスプレイは、一般的なHGキットと同じく3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚は広めに展開が可能です。

膝は二重関節ですが、外装が干渉するのでくの字程度まで。膝関節には合わせ目ができます。

足首は前後左右とも可動域があまり広くないようです。

左右への開脚は水平にまで展開が可能です。サイドアーマーも干渉せずに展開。

脚の付け根がロールするので、内股、ガニ股も水平以上にまで可動します。

立膝は多少崩れた姿勢になってしまいます。

可動域の総括としては、全体的は近年のキットらしくよく動くキットになっていると思います。肘や足首など、今ひとつという箇所はありますが、量産型の脇役タイプとしては十分な出来かなと。

マルチプルバレルライフルとシールドが付属します。

シールド。3個パーツのシンプルな作り。黒いラインモールドと表面のパープル部分はシールでの色分けです。

グリップは可動式。

マルチプルバレルライフル。他のキットにはない特徴的な武装で、4本の砲身を変形させることで収束射撃や広角射撃、高速連射が可能な大型火器です。劇中での攻撃シーンも印象的な武装。

基部やグリップ周りはモナカ割なので合わせ目ができます。

砲身(バレル)はグワっと四方に展開が可能。バレルの内側には大きな肉抜き穴があります。センサーはシールでの色分け。バレル先端にある砲口はパープルに塗り分けが必要です。

バレルは付け根が深く曲げられますが、中間部はどちらもそれなりに曲げられる程度です。

バレルの付け根はロールします。バレルが固定式ではないため、伸ばしたときにずれたりすることがあるので、しっかりと揃えておくと見栄えがいいですね。バラけやすいとかではないので、ポージング時に構えてもそんなに形が変わることはないかと。

マルチプルバレルライフルとシールドを装備して。

大きな画像でみるとかなり異様な印象も;ただ、どことなくヒーロー戦隊の敵っぽい感じもあるようなないような。

ライフルはハンドパーツにグリップを差し込むだけ、シールドもグリップを握らせて前腕にジョイントするだけなので装備はラク。特に遊びも外れることもないのでポージングはしやすいです。

マルチプルバレルライフルを軽く展開するだけで、ちょっと迫力のある演出が可能です。

劇中シーンを再現するためにも、平手などが付属しているともっと良かったですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。プロポーションバランスなどは簡易的ながらも割といい感じに仕上がっていると思います。小型で無駄がないので取り扱いもかなりしやすいです。その中で、頭部や脚部ラインモールド、シールドの色分けなど、もう少し力を入れてほしかったという箇所はありますね。

マルチプルバレルライフルも内側の肉抜き穴がごっポリで埋めたりする手間がかかってしまうのはもったいないですが、四方に展開することで特徴的な攻撃態勢もとれますし、各部のハードポイントもいろんなオプションと組み合わせることで幅広い演出できそうです。

どことなく仮面ライダーやヒーロー戦隊モノなどに登場しそうな印象もありますし、ガンプラとは一味違った魅力を持つキットとしてもヒールな量産機としても、幅広く楽しめそうなキットですね。

icon

⇒楽天でHGBD:R エルドラドートレスを探す
⇒駿河屋でHGBD:R エルドラドートレスを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R エルドラドートレスを探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2020年2月28日 at 01:25 - 返信

    「 悪そう」で「そこまで強くなさそう」な感じなので、ヒーロー戦隊の敵戦闘員ぽいっていうの凄いわかります。

    • nori

      on 2020年3月7日 at 10:03 - 返信

      コメントありがとうございます!
      なかなか味のある個性的な造形ですなぁ^_^

コメントを残す