HGAC リーオーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGAC 1/144 リーオーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

箱絵は炎に包まれた大地に立つリーオーの姿が掲載。外装も死闘を繰り広げたような使い古し感があり、なかなか味のあるデザインになっていると思います。それにしても後ろの軍隊感が凄まじい;旗を掲げて群がるシーンは西洋の絵画のようなイメージも感じさせます。

箱のサイズは縦横はHGと同じ。厚みはかなり薄いサイズです。HGガンダムバルバトスやHGガンダムダブルオーダイバーよりも薄く、最近のガンプラ?で言うとダイバーギアと同じサイズ。厚みだけで言うとHGBCの武装系アイテムと同じ大きさです。

横絵は薄い幅の中にかなり凝縮されて記載されています。ウエポンやエボリューションポイントなどが記載。ランナー構造についても記載されています。画像が見にくい場合はクリックして大きい画像をご覧くださいm(_ _)m

では開封。新規フォーマットということで、大判タイプのランナーが複数入っています。

全部で2袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。アイコンを採用した簡単組立をサポートしてくれる説明書ということですが、表紙はこれまでのHGキットと変わらず。黒バックに塗装済みのリーオーが掲載されています。ガンダムWのロゴには少し派手さがありますね。英語表記の名称の左には紫の■が記載。この■のジャンル分けは以下のとおりです。

黄色:ファースト、MS Igloo、08MS小隊、サイドストーリーズ等
緑色:Zガンダム,Advance of Z等
薄緑:0080等
橙色:ガンダムZZ等
青色:0083、SEED、SEED DESTINY等
紫色:ガンダムW等
水色:ガンダムセンチネル、F91、クロスボーン等
赤色:ガンダムUC等
※サンダーボルトにはこのマークはありません。

紫色の■は個人的にはほとんど見たことがなく、バンダイのホームページで検索してもHGウイングガンダム、HGウイングガンダムゼロくらいでした。他にもあるのかな。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。これまでのガンプラは白黒の面から組み立て始めることが多かったので、カラー面から始まるこのキットを組み始める時は少し戸惑いがあるかもです。

ですが組み立て自体は各部位ごとにわかりやすく記載されていますし、ランナーのどの部分を使うかまで記載されているので、すごくわかりやすく早く組み立てることができるかと思います。ポリキャップやサーベル刃用ランナーも『全て使いました』などちょっとした記載もされているのでありがたい説明書になっているようです。

カラーガイドは調色こそまずまずな構成ですが、もともと地味なキットなだけあって色の種類は少なめ。なのでそれほど複雑というわけでもないですね。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ライムグリーンのランナーです。外装パーツ類。何気に上部(頭部:画像左)から下部(脚部:画像右)にかけてバランス良く並べてあります。腕部や脚部は左右対象のようにパーツが並んでいるので、場所がよりわかりやすくなっています。

↑Bランナー。ブラウンのランナーです。関節パーツ類。胸部、腕部、脚部など、こちらも部位ごとにパーツがグループ分けされていて、ランナー枠も部位ごとに切り分けることができるようになっています。これまでのガンプラではあまり見られなかった仕様になっているのが新鮮。

↑Cランナー。ドラムガンや脚部・胸部内部などのパーツ類になります。

↑ビームサーベル刃(SB6)とボールジョイント型ポリキャップ(PC-7)。シールはありません。

以上です。組み立てや構造でいうとかなり画期的。各部を分解しても比較的どの箇所か迷うことがないようになっていると思いますし、組み立てもしやすいです。組み立てしやすいということはその分カスタマイズしやすいということでもあるかもしれませんね。

ランナーが僅か3枚で、外装、内装、武器類・その他のパーツで分かれていますし、ポリキャップが少なめでシールがないのも組み立てやすい理由だと思います。説明書も見やすですしね。

これまで組み立てが簡単なガンプラをそれなりに組んできましたが、それを更新するくらいラクな構成なので、ガンプラ初心者の方にとってもより手を付けやすい、ガンプラの入り口として最適なキットとして楽しめる良いキットだと思いますよ。軍隊化するために複数組むのもラクですね。

⇒楽天でHGAC リーオーを探す
⇒駿河屋でHGAC リーオーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGAC リーオーを探す

コメントを残す