HG 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様) レビュー

今回は、HG 1/144 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様)のレビューをご紹介します!

HG 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)(パラシュート・パック仕様)は、『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』に登場するMS『陸戦型ジム』の特殊部隊スレイヴ・レイス隊仕様1/144スケールモデルキットです。ソリッドなトーンのグレーを成形色で再現。ロケット・ランチャー等の各種武装に加え、降下用パラシュート・パック、ウェポンコンテナなど豊富なオプションパーツが付属します。価格は2,420円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

2017年1月に一般発売されたHGUC陸戦型ジム(以下、ノーマル版)をベースに、スレイヴ・レイス隊仕様の特徴的なグレーカラーでキット化。2018年9月にプレバンから発売されたHG 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)のパラシュートパックやウェポンコンテナ、ミサイル・ランチャー、180mmキャノンといった多数の武装類が付属しています。形状の異なるジムヘッドも付属。

成型色はライトなグレー、ブルーグレー、ダークグレーといった隠密部隊らしい濃淡グレー。頭部センサーのグリーン、胸部エアインテークのホワイトなどをシールで補いますが、色分けが必要な箇所はわずかです。

ポリキャップは定番のPC-002を使用し、肘や膝関節はKPSパーツで構成されるなど、近年のHGUCキットにつながる高可動、高品質なフォーマットで再現されています。背部にパラシュートパックを背負っていますが、姿勢を整えることで問題なく自立が可能です。ただ、足首の可動域が狭いため、脚底の接地に若干の不安定さがあります。

パラシュートパックを外した状態で全身から。

頭部をノーマル版と並べて比較。頭部はHG 陸戦型ガンダム(パラシュート・パック仕様)で新造された丸みのあるジムヘッドに変更されています。前後挟み込みタイプの簡易的な作りになっていますが、頭頂部から側面にかけてできる合わせ目はモールドとしておいても良さそうです。ゴーグルはクリアーグリーンパーツでの色分けで、とさか前後のセンサーはグリーンのシールでの色分けです。ゴーグルはブラックライトで照らしても発光しませんでした。

胴体部以下は陸戦型ジムと同じ。エアインテークのふちは白いシールでの色分けです。

腰アーマー裏にモールドは全く造形されていません。

腕部。シンプルなスクエアタイプです。ショルダーアーマーは合わせ目が出来ない組み合わせになっています。二の腕は筒型で合わせ目はなし。前腕は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

脚部。膝のスパイクやふくらはぎの装甲など、全体的に重機的な造形が再現されています。大腿部は筒型で合わせ目はなし。膝から下は左右挟み込みタイプですが、後部の合わせ目は段落ちモールド化されています。

外側のふくらはぎ内部にはサーベル柄を収納可能です。

ソール部はノーマル版と変わらず。足裏はつま先側に肉抜き穴があります。つま先は少し角度変更が可能。

バックパックをノーマル版と並べて比較。形状はほとんど変わりませんが、中央の装甲が脱着可能になり、外しやすいような形で新造されています。

バックパックは2ダボ接続。中央に3.0mmジョイント穴があるものが新造されています。表面のカバーパーツも新造され、組み換えることでパラシュートパックの装着有無がチョイス可能です。

下部のバーニアはノーマル版と同じ。内部は赤く塗り分けが必要です。

パラシュートパックをHG陸戦型ガンダム(パラシュートパック仕様)(画像中央)、HGスレイヴ・レイス(パラシュートパック仕様)(画像右)のものと並べて。成型色はスレイヴ・レイスのものと全く同じです。

陸戦型ガンダムのものとは背部形状が異なり、ウェポンラックへ装着型ではなく、1ダボでバックパックに直接マウントするタイプに変更されています。

下部のモールドは黒いシールでの色分け。バーニアは内部を赤く塗り分ける必要があります。

上部や側面には合わせ目ができます。側面のダクトはパーツでの色分けです。

ノーマル版と並べて全身を比較。

スレイヴ・レイス隊を並べて。スレイヴ・レイスと陸ジムは似ていますが、各部とも少し形状が違っています。

頭部の可動は、ノーマル版とだいたい同じですが、若干可動域が狭い気がします。上下はあまり広く可動しませんが、左右へは干渉しつつも水平程度にまで向けることができます。首が短いので干渉しやすいです。

それ以外の各部可動域についてはノーマル版と同じなので、以下のリンクからノーマル版のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGUC 陸戦型ジム レビュー

ウェポンコンテナ、180mmキャノン収納用パーツ(コンテナ内)、ミサイル・ランチャー、ロケット・ランチャー、ウェポンラック、180mmキャノン、シールド、100mmマシンガン、ロケットランチャーマウントパーツ、平手(左)、ビーム・サーベル刃☓2とった多数の武装類が付属。陸ジムに付属していたネット・ガンや、陸ガンに付属していたビーム・ライフルは付属しません。

HGUC陸戦型ジムやHG陸戦型ガンダムなどのパーツが余剰で付属します。

頭部やバックパックを組み換えることで、グレー成型色でのHGUC陸戦型ジムとして組むことができます。

ナンバーのマーキングシールが付属します。

ミサイル・ランチャー。手持ち式の6連ミサイルランチャーになります。ミサイルコンテナはグリーンに塗り分けが必要。

グリップは可動式。中心部分が左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。

ロケット・ランチャー。密林での使用を想定した装備。砲身部分は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。センサーは赤く塗り分けが必要。

上部のマガジンは脱着可能で、グリップは前後に可動します。

マウントパーツを使うことで、リアアーマーにマウント可能です。マウントパーツの固定強度は高めですが、腕部を動かしていると取り付けたロケットランチャーと干渉しやすいかも。

100mmマシンガン。ヤシマ重工製で、陸戦型機定番の武装になります。

下部のマガジンは脱着可能で、サイドアーマーのマガジンと交換が可能です。

後部のストックや側面のフォアグリップは可動式。

シールド。こちらも陸戦型機定番の武装です。表面にはスレイヴ・レイス隊の部隊マークシールを貼るようになっています。

バイポッド(二脚)を展開することで自立させることができますし、マウント基部を展開させることで攻撃的に使用することも可能です。

180mmキャノン。左右挟み込み構造の箇所が多く、砲身を含め上下などに合わせ目があります。

上部マガジンは脱着可能で、フォアグリップは前後に可動。グリップも可動します。

ウェポンコンテナ。2007年に発売された旧陸戦型ガンダムに付属しているものと同じです。こちらも表面にスレイヴ・レイス隊の部隊マークシールを貼るようになっています。

ハッチが開閉可能で、内部には細かくモールドが造形されています。

180mmキャノンは分解可能で、ウェポンコンテナ内部に収納可能。

バックパックはウェポンラックと交換が可能。ウェポンラックは上下のアームが展開します。

ウェポンラックを使うことで、ウェポンコンテナを背負わせることができます。180mmキャノンを収納した状態だと重量が出るので、後方に比重がかかってきます。陸ジムを若干前のめりにしたほうが自立が安定するかもです。

また、パラシュートパックの後部パーツを組み換えることで、ウェポンラックを使ってパラシュートパックを背負わせることもできます。

一通り武装(100mmマシンガン、シールド、パラシュートパック)して。

パラシュートパックを背負っての降下シーンが演出できるのはいいですね。パラシュートパックをパージするようなシーンも再現できるなど、表現に幅が生まれます。

シールドや100mmマシンガンといった定番の武装も、軽装で陸ジムの機体形状とよく合っています。渋めのスレイヴ・レイス隊カラーがさらに引き立ててくれますね。

100mmマシンガンの両手持ちはややぎこちないですが再現可能です。

ロケットランチャーやミサイルランチャーといったその他の豊富な武装も、戦場の臨場感を出すのに十分です。

180mmキャノンは上部のグリップと側面のフォアグリップ、どちらを握らせることもできますが、どちらかというとフォアグリップのほうが持たせやすいです。トリガーに指を添えている武器持ち手が付属していると良かったですね。

ビームサーベルも取り扱いがラク。

適当に何枚かどうぞ。

ベースのHGUC陸戦型ジムは全体がシャープで賛否が分かれる部分ですが、頭部は陸戦型ガンダムに付属のジムヘッドに変更になり、旧版からのフォルムが好みな方にも受け入れられそうなスタイルになっていると思います。個人的にはかなり好みですね。

欠点的には、細かい部分ですが、武器持ち手がなくなっているので180mmキャノンの保持が少し表現に乏しいというところかと。それ以外は問題ない感じです。

装備品もかなり豊富で様々な演出を楽しむことが出来ますし、バラシュートパックだけでなくウェポンラックやウェポンコンテナが付属するので、大地に降り立つシーンやコンテナを背負って陸地を移動、駆け抜けるシーンも演出できるなど、とにかくポージングが決まりまくります。渋いカラーの陸ジムは脇役とは思えないくらいの良さがあるので、スレイヴ・レイス隊を表現しつつ、武装類を使って思う存分遊び倒したいですね。

icon

⇒楽天でHG 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)を探す
⇒駿河屋でHG 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG 陸戦型ジム(スレイヴ・レイス隊仕様)を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す