HGBD ジムIIIビームマスターのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD 1/144 ジムIIIビームマスターのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は崩壊した市街地でチェンジリングライフルを放つジムⅢビームマスターが掲載。この市街地もGBNの仮想空間のひとつっぽいですね。これまでのガンダムシリーズは戦争を背景に作られていますが、このガンダムビルドダイバーズはゲーム空間を背景にしているので、今の若い子にとってガンダムやガンプラをより身近に感じる事ができるかもしれません。

箱のサイズは一般のHGよりも少し厚みがあります。縦横は同じ。ジムⅢが丸々入っていて、さらにビームマスター用の武装やパーツ類が入っているのでそりゃあボリュームも増しますね。

横絵は通常通り。アクションポーズや武装類、ジムⅢビームマスターの解説などが掲載されています。チェンジリングライフルはHGBCチェンジリングライフルに含まれる全てのパーツは入っておらず、一部のみがこのジムⅢビームマスターに同梱されています。

では開封。全体的にオレンジ感が強く、はじめにみるとちょっと圧のようなものを感じます。HGBDガンダムダブルオーダイバーもそうでしたが、大判ランナーが表面スレスレまでいっぱいに入っているとボリューム感や新鮮な気分を感じます。(自分だけ?)

ランナー数はなかなか多めで、全部で5袋分のランナーが入っています。

では説明書を見ていきます。表紙はパケ絵に加え、いつものように機体と所有者の詳細が記載。今回はユッキーの詳細です。ユッキーってヒダカ・ユキオっていうんですね。そういえば劇中でも「ユキオくん!」って呼ばれていたような・・・・;

それに加えて一番下にはガンダムダブルオーダイバーの用語集のようなものが追加記載されています。ちなみにHGBDガンダムダブルオーダイバーでは『GBN(ガンプラバトルネクサスオンライン)』について記載されていましたが、ジムⅢビームマスターは『マスダイバー』について記載されています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立ての流れは、前半はHGUCジムⅢと同じで各部に新規パーツが加えられた感じですが、後半は新武器類の組み立てがあるので大きく異なります。素組みレビューでもご紹介しましたが、組み立てに関しては比較的小さいパーツも少ないですし、シールも多くないので組み立てはしやすいですね。

カラーガイドはなかなか細かく調色してありますね。ガンダムビルドダイバーズのキットはあまりユーザーに優しくないような調色ガイドになっている気がします。もう少し単色でも問題ないような気もしますが、無理にカラーガイドを頼りにせずとも、既存の塗料で近いものを選んで使っても良さそうです。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。オレンジ、イエロー、ライトブラウン、クリアーのイロプラランナーです。胸部、脚部、腰部などのパーツ類。しばらくHGUCジムⅢからの流用ランナーが続きます。

↑Bランナー。ホワイトのランナーです。ミサイルポッドやシールド、大型ミサイルランチャーなどのパーツ類。

↑C1ランナー。グレーのランナーです。脚部やバックパック、武器類など。内部パーツ類も含まれています。

↑C2ランナー。グレーのランナーでC1の一部と同じです。

↑Dランナー。オレンジのランナーです。腕部や脚部、大型ミサイルランチャー、腹部などのパーツ類。ジムⅢの頭部パーツは余剰です。

↑E、Eランナー。オレンジのランナーです。ここからHGBジムⅢビームマスター用のランナー。頭部や脚部、バスターバインダーといった新規パーツ類が含まれています。

↑F、G1、G2ランナー。FとG2がホワイト、G1がクリアーグリーンのランナーになります。バスターバインダーや頭部、脚部などのパーツ類。

↑H1ランナー。グレーのランナーです。内部パーツやチェンジリングライフル用のパーツ。HGBCチェンジリングライフルからの流用ランナーですが、ジムⅢビームマスター用のパーツも含まれているという構成の気になるランナーになっています。

↑ポリキャップ(PC-001)、クリアーピンクのサーベル刃(SB6)、ホイルシールです。

以上です。ダブルオーダイバーとリクは青、ビームマスターとユッキーはオレンジといったように、キャラとキットのカラーを反映したっぽくなってますね。まぁこれは偶然かもしれませんが、オレンジのビームマスタ―はなかなか存在感のある脇役になっていると思います。

後方支援機だったりジムⅢベースだったり、いろんな部分でも知的なところを見せるユッキーなので、頼りになりそうで、ビルドファイターズのイオリ・セイとはまた違った部分を持っているなぁと感じました。

チームバトルをするにあたり、こういった支援機は必要不可欠ですし、チームとしてのバランスも考えてあるようなので、チームの1機としてガンダムダブルオーダイバーと合わせて楽しむといいですね。

⇒楽天でHGBD ジムIIIビームマスターを探す
⇒駿河屋でHGBD ジムIIIビームマスターを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD ジムIIIビームマスターを探す

コメントを残す