HG ガンダムアスタロトリナシメント レビュー

今回は、HG 1/144 ガンダムアスタロトリナシメントのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ガンダムアスタロトリナシメントは、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ外伝「月鋼」第2期に登場する主人公機『ガンダムアスタロトリナシメント』の1/144スケールモデルキットです。ガンダムウヴァルから回収し、本来の姿を取り戻しつつあるガンダムアスタロトの姿。バスターソードや大型手甲、サブアームといった装備類も充実しています。価格は1,944円(税込み)です。

各部が左右対称の形状で独特なガンダムアスタロトリナシメント。ガンダムアスタロトをベースにガンダムアスタロトオリジン用パーツと新規パーツを組み合わせた構成になっています。

内部にはHGガンダムバルバトスルプスレクスなどと同じガンダムフレーム4が採用されています。アスタロトと同じく水色と白、そして赤のガンダムらしいトリコロールカラーです。

ガンダムフレームは柔軟性がある反面、少し関節強度が弱いところがあります。それはこのアスタロトリナシメントも同じで、関節強度に若干甘いところがあります。それでも自立は安定していますし、ポージングもそれなりに可能です。

頭部。フェイス自体はHGガンダムアスタロトと同じですがなかなかのイケメンです。アンテナは右側はガンダムアスタロトと同じですが、左側はナイフのようなディテールで大きさも左右で不揃い。アンテナ中央部の赤はシールによる色分けです。

バストアップ。胸部はアスタロトオリジンの色違いです。

腹部。ガンダムフレームのシリンダーシャフトが露出。腰回りもアスタロトオリジンと同じパーツで構成されています。このあたりはガンダムウヴァルとも同じ形状です。

右腕部。二の腕と肩部はアスタロトオリジンと同じですが、前腕部が他にはないリナシメントだけの形状になっています。説明書によると強奪されたあとに海賊が跋扈(ばっこ)する闇市場で発見されたとのこと。海賊の手によってさらに装備が変わってしまっているようです。前腕外装パーツは左右挟み込みなので全体に合わせ目が出来ます。

左腕部。こちらはガンダムアスタロトと全く同じ形状です。前腕パーツは左右で挟むタイプなので中央に合わせ目が出来ます。

左肩部にはシールドアームを装備。肩マウント部は上下可動しますが、シールドアームの重さに耐えきれず、垂れ下がった状態になってしまいます。もう少し肩マウントパーツの強度が欲しいところです。裏面には細かくモールドも入っています。肩に接続する部分は挟み込むタイプなので合わせ目ができます。

左肩部はアスタロトおなじみのドラム型アーマーを装備。パーツの合わせ目がモールドラインになっているので目立ちません。

右脚部。太もも外装パーツと足首から下の部分は左右脚部共に同じですが、膝から下は左脚とは全く異なる色と形状をしています。HGアスタロトオリジンやガンダムウヴァルとも違うリナシメントオリジナルの形状。太もものモールドとふくらはぎ裏の3枚羽はシールによる色分けです。

右脚部。アスタロトオリジンの脚部と似ていますが、こちらも膝周りの形状などが違う別物になっています。ふくらはぎ裏にはスラスターを装備。スラスターの付け根は黒いシールによる色分けです。

3枚羽は裏面までは色分けされておらず、表面だけシールで補われています。スラスター内部は一応モールド化されていますが、比較的淡白な形状です。

足首から下の部分は、足の甲はアスタロトオリジン、ガンダムウヴァルと全く同じ。タコの吸盤のような独特の形状です。かかと部分はアスタロトと同じです。

バックパックは新規造形で、特に組み合わせのない1個パーツ構成。なのでスラスターは可動しません。

スラスターや周りのスリットなど、各部が細かくモールド化されています。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと。まぁ中間ぐらいですね。UC系キットと比べると大きいですが、ルプスレクスよりは若干小柄です。

HGガンダムアスタロトとの比較です。色が同じだけというくらいに形状が別物に変わってしまっています。全く同じ形状なのは左腕だけ。どちらも各部に特徴があるので、それぞれの良さがありますね。

簡単フィニッシュのHGガンダムアスタロトオリジン、素組みのHGガンダムウヴァルと。色こそ違いますが、アスタロトよりも比較的この3機のほうが似ているようです。特に胸部から腰周りにかけてと足の甲、右のショルダーアーマーは3機ともおなじ形状です。

頭部はなかなか広く可動します。顎引きは十分。見上げる状態は襟が少し干渉するのでこの程度。

首がやや長めのキットなので周りに干渉することなく頭部を左右に振ることができます。

肩部の装甲が大きめな割に干渉することなく腕部が可動します。Y字型になるのでかなり柔軟。

付け根のボールジョイントを最大限に活かして前後にスイング。

外装の形状が違うので、肘の可動は左右で異なります。左腕部のほうが広く可動します。

腰がボールジョイント型なのとリアクターの付け根が可動するので前かがみや胸を張るポーズが柔軟に。

腰の回転も柔軟。このまま後方へも可動していきます。

フロント、リア、サイド各アーマーの裏にモールドは無し。シンプルなので裏打ちパーツを取り付けてもいいかも。

股関節の穴にアクションベースを差し込んでマウントさせます。

個体差があるかもですが、穴が少し緩かったのでポージング時に左右へ回転してしまいました。くるりと回るようなら少し調整が必要です。

前後への開脚はフロントアーマーが小柄なので前方へも水平程度に可動。後方へはリアアーマーを回避しつつ可動させます。

脚部外装が左右で異なりますが、膝関節の可動域は左右であまり変わらず。スラスターがある分左足の方が少し可動域が狭いです。

足首の可動はあまり広くなく、黒い甲のパーツが脚部アーマーと干渉するので可動が制限されます。足の甲は柔軟に可動します。

サイドアーマーもしっかりと広がり、開脚は特に干渉物もなく、水平程度まで可動させることができました。

ガンダムフレームなので足首の軸が十分に回転可動します。

内股は太もも外装が干渉しますが、がに股は水平から後方までしっかりと可動します。

膝の可動域が狭い分、立膝は制限された状態。イマイチです^_^;

シールドアームが展開。肩部付け根が上下に、展開軸も回転可動します。画像右のシールドアーム下にある穴はバックパックの穴と同じサイズです。なので武器類がマウント可能。

シールドアームはしっかりと伸ばす事もできます。

マニピュレーターも回転可動します。黒いパーツを外して武器を持たせることができます。アームの内側は全て空洞になっています。

デモリッション・ナイフ、バスタード・チョッパー、アスタロト用ライフル、サブナックル、ショートナイフ☓2、デモリッション・ナイフ用マウントパーツ、バスタード・チョッパー用マウントパーツ、ライフル用マウントパーツ、ショートナイフ用マウントパーツ、バスタード・チョッパー用突き型ハンドパーツが付属。

その他にもHGガンダムアスタロト用バックパック、サブナックルも付属しています。

さらにHGガンダムアスタロトやHGガンダムアスタロトオリジン用の余剰パーツも多数付属します。組み替えてオリジナルキットにしてもいいですね。

HGガンダムアスタロトリナシメント用サブナックル。シールド部分は表と裏打ちパーツで挟み込むタイプで、下部にマニピュレーターが付いています。表面にはウォーレン家のロゴシールを貼るようになっています。

マニピュレーターは脱着可能。付け根はボールジョイントで回転可動させることができます。

グリップをハンドパーツでつかみ、内側のダボを前腕横に差し込んでマウントさせます。2箇所で固定されるので保持も安定して外れません。

デモリッション・ナイフ。HGガンダムアスタロトに付属していたものと同じです。上下で分割されていますが、共にモナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。

かなりのロングサイズで、アスタロトリナシメントよりも長いです。

デモリッション・ナイフは折りたたんでコンパクトにすることができます。

サブグリップは展開させることができます。片手持ちも可能ですが、角度を変えるとキット本体や肩部が耐えきれず、倒れたり肩が回転したりします。

マウントパーツによってバックパックにマウントさせておくことができます。

 

関節に気を使いつつポージングさせますが、ある程度は様になってくれます。サブナックルのマニピュレーターで保持させることもできます。

両手持ちさせるとラクに保持できます。このほうがポージングもかっこよさが出せますね。

バスタード・チョッパー。デモリッション・ナイフの弱点を補えるよう、剣のような形状をしています。モナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。

バスタード・チョッパーは設定上、ダインスレイヴを模した火薬式ダインスレイヴになっています。内部にはパイルバンカーを内蔵させることができます。

バスタード・チョッパーはマウントパーツを使用してバックパックにマウント可能。グリップ部分をハンドパーツに挟んで保持させることも出来ます。

しっかりと保持してくれるのでポージングもラクです。

デモリッション・ナイフにバスタード・チョッパーをマウントさせるとさらに太い大剣になります。

アスタロト用ライフル。HGガンダムアスタロトに付属していたものと同じです。完全モナカ割なので中央に合わせ目が出来ます。モールドがしっかりと入っていてリアルさがあります。

ハンドパーツに挟み込んでしっかりと保持させます。

ライフルは、シールドアームのマニピュレーターに保持させることも出来ます。

マウントパーツを使ってサイドアーマーにマウント可能。ライフルのグリップが少しゆるいので外れることがあります。

ショートナイフ。こちらもHGガンダムアスタロトに付属していたのと同じものです。リナシメントではこのナイフが2本付属しています。

ハンドパーツに差し込んで保持させます。どちら側で持たせてもしっかりと保持してくれます。

マウントパーツを使用して、2本合わせてサイドアーマーにマウントさせます。しっかりと固定されるのでポロリはおそらく無いかと。手が当たると外れるかもしれません。

武装類のフルマウント状態。なかなかのボリューム感があります。

突き型のハンドパーツを使うと、バスタード・チョッパーでのダインスレイヴ形態を再現することができます。

HGガンダムアスタロト用のバックパックを背中にマウント。このカスタマイズは説明書に記載されています。

HGガンダムアスタロト用のサブナックルもマウント可能。このカスタマイズも同じく説明書に記載されています。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。ガンダムフレーム採用キットのため、全体的な関節には若干心もとないところがあります。シールドアームを使ったポージングやデモリッション・ナイフを使用したポージングには少し保持力の弱さを露呈するところもありますね。

ですがサブアーム的な要素があるのは頼もしいですし、とにかく武器類が豊富。あらゆる武器を各部にマウントできる構成になっているので本当に楽しみが広がります。HGガンダムアスタロトやHGガンダムアスタロトオリジンなどの武器や装備を使ってカスタマイズしたり、余剰パーツ類を組み替えて違うキットにしてみるのもいいですね。

外伝『月鋼』シリーズとしては同じような形状のキットが複数発売されているので、もしかしたら敬遠される場合もあるアスタロトリナシメント。ですが、他のキットよりもボリューミーで楽しみの多い、より満足できるキットになっていました。

⇒楽天でHGガンダムアスタロトリナシメントを探す
⇒駿河屋でHGガンダムアスタロトリナシメントを探す
⇒ヤフーショッピングでHGガンダムアスタロトリナシメントを探す

コメントを残す