HG ジム・インターセプトカスタムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ジム・インターセプトカスタムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は激しい戦場でビーム・スプレーガンを射撃するジム・インターセプトカスタムが掲載。背景には美しい宇宙と宇宙戦艦(おそらくサラミス)に加え、ジム・ガードカスタムが掲載されています。オリジン版MSDのキットなのでパケ絵イラストも鮮やか。紫のボディも映えるデザインになっています。

パッケージサイズは通常のHGと全く同じ標準的なサイズです。

横絵はビーム・スプレーガンとビーム・サーベルというシンプルな武装紹介と、各部可動域やバイザー可動ギミックなどが掲載。比較的アクションの少なめなキットなので、掲載事項も少なめ。

では開封。流用頻度の高いジムバリエーションキットなので、ランナーも各部が分割された小さめのものが多いです。なので箱の中身も少し控えめなボリュームです。

全部で5袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。説明書にはフェロウ・ブースターがこの機体のメインアイテムとして記載されていますが、肝心のキットにそれが付属していないのは悲しい限りです。もしフェロウ・ブースター付属のジム・インターセプトカスタムが発売されれば、このキットの価値が全くなくなってしまいそうな気もします。でもフェロウ・ブースター(単体、もしくは付属)もぜひ発売してもらいたいところです。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。無駄を省きつつ広範囲の可動域を実現している最新のフォーマットが使用されているので、組立工程はかなりシンプルで組み立て安いものになっています。武装類も多くないのでさらに組み立てがラクで、早ければ1時間で組み立てられるくらいかと。説明書も大判ながらかなりスペースを余した記載になっています。

外装はパープルもホワイトも比較的淡めの色合いになっています。ホワイトにはイエロー系が、パープルにはグレー系が混ぜてありますが、共に加えすぎると強調されたりする色なので混ぜ具合には注意が必要そうですね。その他のグレー、イエロー、レッドなどはジム・ガードカスタムと同じ色が記載されています。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。パープルのランナーで、胸部や頭部、前腕外装パーツなど。Aランナーはガードカスタムのシールドやジムスナのバックパックなどが含まれるランナーで、スイッチによる分割ありきで作られたランナーになります。ガードカスタムとジムスナのAランナーを照らし合わせる限り、他のジムバリ用パーツは含まれていないっぽいですが、また新しいバリエキットにも期待したいところです。

↑B1、B2ランナー。共にホワイトの成型色で、脚部、腹部、頭部など各部外装パーツ類です。かなり黄色く写っていますが、撮影時の光の量などによって色がだいぶ違って見えるようです。実物はもう少し白っぽさのある色です。

↑Cランナー。ダークグレーの内部パーツ、ハンドパーツ、ビーム・スプレーガンパーツなど。このランナーはガードカスタム、ジムスナ共に共通で、パーツ類も全て同じです。

↑D、E1ランナー。Dはダークグレーの脚部、腰部パーツ類。E1はパープルの脚部、腕部パーツ類です。E1は同じものが2枚あります。

↑F1、F2ランナー。F1はダークグレー成型色で、関節、バックパック、サイドアーマーなどのパーツ類。F2はF1の一部と同じです。

↑H1、SB-13,ポリキャップ(PC-001)、ホイルシール、マーキングシールです。H1はクリアーレッドのゴーグルパーツ。

以上です。ガンダムエースに連載のMSV-Rに登場している機体ということで、まだ影の存在という印象は拭えないですが、なかなか特殊なデザインの面白いキットになっていると思います。ガードカスタムやジム・スナイパーカスタムと組み合わせることで、ア・バオア・クー攻略戦シーンが演出できるのもいいですし、どれもカラーリングが異なるので、ディスプレイ時にも華やかさが出てくるのではないでしょうか。

後付けの機体なだけに造形の好みが分かれるところかもしれませんが、個人的にはこのようなよりメカニカルでリアリティのある新機体が登場することで1年戦争の世界観が広がると思いますし、1st自体の風化を防ぐ効果もありそうなので、過去の作品の良さを残しつつもぜひ映像化など、リニューアルも試みてもらいたいですね。

⇒楽天でHG ジム・インターセプトカスタムを探す
⇒駿河屋でHG ジム・インターセプトカスタムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジム・インターセプトカスタムを探す

コメントを残す