HG 局地型ガンダム(北米戦仕様) レビュー

今回は、HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様) のレビューをご紹介します!

HG 1/144 局地型ガンダム(北米戦仕様)は、ガンダムエースで連載中の『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』に登場するモビルスーツ『局地型ガンダム(北米戦仕様)』の1/144スケールモデルキットです。黒い機体色に加え、全身に特徴的な赤いラインマークがプリントされています。バックパックには新規造形のショルダー・キャノンを装備。価格は2,160円(税込み)です。

全体が黒とグレー、そしてライトグレーの配色になっている局地型ガンダム(北米戦仕様)。通常の局地型ガンダムよりも試作機っぽいディテールがまた違った印象を感じさせてくれます。

全体はHG局地型ガンダムとほぼ同じですが、バックパックが新規パーツになっています。ポリキャップはPC-001で、各部に使われています。

全体的に細身ですが、関節強度は高いので自立も安定しています。

マーキングシールが付属。全身にオレンジのラインがプリントされたディテールを再現することができます。

頭部。ツインアイの部分には局地型ガンダムと同じくクリアーレッドパーツがあり、通常のガンダムとは異なる印象になっています。V字アンテナの中央と顎は赤いパーツで色分けされています。アンテナ先端には安全対策あり。

頭部は前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目が出来ます。

後頭部にはパネルラインが入っています。とさか前後のセンサーは赤いシールによる色分けですが、かなり小さいので精密なピンセットなどを使って貼り付けないと難しいです。

クリアーパーツを外した状態。ツインアイのシールを貼ります。

バストアップ。適度にラインが入ったシンプルなディテールで、レトロな感じがよく出ていると思います。胸部はオレンジ色の別パーツで色分け。

腹部、腰部、独特の腹部形状に、ガンダムらしい腰部アーマー類。重機のような印象が強くなっています。センターアーマーのV字マークはシールによる色分けです。

腕部。前腕は合わせ目が目立ちませんが、肘部パーツには合わせ目がくっきりと出るようになっています。右前腕側面には3.0mmのマウント穴があります。

右と左では前腕の形状が少し違い、左前腕側面にはビーム・サーベルやシールドをマウントできるダボ付きパーツになっています。

ショルダーアーマー。シンプルですが、陸戦型ガンダムやジムのディテールに似たものになっています。

脚部。細身で軽量な印象のディテール。前側は合わせ目がモールド化されるような組み合わせになっていますが、後側は縦に合わせ目が出るようになっています。適度にモールドも入っていて物足りなさは感じないですね。

足首から下の部分。あまりガンダムらしくない特徴的な形状。足裏は別パーツになっていて、肉抜き穴はありません。特にスラスター型のモールドもないシンプルな足裏形状。アンクルガードが可動しないのが残念。

新規造形のバックパック。モールドが細かく入っていて見た目もリアル。スラスターも5基付いていて特殊な形状になっています。スラスターは手前3基は付け根がボールジョイント型ポリキャップになっていて、側面2基差し込むだけになります。

上部のビーム・サーベル柄は少しフラフラするので、ポージングしていると手が当たってよく角度が変わります。

スラスター内部は2重のスリット型になっていて最低限のディテールは確保してあります。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。陸戦型ジムより少しだけ大きいサイズですね。

首は割りとしっかり可動してくれます。顎引きや見上げる状態も他キットより幅広く可能。

左右へもしっかりと可動します。V字中央のオレンジパーツが若干外れやすいかもです。

腕部はこれだけ上げることが出来ます。ただ、肩付け根のポリキャップがたるいので、重さで下がってしまいます。ボールジョイント自体はしっかりとしているので腕部が真下に垂れ下がることは無いですが、ショルダーアーマーが下がり気味になるので注意です。

胸部を前後でしっかりと押さえ込むとポリキャップがしっかりとするので、そうすると少しは上げた腕を保ってくれます。(意味が分からなかったらスイマセンm(_ _)m)

肘の可動は十分に。

腕部の前後スイングはボールジョイントのみの可動なので少しです。ビームライフルの両手持ちは少し難しそう^_^;

腰の前後可動は少し。付け根ボールジョイントの可動分だけ動きます。

腹内部に入っている突起が干渉するので、腰の回転はこの程度。

腰回りのフロント、サイド、リアアーマー類は裏面にモールドのないシンプルな形状です。

脚の付け根パーツが前後に可動するので、脚部の表現が少し豊かになっています。

股関節の穴にアクションベースをマウントさせます。

股関節の少し飛び出たところにマウントするので、若干他キットよりも高い位置でキープするようになります。しっかりと固定されるのでポージングも特に不自由なく可能です。

フロントアーマーがそこそこ上に上がるものの、脚部が水平程度にまで上がることはありませんでした。膝の可動はまずまず。

足首の可動もまずまず。それなりに可動します。

左右への開脚は水平までもいかず、サイドアーマーが干渉するのでこの程度です。

足首の可動もそれなり。細身な割に、各部の可動域はそれほど広いものではないようです。

内股は太ももパーツが干渉するので45度程度ですが、開脚は水平程度に可動します。

立膝は各部を適度に調整しつつ、ある程度の形にすることはできます。

MS用マシンガン、ショルダー・キャノン、ビームサーベル刃☓2、MS用マシンガンマウントパーツ、シールド用マウントパーツ、シールド、武器用ハンドパーツが付属。

胸部パーツと局地型ガンダム用バックパックも余剰パーツで付属します。

余剰パーツのバックパックはもちろん本体にマウント可能。スラスター内部は簡易的なディテールになっています。

ショルダー・キャノン。モナカ割ですがモールドが細かく入っていて物足りなさのないディテールになっています。

バックパックのビームサーベルマウント部分を取り外し、ショルダー・キャノンを取り付けます。ビームサーベル柄は前腕に取り付けておきます。

ショルダー・キャノン装備状態。

ショルダー・キャノンのマウント部分は2箇所で可動するので、前方に発射する位置に可動させることができます。砲口は開口しておらず、見た目を良くしたいなら多少手を加える必要があります。

バッパックのスラスターは可動に柔軟性があります。

MS用マシンガン。HGの陸戦型キットによく付属しているものと同じです。

サブグリップは可動式で、ストックは展開させることができます。本体部分はモナカ割ですが、合わせ目はあまり目立たない組み合わせになっています。

マウントパーツを使用してバックパックにマウント可能です。この時ショルダー・キャノンは取り外しておきます。

MS用マシンガンは武器用ハンドパーツを使って保持します。しっかりと保持されるので特にふらつきもありません。

両手持ちはなんとかできましたが、前方に砲口を向けたりするのは難しいようです。

シールド。基本的なものはHG陸戦型キットに付属しているものと似ていますが、少し形状が異なる局地型ガンダム用のものになっています。

二脚(バイポット)を展開させることで自立が可能です。

左前腕のビームサーベル柄を外してダボにシールドをマウントさせます。取り外したビームサーベル柄はシールド裏にマウントさせておきます。

付属のマウントパーツを使ってバックパックにシールドをマウント可能。この時ショルダー・キャノンは取り外しておきます。

では適当に何枚かどうぞ。

シールドにマウントしたサーベル柄にサーベル刃をマウントさせてみました。大型の武器っぽく楽しめます。もちろん前腕にサーベル刃を取り付けているときも同じようにビームトンファー状態が楽しめます。

サーベル刃はハンドパーツに差し込むだけでしっかりと保持可能でした。

以上です。2016年7月に発売された局地型ガンダムと比べて、色が違うだけで随分印象が変わるもんだと思わせてくれるキットかと思います。構造自体はほとんど変わらないものの、黒いガンダムなのが独特のかっこよさを感じさせますね。

一見大したことのないディテールのようにも見えますが、ポージングなどをしていると徐々に味が出てきます。フルアーマーガンダムのようなレトロ感を感じさせるキットになっているのがいいですね。

欠点としては、ポロリ箇所は殆ど無いですが、バックパックのビームサーベル柄やスラスターがちょっとフラフラしてたるいのと、新規造形のキャノンが若干外れやすいのが難点かと。(個体差があるかもです。)ポージングさせていると手が当たってビームサーベル柄やスラスターの角度が変わったりします。

それ以外は特に問題ないので、全体的にまとまった良いキットになっていると思いました。MSDの旧式ガンダムがお好みの方は楽しめるキットですね。

⇒楽天でHG局地型ガンダム(北米戦仕様)を探す
⇒駿河屋でHG局地型ガンダム(北米戦仕様)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG局地型ガンダム(北米戦仕様)を探す


コメントを残す