HGBD インパルスガンダムランシエ レビュー

今回は、HGBD 1/144 インパルスガンダムランシエのレビューをご紹介します!

HGBD インパルスガンダムランシエは、ガンダムビルドダイバーズに登場するチームアヴァロン所属男性キャラ『カルナ』のガンプラ『インパルスガンダムランシエ』の1/144スケールモデルキットです。インパルスガンダムをベースに、バックパックにはガンダムマーカーのような造形のプロペラントタンクを増設するなど、特徴的な造形を持つキットになっています。レッグフライヤーとチェストコアフライヤーといった2種の飛行ユニットにも分離可能です。価格は2,052円(税込み)。

前回ご紹介した兄弟機インパルスガンダムアルクと似た造形で、こちらも2016年6月発売のREVIVE版フォースインパルスガンダムをベースに、頭部や胸部、肩部などが新造パーツでキット化されています。

設定ではインパルスガンダムアルクに比べ、水中戦、格闘能力と最高速に優れたセットアップがされているとのことです。『ランシェ』はフランス語で『槍騎兵』という意味。形状もアルクに比べ頭部アンテナやリアアーマーのプロペラントタンク?、武装類が異なります。

成型色は明るめのピンクに濃いめのピンクによる配色。そしてこちらもアルク同様に部分的にダークイエローが入っています。女性キャラが扱うアルクがブルーで男性キャラが扱うランシエがピンクというのは昔のセオリーからすると少し不思議な感じも・・・。

こちらもポリキャップ(PC-002)を各部に使用し、強度もまずまずで可動も柔軟。自立に不安はないですが、リアアーマーのタンクが大きめなので気持ち後方に比重がかかっているようです。

頭部。アルクに比べ、アンテナが折れ曲がった形状になっています。先端には安全加工あり。それ以外はアルクと同じ造形で、ツインアイはクリアーグリーンパーツにシール貼り付けですが、とさか前後のセンサーはピンク成型色パーツにシール貼り付けです。マスクも新造パーツ。後頭部の合わせ目は後ハメが必要ない、消しやすい構成になっています。

胸部。アルクと全く同じ造形で、新造パーツで色分けされています。中央のセンサーはグリーンのシールによる色分け。

腰部。フロントアーマーとリアアーマーはインパルスガンダムから同じ造形でサイドにはミサイルランチャーを内蔵したワイドなアーマーを装備しています。リアアーマーには大型のタンクを装備。タンクはガンダムマーカーやペンのような特徴的な造形になっています。

タンクはアルクと同じく脱着可能。ポロリしやすいので取り扱いに注意が必要です。(個体差があるかもです。)フロント、リアアーマー共に裏面はシンプルな造形。

タンクは本体部分がモナカ割なので中央に合わせ目ができます。

サイドアーマーは3個パーツの簡単な組み合わせ。両翼は適度に前後可動します。両翼は角度によってはまずまず固定されますが、動かすとふらついたりポロリしたりするので、ポージング時は少しストレスを感じるかもです。

腕部。肩部以外はフォースインパルスガンダムからの流用。

二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで、合わせ目は端にくるようになっています。

ショルダーアーマーはアルクと同じ形状の新造パーツ構成で、上部をパーツで色分けするようになっているので合わせ目はできません。

脚部。HGCEフォースインパルスガンダムと全く同じ造形です。大腿部は筒型パーツで、膝は左右挟み込みタイプ。後部に合わせ目ができます。

後部のスリット入り角型スラスターは適度に上下可動します。

足首から下の部分。アンクルガードは端に合わせ目が出るようになっています。足裏はつま先と後部に肉抜き穴が出るようになっていて、中間部のグレーは合わせ目が段落ちモールド化されています。

バックパックもアルクと同じ造形のウイングを装備。

背中のウイングとリアアーマーのタンクは上下に可動します。ウイングは上まで上げることができますが、タンクは少し可動できる程度。ウイングのバーニアはフォースインパルスガンダムのシルエットフライヤーのものが使用されています。

背中のウイングは2箇所のダボ接続。

HGBDグリモアレッドベレーのコンテナやHGBDリーオーNPDのバックパックも装備可能でした。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと比較して。それほど大きいキットではありません。アルクと同じく設定されている全高は17.8mです。

HGCEフォースインパルスガンダムとの比較です。腕部、腰アーマー、脚部など、部分的には同じ形状ですが、成型色が全く違っているので全体的な印象がだいぶ違っています。リアアーマーのタンクの存在感がすごいです。

HGBDインパルスガンダムアルクとの比較。成型色や部分的な形状が違うため、若干ランシエのほうが大きく見えますが、サイズ的には同じです。

サイドアーマーが干渉するため、左右への開脚はハの字程度。これ以上上げるとサイドアーマーが外れてしまいます。

開脚以外の可動域、可動箇所はHGBDインパルスガンダムアルクとほぼ同じなのでそちらのレビューをご覧ください。⇒HGBDインパルスガンダムアルク レビュー

ランシエジャベリン、シールド、飛行ユニット変形時に使用するアクションベースマウントパーツ2種が付属します。

その他、アルクと同様にHGCEフォースインパルスガンダム用パーツが余剰で多数付属します。アンテナパーツや胸部エアインテークパーツなどがないためインパルスガンダムとして組むことはできません。コアスプレンダーやシルエットフライヤー、高エネルギービームライフルなどもそのまま付属しています。

ランシエもアルクほどではないですが、シールにブルーやグリーンのところが余るので、お好みでカットして使うことができます。

ランシエジャベリン。先端部分は左右挟み込みタイプになっていて、部分的に横に合わせ目が出るようになっています。柄の部分は下側にしたがって徐々に細くなっています。

シールド。複数パーツの組み合わせで構成されていますが、裏面にはガッツリと肉抜き穴があります。全て埋めるのか、部分的に補正するのか、そのままモールドとして取り扱うのか、対応が難しいところです。

上部の装甲はアームによって折り曲げることができます。

武装類を装備して。シールドは前腕に差し込み、保持力もまずまずで問題なくポージングできます。ランシエジャベリンはハンドパーツに差し込むだけで保持。柄が太くなる部分までの差し込みとなります。保持した状態では柄が地面につかないので、ジャベリンを立てた状態でのポージングは難しいかもです。

開脚しすぎるとサイドアーマーが外れてしまうのでその点だけ注意が必要です。それ以外は問題なく、ポージングしやすいですね。

ランシエジャベリンの両手持ちも問題なく可能でした。

余剰の高エネルギービームライフル。ランシエにも付属しています。本体部分は上下に合わせ目ができる仕様で、センサーとサブグリップは可動式です。

こちらもアルク同様、両手持ちが問題なく可能でした。

ではここからチェストコアフライヤーとレッグフライヤーに換装させていきます。まずはアルクと同じように上半身と下半身を分離させ、上半身は腕を上げておきます。そしてジャベリンの先端とシールドを組み合わせ、シールドのアーマーを下方に向けます。

そして上半身と組み合わせたらチェストコアフライヤーの完成です。

チェストコアフライヤーを色んな角度から。

レッグフライヤーはアルクとほぼ同じ変形。膝を逆S字に曲げてつま先を伸ばします。そして腰アーマーの小さい両ウイングを閉じ、前側に向けたらレッグフライヤーの完成です。

レッグフライヤーを色んな角度から。

チェストコアフライヤー、レッグフライヤー共に付属のマウントパーツを使ってアクションベースにディスプレイ可能です。

アルクとランシエの上下半身を組み換えて。半色別々になり、各部の形状も変化したことで、この2種キットの違った良さが出てきます。

さらにアルクの武装を組み合わせ、強化したランシエに。

サイドアーマーにアルクのビームキャノンを装備したため、かなり脚部が制限され、自由に開脚できなくなってしまいました。スワップがこのキットの醍醐味なだけに、組み合わせたり交換したりして不自由になるのはちょっともったいないかもです。

ビームキャノンを装備したサイドアーマーを前方に向けて。武装類が充実したことで迫力が増すのはいいですね。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。兄弟機なのでアルクとよく似ていますが、リアアーマーのタンクやサイドアーマーの造形、武装類やカラーリングによってまた違った良さを楽しめるキットになっていると思います。近距離戦闘に向いた武器なので、接地した状態でのポージングはなかなか映えますし、そういったところでもアルクと差別化されていていいですね。

リアアーマーのタンクが大きいので、派手なポージングをするとアクションベースに支柱と干渉したりして外れやすいのと、サイドアーマーの小さい翼がポロリしやすのは多少ストレスがあるかも。アルクに比べ、ランシエのほうが気を使いながらポージングする必要がありますね。それ以外は問題なく、可動域も強度も高いのでポージング時の不満はないかと。

アルクとランシエの組み合わせは、多少可動域が制限される部分があるものの、数種の武装類を組み合わせることで様々なスタイルが楽しめるので、ぜひ2体揃えて組み合わせ、4機のフライトシーンなどを再現してみてはいかがでしょうか。

⇒楽天でHGBD インパルスガンダムランシエを探す
⇒駿河屋でHGBD インパルスガンダムランシエを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD インパルスガンダムランシエを探す

4 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年9月29日 at 23:22 - 返信

    突き攻撃用の角度付きの右手もついててほしかったですね

    • nori

      on 2018年10月4日 at 15:50 - 返信

      コメントありがとうございます!
      槍が売りのキットなだけに、確かに突き攻撃用の手首があるとポージングがワイルドになったりしていいですね。
      もうちょっと気がきいていると良かったかなって感じです^_^

  2. 高井俊明

    on 2018年10月3日 at 07:57 - 返信

    欲しいです。武器が格好いいので。

    • nori

      on 2018年10月4日 at 16:02 - 返信

      コメントありがとうございます!
      槍やシールドはまずまずな出来になっていると思います。
      シールド裏の肉抜き穴は・・・って感じですけど^_^;

コメントを残す