HG カットシーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/44 カットシーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は夕暮れのベルリ救出任務遂行時、海賊部隊所属のモンテーロ他と戦闘を繰り広げるカットシーの姿が掲載。脚部ビームサーベルで攻撃を仕掛けるカットシーには迫力があります。デザインも鮮やか。背景には数機の爆発が見られますが、この場面でカットシー、グリモアが一度に複数機やられたシーンはないのでイメージですね。

パッケージサイズは一般的なHGよりも0.5mm程度厚みがあるサイズ。縦横は同じです。

横絵はカットシーのギミックやカットシー機体情報、パイロット情報、ストーリーなどが掲載。背景のブルーからブラックへのグラデーションはHG Gのレコンギスタシリーズのフォーマットです。デレンセン大尉はベルリ他救出の任務を遂行したにもかかわらず、ベルリのGセルフに落とされてしまうという皮肉な結果に。信頼の厚い、いい大尉だったのですが・・・。

開封。まずまずのボリューム。きれいな長方形ランナーが入っているわけではないですが、ちょうどいいくらいの量かと。

全部で5袋分のランナー。

説明書は大判(B4サイズ)。表紙はパケ絵のみの掲載となります。では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。大判の説明書ということもあり、組立工程がかなり見やすくわかりやすいのと、説明書にパーツを一通り並べてから組み立てても邪魔になりにくいのがいいですね。ランナーのパーツ配置も割と同じ部位ごとにまとまっていたりします。キット(機体)解説も鮮やかで美しく、最新のHGBDやHGUCよりもオシャレな印象も。

カラーガイドは細かい調色。以前レビューしたHGモンテーロと同じくエアクラフトグレーなる塗料も掲載されています。さらにスカイ(ダックエッググリーン)という塗料も使われていますが、これもMr.カラーや水性ホビーカラーとして入手が可能です。カットシーの淡いブラウン(カーキグリーン)を再現するための柔らかい色合いを持った塗料。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、シールドパーツなど。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑Cランナー。カーキグリーン成型色で、背面フライトユニットやシールド、胴体、脚部パーツなど。

↑Dランナー。カーキグリーン成型色で、フライトユニット両翼や脚部パーツ。

↑E、Fランナー。Eはグレー成型色で、脚部や腕部の内部パーツ、関節パーツ類。同じものが2枚あります。Fランナーはグレー成型色で、バックパックや胴体部などの内部パーツ類。

↑G1、G2、H1、H2ランナー。細かいランナーが並びます。G1はダークグレー成型色で、ビーム・ライフルや脚部パーツなど。G2はクリアーブラック成型色で、ゴーグルパーツ。H1はピンク成型色で、ハンドパーツやフライトユニットの一部パーツなど。H2はイエロー成型色で、胸部エアインテークパーツ。

↑ポリキャップ(PC-002A)、SB-15(クリアーオレンジ成型色のサーベル刃)、ホイルシールです。

以上です。近年のキットなだけあって、取り扱いや構造には安定したものがあります。関節可動域こそ物足りない部分はありますが、それでもある程度のポージングはきまりますし、遊びやすさもあっていいですね。ガンダムタイプに比べれば、見た目的にそれほどかっこいい印象は持たれないかもしれませんが、実際にキットで見るとホントにいいなと思います。

画像を見るのと立体物を見るのとではだいぶ印象も違う感じ。なので、Gレコファンならぜひ手にとって、カットシーの独特の良さや表現力なんかを楽しんで貰えるといいなと思いました。

⇒楽天でHG カットシーを探す
⇒駿河屋でHG カットシーを探す
⇒ヤフーショッピングでHG カットシーを探す

コメントを残す