HG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機) レビュー

今回は、2015年1月に発売されたHG 1/144 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)のレビューをご紹介します!

HG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)は、『機動戦士ガンダム Gのレコンギスタ』に登場するMS『宇宙用ジャハナム』のクリム・ニック専用機1/144スケールモデルキットです。特徴的なクリム・ニック専用機ブルーカラーを成型色で再現。フレキシブルに可動する各部関節に加え、指揮官機の特徴であるブレードアンテナが造形。ビームアックスなどの各種武装も付属しています。価格は1,540円(税込み)。

青いクリム・ニック機が、2014年12月の宇宙用ジャハナム(量産機)に次いでキット化。高い汎用性を持つアメリア軍所属モビルスーツ『ジャハナム』は、ザクに似たフォルムが印象的な機体です。

成型色はシンプルなブルーにダークブルー、パープル、グレーなど。細部のモールドなどをシールで補いますが、ダクトなど一部塗り分けが必要です。

ポリキャップはPC-002をすべて使い切ります。肘や膝にもポリキャップを使用し、関節強度は高め。比較的小型で取り扱い安いキットになっています。大きな背負いものもなく、自立は極めて安定しています。

頭部。前後挟み込みタイプで、上部から側面にかけて合わせ目ができます。額には隊長機用のアンテナを装備。索敵・熱源感知能力を向上させたタイプとのことです。

アイ(センサーボール)はドーム型のクリアーピンクパーツによる造形。

表面の横ーや十字のラインはマーキングシールを貼ることで再現可能です。数枚の予備も付属。太さも調整できるみたいですね。今回はマーキングシールを十字に貼ってレビューしています。はじめに縦、その上から横を貼っていますが、逆のほうが縦ラインが強調されて良いかも。

シールを貼らない状態で。

胸部から腰部。各部がパーツで色分けされ、腹部がグリモアやモンテーロなどと似た、筒(球)状のコックピット造形になっています。フロントアーマーのライン型ダクトはシールでの色分け。

リアアーマーはダクトが別パーツで色分けされています。腰アーマー裏にモールド造形はありません。

リアアーマーも可動します。

腕部。細身でやや長めな印象。手甲パーツが長く、手袋をしているような造形になっています。

二の腕は筒型ですが、前腕は前後挟み込みタイプ。側面に合わせ目ができますが、肘から分離可能なので合わせ目消しはしやすそうです。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプ。上部や側面に合わせ目ができます。前後の丸モールドは白いシールでの色分けです。

脚部。肉太な造形。モールドはあまりありません。膝周りのダクト類は塗り分けが必要です。

大腿部は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。膝から下は左右挟み込みタイプで後部に合わせ目ができます。膝から分離できるので、合わせ目消しはしやすいかと。

ソール部。足底は左右挟み込みタイプで、かかとや足裏に合わせ目ができます。つま先側は段落ちモールド化。後部は青いシールでの色分けです。

バックパック。2個パーツの簡単な組み合わせですが、合わせ目はあまり目立たない組み合わせになっています。

標準的な2ダボ接続で、陸戦型ジムやグリモアなどのバックパックも取り付けが可能でした。

バーニアはモールドもなくシンプル。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。小柄ですが、アンテナがある分?ジムよりは大きく見えます。全高は17.5m。

他の同シリーズキットと並べて。ほとんど差はないですね。

頭部は首が短いのであまり上下可動できません。左右へも肩の装甲が干渉して少し上向きに。

腕はショルダーアーマーが干渉して水平にまでも上げられず、肘も90度程度までの可動となります。

肩はポリキャップが前方に引き出せ、広めにスイングします。

胸部と腹部がボールジョイント接続なので、上半身を前側に適度に倒すことができます。後方へはあまりスイングできないようです。

腹部が球状になっているので、腰は干渉することなく360度回転が可能です。アクションベースへは、通常通り股間部にジョイントパーツを差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚はそれほど柔軟と言うわけではないですが、フロントアーマーとサイドアーマーの脇から脚を伸ばせば水平程度まで上げることができます。後方はリアアーマーが可動するので干渉なく開脚することができます。

膝はくの字程度までの可動となります。膝内部パーツの形状が特徴的。膝装甲裏はパーツで蓋がされています。

足首は前後へはまずまず可動しますが、左右へはそれなりの可動となります。

左右への開脚は、サイドアーマーを後方に交わすことで、水平にまではいきませんが広く可動させることができます。

内股、ガニ股は水平とまでは行きませんが、ともに45度以上に向けることができます。

立膝は、膝が曲がらないので少し苦しい姿勢になってしまいます。

可動域の総括としては、近年のキットにしては、ちょっと褒められた可動域ではないですね。造形を優先してか、パーツの干渉箇所も多いですし、ポージングの肝である肘や膝も昔のキット並の可動域です。あまり思ったようなポージングができなそうなのが辛いところです。

シールド、ビーム・ライフル、ビーム・アックス、平手(左右)が付属。

シールド。2枚パーツの簡単な作りになっています。裏面には収納型のビーム・アックスを装備。

収納型のビーム・アックスは脱着できますが、アックスの裏面には肉抜き穴がごっぽり空いています。

ビーム・ライフル。モナカ割の簡単な作りで、上下などに合わせ目ができます。

センサーは赤いシールでの色分け。

ビーム・アックス。特徴的な形状をした武装になります。刃パーツを挟み込む組み合わせで、部分的に合わせ目ができます。歯ブラシっぽい感じ?

シールドとビーム・ライフルを装備して。シールドは前腕側面に差し込むだけ。固定強度はまずまずで、ポージング時に外れることは少なそうです。ショルダーアーマーの装甲とも干渉することなく装備できていますが、腕を上げたりすると干渉しやすくなります。

ビーム・ライフルを保持させる場合、手甲パーツの固定強度が高いので分解がちょっと手間かも。(個体差がありそうです。)指がトリガーにかかっていないのもなんか寂しいところです。少し遊びがありますが、抜け落ちることもなく保持ができています。

やはり各部可動域があまり広くないので、ポージングはぎこちないところがありますね。かっこよさはあるんですけど;

肩や肘の可動域も不十分なので、ライフルに平手を添える演出もちょっと厳しいかも。

ビーム・アックスもグリップが細身でスルスル移動しますが、裾は広がっているので抜け落ちることはありません。ビーム・ライフルよりビーム・アックスを保持させたほうが様になるかも。

両手持ちもできますが、やはり保持はやや窮屈。思ったようなポーズが取れにくいところがあります。

アックス刃やアイ(球形センサー)はブラックライトで照らすと発光します。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。胴体部などがちょっと特殊な構造になっていたり、少ないパーツ数である程度の色分けされているのは評価できますね。球状センサーもブラックライトで発光しますし、シールですが横ラインや十字も再現できるようになっているので、表現の幅が広がると思います。

ただ、肩部や脚部、ソール部などが簡単な組み合わせで合わせ目が出たりして、やや先祖返りしたような部分もあるので、その点はもったいないところではありますね。肩や肘、膝の可動域も昔のキット並なのが残念なところです。

ザク(グフ?)に似た造形なのは面白いですし、特徴的なビーム・アックスを構えるとなかなか様になります。よく見ると何気に味を感じるキットなので、遊んでいるうちにじわじわその良さが感じられるのではないでしょうか。

⇒楽天でHG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)を探す
⇒駿河屋でHG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG 宇宙用ジャハナム(クリム・ニック専用機)を探す

コメントを残す