HG シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー] レビュー

今回は、HG 1/144 シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー]のレビューをご紹介します!

HG シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー]は、『機動戦士ガンダムNT』に登場するMS『シルヴァ・バレト・サプレッサー 』のクリアーカラーバージョン1/144スケールモデルキットです。GUNPLA EXPO TOKYO 2020開催記念として販売されたアイテムで、全身にクリアカラーの成形色を採用した特別仕様のキットになっています。価格は2,970円(税込み)。

GUNPLA EXPO TOKYO 2020』の開催を記念して、プレミアムバンダイにて販売された特別アイテムの一つで、2019年6月に発売されたHGUCシルヴァ・バレト・サプレッサー(以下、通常版)をベースに、外装各部がクリアーカラーで再現されたキットになっています。

外装の大部分を占めるブラックと部分的に配色されたホワイトの他、胸部のグレー、アンテナのイエロー、腹部ハッチのパープルをクリアー成型色で再現。その他、関節はメタリックブルー成型色での再現となっています。シールは通常版と同じで、頭部ツインアイや脚部のラインモールド、アンクルアーマーの一部装甲などを補います。

クリアー成型色ですが、パーツの組み合わせはあまり硬くはないので、比較的分解しやすいかと。

ベースがHGUCシルヴァ・バレト(HGUCドーベンウルフ)で、関節各部にポリキャップ(PC-132ABC)を使用します。関節強度はまずまず。背部に換装用右腕パーツを格納したバックパックを装備していますが、あまり後方に比重はかからず自立は安定しています。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。) ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

ビーム・マグナム、平手(左右)武器持ち手(右)が付属。

HGUCドーベンウルフやHGUCシルヴァ・バレト、HGUCユニコーンガンダムなどの余剰パーツが付属します。

頭部。クリアーブラックの外装と赤いセンサーやツインアイにより、謎の機体のような印象が強くなっています。ヒロイックさが表現されているアンテナはクリアーイエロー、とさか前後と額のセンサー、ツインアイはクリアーレッド成型色での色分けです。

後頭部にも2本のアンテナが造形。頭部は全体的に合わせ目ができないパーツ構成になっています。

胴体部。胸部がクリアーグレーでダボ穴がわかりやすく、モワッとした色味なため少し浮いた印象も。その他の部分はクリアーブラックやクリアーパープルで高い質感を感じる仕上がりになっています。脚の付け根装甲の丸モールドはパープルのシールでの色分け。

フロントアーマー、リアアーマーともに裏打ちパーツは造形されていません。

リアアーマーのレールとクレーンはメタリックブルーで鮮やかに再現。レールは上下にスイングする他、左右にスライドし、クレーンは上下にフレキシブルに可動します。手前のレール裏面には肉抜き穴があります。

右腕部。肩と前腕はクリアーブラックとクリアーホワイトを配色。その中でメタリックブルー成型色の二の腕肘関節にはメカニカルさが強調されています。

二の腕や肘関節は合わせ目が段落ちなどでモールド化されていますが、前腕は左右挟み込みタイプで前後に合わせ目ができます。肘から分離しないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工が必要。

右の二の腕は換装用に脱着が可能。固定強度があまり高くなく、ポージング時に抜ける場合があるので注意が必要です。

左腕部は二の腕が通常のデザインになっています。二の腕装甲は筒型で合わせ目はありません。

ショルダーアーマー。クリアーブラックとクリアーホワイトのみの配色でシンプル。合わせ目はできない構造になっています。

脚部。全体がクリアーブラックに配色され、部分的なダクトやバーニアなどをクリアーホワイトとメタリックブルーで再現。シルヴァ・バレトをベースにした特徴的な形状になっています。膝のモールドはブラック、膝周りのラインモールドはパープル、アンクルアーマー左右の装甲は白いシールでの色分けです。

膝から下は合わせ目ができない構造。

大腿部の装甲はシルヴァ・バレトなどと同じ。ポリキャップを使用したダボ接続となっています。大腿部は前後挟み込みタイプで側面にあわせ目ができます。消す場合は後ハメ加工が大変そうなので、段落ちモールドなどを彫り込んだほうが良いかもです。

後部のスラスターカバーは上下に可動します。装甲の凹み部分はパープルのシールでの色分け。

内部にはバーニアが造形。形状は1重モールドでシンプル。

膝の装甲は少し上下に可動。裏打ちパーツも造形されています。

ソール部はシルヴァ・バレトやドーベン・ウルフとは異なるハイヒール型。クリアーホワイトとクリアーブラックでの色分けです。クリアーホワイトに少し安っぽさがありますが、まずまずの仕上がりになっています。

背部のバックパックもクリアーブラック、クリアーホワイト、メタリックブルーで上品に仕上がっています。格納されている4腕もメカニカルさがあっていいですね。

バックパックは4箇所のダボ接続。固定強度はまずまず高めです。

4腕を外した状態。スラスターの形状が個性的。

側面のスラスターは付け根が回転可動する他、上下のカバーもそれぞれ可動します。

上部に突き出た装甲は裏打ちパーツが造形。先端はクリアーホワイトのパーツでの色分けです。

4腕は1基のみ肘と手首が可動し、残り3腕は固定式となっています。

固定式の腕も二の腕部分は合わせ目ができない作り。前腕は通常の腕部と同じく前後に合わせ目ができます。消す場合は後ハメ加工が必要。

ラックへの格納は、手首をはめ込んでの固定となります。固定強度はまずまず。格納時は向きを間違えないように注意が必要です。

腕の換装方法は以下のとおりです。

まず正規の腕を外します。そしてリアアーマーのレールとクレーンを可動させ、クレーンを換装する腕の位置まで移動させます。

クレーンで交換する腕の二の腕部分を挟み込みます。

ラックと固定されている手首部分を外し、クレーンで腕部を引き出します。そしてレールとクレーンを移動させ、最右に配置します。

干渉しないように脇から交換用の腕を前方に通し、二の腕部分に組み付けます。

レールとクレーンを元の位置に戻したら、交換用腕部への換装完了です。シルヴァ・バレト・サプレッサー特有のギミックで、メカニカルさと面白さが表現されていていいですね。

通常版と並べて比較。比較前はあまり変わらなそうでしたが、並べて見るとだいぶ印象が違っていました。クリアーカラーはクリアーのツヤ感とともに、クリアーブラックで全体的により締まりのあるカラーリングになっているようです。通常版は関節がだいぶヘタれていて自立も難しめでした。換装用の腕も抜けやすく、取り扱いにくくなっています。

同シリーズのHGUCナラティブガンダムC装備HGUCシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)とも並べて。HGの中では比較的大型のシナンジュ・スタインよりも大きいです。どちらも経年劣化は少なく、関節にはまずまずの強度がありました。

ビームマグナム。HGUCユニコーンガンダム(デストロイモード)などに付属しているものと同じです。

本体部分は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。マガジンの脱着ギミックはありません。

上部のリブは展開が可能で、グリップは可動式。劇中のような膝をついての射撃シーンが再現可能です。

ビームマグナムを装備して。

頭部があまり上下しないので、多少表現力に乏しい部分があるかと。ですが機体フォルムに重量感があるので迫力や存在感は十分です。

ビームマグナムは割とラクに両手持ちが可能。膝の突き出た装甲が支えになるので、立膝もある程度きれいな姿勢で再現することができます。なので、劇中のⅡネオ・ジオングの腕部を撃ち落とすシーンも演出することができました。

脚底の角度があまり変わらないので接地状態はあまり良くないですが、自立にそこまで不安定さはないようです。通常版の関節がヘタれていたので、経年で関節が劣化すると難しくなりそうではありますね。

腕の交換シーンを演出。レールやクレーン可動部の強度があまり高くないので、腕部の重量に耐えられない場合があります。画像ではある程度保てていますが、垂れ下がってしまうこともあるので、気になる場合は補強してやるのも手ですね。

シルヴァ・バレトからサーベル刃を拝借し、余剰パーツのサーベル柄を利用してビームサーベルを装備。ポージングが決まりやすく、かなり相性がいいみたいですね。劇中ではビームマグナムくらいしか使っていませんが、できれば他に付属武装があると良かったかと。(一応余剰でジェガンと同等品のビームライフルが付属しています。

適当に何枚かどうぞ。

クリアーホワイト成型色のパーツはブラックライトで照らすと発光します。

以上です。シルヴァ・バレト(ドーベンウルフ)をベースにした重量感あるフォルムに、腕換装を目的とした個性的なバックパックなど、相変わらずサプレッサーの機体形状には特有のかっこよさがあっていいですね。それに加えて成型色のクリアーブラックでより締まった印象になっていますし、通常版とは違ったツヤ感があってとても見栄えがします。

気になる点はあまりないですが、ハンドパーツが比較的バラけやすいのと、関節に若干弱さがあるので、経年で劣化するとポージングに難しさ、ストレスなどが出てきそうです。換装用の腕部も二の腕から抜けやすいところがあるので注意が必要です。

クリアーホワイトやクリアーグレーの部分には少し安っぽさも感じますが、ブラックライトで発光するのも嬉しいですし、関節のメタリックブルーもメカニカルさが際立っていいと思います。サプレッサーのデザインに外装のクリアーブラックがなんとも言えない魅力を感じさせるキットになっているのがいいですね。

icon

⇒楽天でHG シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー]を探す
⇒駿河屋でHG シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー]を探す
⇒ヤフーショッピングでHG シルヴァ・バレト・サプレッサー [クリアカラー]を探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. かき氷

    on 2021年1月29日 at 09:55 - 返信

    めっちゃ綺麗…

コメントを残す