HGBD:R アルスアースリィガンダム レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 アルスアースリィガンダムのレビューをご紹介します!

HGBD:R アルスアースリィガンダムは、『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』2nd seasonに登場するガンプラ『アルスアースリィガンダム』の1/144スケールモデルキットです。ヒトツメ型のコア機を中心に、コアドッキングカスタムによって装甲を換装。アースリィガンダムに似たフォルムが特徴的なキットになっています。装甲は台座によるディスプレイも可能です。価格は1,650円(税込み)。

主人公ヒロトのプラネッツシステムを解析し、アルスが生み出したガンプラ『アルスアースリィガンダム』がキット化。アルスコアガンダム、アルスアースリィガンダムへの合体・換装を実現するなど、アースリィガンダムなどのプラネッツシステムと同規格の換装機構を備えたキットになっています。

成型色はブルー、ダークブルー、グレーなどを配色。アースリィガンダムよりもヒール感の強いカラーリングになっています。頭部ヒトツメや部分的なパープルの色分け箇所はシールで補うようになっています。塗装で塗り分けするような箇所はほとんどありません。

ポリキャップはおなじみのPC-002を使用しますが、使用箇所は少なめ。アルスコアガンダムの肩部や腰部、アルスアースリィガンダムの足首などに使用するくらいです。ソールがハイヒール型で3脚型になっているので、若干後方に倒れやすいですが自立は可能です。

まずは外装各部をパージしたアルスコアガンダムから見ていきます。ヒロトのコアガンダムのコピー版ですが、球状の頭部や爪状のソールなど、禍々しい造形で再現されています。関節や内部パーツはHGBD:Rアースリィガンダム(コアガンダム)から流用されています。

ソールが3脚ですが、接地範囲の幅が狭いため、自立には若干の不安定さがあります。自立は問題なく可能ですが、接地状態でのポージングでは安定性を欠くかもです。

頭部。アルスのヒトツメが強調された球型ヘッドになっています。表面はドーム状のクリアーパープルパーツで再現。内部のヒトツメが確認できるようになっています。

ヒトツメはシールを貼り替えることで、アルスが操作しない形態のエルドラコアガンダムが再現可能。画像左がエルドラコアガンダム、右がアルスコアガンダムになります。

エルドラコアガンダムの状態で。

胴体部。部分的にコアガンダムの形状を残しつつ、ヒール感のある作りで再現されています。胸元の五角形モールドはクリアーパープルパーツで再現。

腕部。ヒロトのコアガンダムと比べて前腕が延長され、ややボリューム感のある作りになっています。

二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕は肘側が左右挟み込みタイプで前後に合わせ目ができます。手首側は筒型で合わせ目はありません。

前腕のパーツは脱着が可能で、外してハンドパーツを取り付けることでコアガンダムと同じサイズに縮小が可能です。アースアーマーなどの装備に対応しているようですね。

肩は挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。

付け根はコアガンダムと同じく、外側に引き出しが可能。

脚部。大腿部は筒型で合わせ目はできないようになっています。足首の付け根側が左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。それ以外はヒロトのコアガンダムと同じ形状。

ソール部。3爪で禍々しさを感じる作りになっています。前側が左右挟み込みタイプで部分的に合わせ目ができます。

足首の可動などはコアガンダムと同じで柔軟。ソールの3爪は閉じることができます。

後部はサーベルホルダーではなく、シャープなウイングを装備。基部やバーニアはコアガンダムと同じです。ウイングは上下に展開が可能。

ウイングの内側には肉抜き穴があります。

コアガンダムと並べて。アルスコアガンダムは四肢が延長されているため、全体的にサイズアップされています。コアガンダムほどの短足感はないですね。

可動域などもそんなに差はないですが、上半身は後頭部が干渉して少し見上げる動きが制限されるのと、前腕が大型化したため、干渉して肘の可動域が少し狭まっている程度です。腰は問題なく360度回転が可能。

下半身も各部の可動域は同じです。脚長になっている分、立膝が少し不安定だったりしますが、可動箇所が多いので柔軟に対応することができます。

ビーム・ライフル用パーツ2種、ビームブレイド、アースアーマー対応頭部パーツ、コアスプレーガン、平手、カスタマイズ用ハンドパーツ(左右)が付属。

アルスアースアーマー(台座付き)が付属。若干後方に倒れやすいので注意です。

HGBD:Rアースリィガンダム用の余剰パーツがいくつか付属します。

ビーム・ライフル用パーツ2種。コアスプレーガンと組み合わせてビームライフルを形成します。パーツ一つ一つは単純な構造ですが、パーツの組み合わせによって大型武装として構成されています。

コアスプレーガン。HGBD:R アースリィガンダムなどに付属しているものと同じ形状です。左右挟み込みタイプですが合わせ目は段落ちなどでモールド化されています。前面のセンサーはパープルのシールでの色分け。

ビーム・ライフル用のパーツを分解し、コアスプレーガンと組み合わせてビーム・ライフルに。

基部パーツは合わせ目がモールド化されていますし、銃身内部にはスリットが入っているなど、作りはしっかりとしています。

側面の装甲は組み換えが可能。

ビームブレイドはクリアーパープルパーツで再現。付け根はシールで色分けされています。

指型のモールドが造形され、ハンドパーツから直接ビームを発しているような造形に。

ビームブレイドやビーム・ライフル用のパーツはアルスアースアーマーに収納しておくことが可能です。

台座パーツ。2個パーツの簡単な作りになっています。

アルスアースアーマー用の台座パーツは裏面に4箇所の穴があり、使用していないハンドパーツを収納しておけます。

使用していない頭部パーツもボールジョイント部に取り付けて収納しておけます。

全てのパーツが取り付け可能というわけではないですが、規格が同じなので、一応アースアーマーをディスプレイしておくことも可能です。

アルスコアガンダムを何枚かどうぞ。

ビーム刃は手首に直接装備します。個性があっていいですね。

コアガンダムベースで小型なので取り扱いやすいです。

続いてアルスアースアーマーを取り付け、アルスアースリィガンダムとして各部を見ていきます。

まずは頭部。頭部パーツはアルスコアガンダム頭部(球状タイプ)とは別の、アルスアースリィガンダム専用のものを使用します。アンテナなどの形状はアースリィガンダムに似ていますが、少し微笑んだような形がより不気味さを醸し出しています。

形状はとさかなどが造形されたガンダムタイプ。

シールを張り替えることで、エルドラアースリィガンダムの再現も可能です。

付属の頭部3種を並べて比較。左からアルスコアガンダム用頭部、アルスアースリィガンダム頭部、アースアーマー(別売り)を装備させた場合に使用する頭部です。全て前後の組み合わせて、合わせ目が出るようになっています。

胴体部。アルスアースアーマーをまとったことで、全体的にシャープさが増した印象。胸やフロントアーマーのモールドはパープルのシールでの色分けです。

腰アーマー裏の形状も独特。リアアーマーにはモールドが造形されています。

ショルダーアーマー。シャープな形状。前方のモールドはパープルのシールでの色分けです。下部のダークブルー部分は合わせ目ができる仕様です。

脚部。アルスコアガンダムの脚部がアルスアースアーマーによって延長された形になります。アルスアースアーマーの形状自体はシンプル。

ソール部は内部に格納された状態。

ソール部は3脚ですがシンプルな組み合わせ。足裏には肉抜き穴があります。

背部はウイングが固定式。表面には適度にモールドが入っています。上部はコアガンダムのウイングを展開した状態。

ヒール感は強いですが、造形美の良さもあるのでポージングが映えます。かっこいいですね。

ビーム・ライフルは側面の装甲を組み換えて展開させることができますが、フォアグリップなどはなく手を添えるだけとなります。

ビームブレイドはブラックライトで照らしても発光しませんでした。アルスコアガンダムのドーム状頭部クリアーパーツも同じく発光せず。

別売りのアースアーマーに組み換えて。

頭部形状が異なるため、やや戦隊ヒーロー感もあるスタイルになっています。

ヴィートルーガンダムのヴィーナスアーマーを装備して。

なかなかの重装甲感があっていいですが、頭部形状がちょっと残念な気がします;

HGBD:Rアースリィガンダムと並べて。似ているようで形状はだいぶ違っています。造形美的にアルスアースリィガンダムのほうがよく感じますが、これは後出しキットの特権かも。

HGBD:Rマーズフォーガンダムに付属するコアガンダム(リアルタイプカラー)(別売り)にアルスアースアーマーを組み合わせてみました。(前腕やアンテナはアースリィガンダムのものを使用しています。)

これまで発売されたプラネッツシステムの各ユニットとは一味違ったスタイルになりますが、また違ったかっこ良さがあります。(ビーム・ライフルの後部パーツが付いてないですね;)

適当に何枚かどうぞ。

以上です。敵側の機体ということで、頭部形状などが独特でヒール感も強いですが、アースリィガンダムのコピー品というだけでない、それ以上のかっこよさがあっていいですね。たまたまそう見えるのかもですが、微笑んだような頭部形状も印象的。ヒトツメのなんとも言えない禍々しさがあるも面白いです。

欠点的には、アルスコアガンダムがヒロトのコアガンダムに比べると前腕や足首などに合わせ目ができるので、その点はちょっともったいない感じですね。それ以外は問題なく、外装もあるスコアガンダムにしっかりと取り付けられるので遊びやすいです。

組み換え用の頭部が付属するなど、アースアーマーやヴィーナスアーマーといったサポートメカ各種とも自由に組み合わせが出来たりと楽しみの幅が広がっています。自分好みの組み合わせを模索しつつ、よりヒール感を高めていくのもいいかもですね。

⇒楽天でHGBD:R アルスアースリィガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBD:R アルスアースリィガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R アルスアースリィガンダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す