HG ユーゴーのパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 ユーゴーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ユーゴーの箱絵とランナー各種、説明書等をレビューをご紹介していきます。

では早速箱絵から。

1

パッケージはユーゴーが宇宙空間で浮遊するイラスト。後方に単色カラーのユーゴーが掲載されていることから、オレンジ、ダークブルー、ホワイトグレーのカラーリングは隊長機のデザインなのかもしれません。夜明けの地平線団団長『サンドバル・ロイター』のフェイスイラストも掲載されています。

2

横絵にはMSオプションセット5との組み合わせによるカスタマイズ、HG1/144ユーゴーのアクションやビュー、ギミックなどの情報が掲載。

3

箱のサイズはHG1/144ガンダムバルバトスルプスと同じ。一般的なHGサイズの箱よりも薄く、HGガンダムバルバトスとも同じサイズです。

では開けてみましょう。

4

箱にはランナーがいっぱいに入っています。

5

ランナーは2袋分。

ではHG1/144ユーゴーの説明書を見ていきます。

6

はじめにユーゴーの詳細と夜明けの地平線団団長『サンドバル・ロイター』の詳細が掲載されています。

組み立ての流れを一通りどうぞ。

7

8

9

10

以上、HGユーゴーの説明書でした。

続いてランナー各種を見ていきます。

11

↑Aランナー。ホワイトグレー、オレンジ、ダークグレーのパーツがミックスされたランナー。外装パーツ、脚部パーツ、マシンがんなどのパーツが並んでいます。

12

↑Bランナー。ヘキサフレームと記載があります。HGユーゴーの内部にあたるパーツ類です。

13

↑Cランナー。ダークブルーのカラーリングのランナーです。脚部のパーツ類が多くあります。

14

↑Dランナー。円月刀のランナーです。

15

↑ポリキャップ、リード線☓2、ホイルシールです。ポリキャップは鉄血のオルフェンズHGシリーズのガンプラによく付属されているものと同じです。

以上です。ヘキサフレームの組み立て構成はこれまでのベースになっていたガンダムフレームとそれほど変わりはありません。ですがパーツ形状や逆向きに構成された脚部など、目新しいものが多く、組み立てはかなり新鮮で楽しめます。素組みレビューでもご紹介したとおり、関節はポリキャップ使用で外れにくく、ポージングも安定しているので、形状は特殊ながらもガンプラとしてはバランスのとれた一機です。劇中の戦闘シーンを再現するためにも、確保しておいて損のないキットに仕上がっていると思いますよ。

⇒楽天でHGユーゴーを探す
⇒駿河屋でHGユーゴーを探す


コメントを残す