HG RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。記事のラストにはちょっとご紹介したい情報も。

パケ絵は他のプロ野球コラボガンダムと変わらずですね。さすがに5体目レビューなので詳しい解説は省きます;カラーはオレンジメインでブラックが少々。ジャイアンツのマークってこんな感じ(パッケージ左上)だったんですね。ちなみにこのマークは2018年に刷新されたプライマリーマークとのこと。巨人軍の普遍的コンセプトである「伝統と挑戦」を表現しているらしいです。

横絵も特に変わらずで、ジャイアンツガンダムの掲載が違っているだけです。

開封。HG REVIVEのRX-78-2と変わらないボリューム。このオレンジってそんなにおもちゃっぽくない感じがしますが、ホワイトがあるからそう思えるんですかね。

全部で2袋分のランナーです。色は大きく分けてホワイト、ブラック、オレンジの3色。その他はクリアーイエローとクリアーピンク。

説明書はマーキングシールの貼り付け位置が掲載されたペラ用紙と、HG REVIVE版 RX-78-2ガンダム用のものが入っています。HG RX-78-2ガンダムの説明書はライオンズバージョンのページに掲載しているのでそちらをご参考くださいm(_ _)m⇒HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのパッケージ・ランナー レビュー

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。オレンジ、ブラック、クリアーイエローのイロプラランナーで、頭部、胴体部、脚部、シールドパーツなど。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、各部外装パーツ類やシールドパーツなど。

↑Cランナー。ブラック成型色で、各部関節やバックパック、武器類など。

↑ポリキャップPC-002、SB-13(クリアーピンクのサーベル刃)、マーキングシール、ホイルシールです。

以上です。ガンダムも40周年を迎え、このプロ野球コラボガンプラやNHKにてTHE ORIGINの放送、ライブ(ガンダム姉さんのライブなど)もいろいろと配信されたりしています。

そんななか、先日マツコ(・デラックス)の『夜の巷を徘徊する』で駄菓子の卸売店を徘徊していましたが、駄菓子やガンプラなど、懐かしいアイテムの数々が紹介されていました。(40周年とは関係ないかもですけど;)ガンダムと同年代くらいの方だとかなり懐かしさに浸れるものになっていると思います。今なら6月13日(2019年)まで視聴可能なのでご覧になってみてはいかがでしょうか。

⇒TVer(ティーバー)夜の巷を徘徊する6月6日(木)放送分

⇒ヤフオクでHG RX-78-2 ガンダム ジャイアンツ バージョンを探す

コメントを残す