HG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機) レビュー

今回は、HG 1/144 イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)のレビューをご紹介します!

HG 1/144 イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)は、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するMS『イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)』の1/144スケールモデルキットです。ストーリー後半にアリアンロッド艦隊と激闘を繰り広げたブルー基調のイオフレーム獅電。幅広い可動域によって迫力のあるアクションポーズが再現可能なキットになっています。価格は1,296円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

百里や百錬の開発を通して蓄積された技術を元に製造された量産型モビルスーツのイオフレーム獅電。ブルーのカラーリングが施されたテイワズ所属機がプレバンでキット化されました。劇中のパイロットはアジー、ラフタなど。

2016年11月に発売されたHGイオフレーム獅電と同じ形状で、追加で付属する武装類はありません。成形色とシールのカラーのみがテイワズ所属機用に変更されています。外装のブルーはつや消しっぽさのある渋いカラーリング。

キット自体の作りはなかなか良く、関節もまずまず広め。各部がポリキャップ(PC-002)仕様なので、強度も高めで自立も安定しています。

頭部。メカロボ系の四角い形状が特徴的。前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目が出来ます。バイザーの単眼センサーが黄色になっています。

バイザーは脱着可能で、組み替えることで開閉状態が再現できます。内部の高感度センサーもシールによる色分けです。

胸部。獅子のような造形が特徴的。ダークブルーの色合いが全体のブルーとよく合っていると思います。

内部のイオ・フレームも複数パーツで細かく造形されています。

腹部、腰部。数個パーツのシンプルな構成ですが、装甲の頑丈さが感じられる造形になっています。リアアーマーには武器ををマウントできるラッチを装備しています。

腰部アーマー裏にモールドはなし。リアアーマーに少しだけモールドが入っています。

腕部。フレームパーツに部分的に外装パーツを被せていく構造。二の腕は筒型で、前腕は左右挟み込みタイプ。前腕後部には合わせ目ができるので、消すには後ハメ加工などが必要になってきます。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプの簡易的な構造。合わせ目ができますが、特に後ハメ加工などの処理は必要なく合わせ目消しをすることができます。側面には流星号やオルガ機のようなカスタムパーツをマウントできる横長穴があります。

脚部。こちらもイオフレームに外装を被せていく、細身で簡易的な構造。大腿部と膝はパーツを被せるタイプで、膝から下は左右挟み込みタイプになっています。膝から下の部分には合わせ目ができるので、消す場合は後ハメ加工やマスキング塗装などが必要になりそうです。

フレームは特徴的な形状で、ふくらはぎ後部のバーニア内部は特にスリットもないシンプル型。

バックパック。複数パーツの組合せで、合わせ目は両脇に出るようになっています。それほど不自然さはないのでモールドと解釈してもいいかも。

両脇の武器マウントパーツは脱着可能で、外すと他のカスタムパーツなどがマウントできるダボ穴が露出します。

下部のバーニアは別パーツで色分けされ、適度に上下可動します。

いつものようにHG陸戦型ジム、HGルプスレクスと比較してみました。同じ鉄血のオルフェンズシリーズですが、ルプスレクスよりも少し小柄。

次に通常のHGイオフレーム獅電と。通常のほうは艶っぽいレッドブラウンで、テイワズ所属機は艶なしのブルーになります。※通常のイオフレーム獅電は大腿部パーツが左右逆になっています。ご了承くださいm(_ _)m

続いてオルガ機、ライド機とも比較してみました。各部の形状が異なるので特徴的。それぞれ良さがありますが、このブルーのノーマル獅電も悪くない感じです。

可動域に関してはHGイオフレーム獅電と同じなのでそちらのレビューを御覧ください。⇒HGイオフレーム獅電 レビュー

ライフル、パルチザン、ガントレット、ライオットシールドが付属。バルチザン以外の武器類は、通常のイオフレーム獅電と同じ成形色です。

ライフル。モナカ割の簡易的なつくりで、上下に合わせ目ができます。

ライオットシールド。全身が隠れるような大型のシールドです。シールド部分は1枚パーツで、グリップパーツを取り付けるようになっています。裏面には適度にモールドが造形されています。

グリップは脱着可能で裏面には肉抜き穴があります。

シールドはハンドパーツでグリップを掴み、前腕のダボ穴に差し込んで固定します。ライフルはハンドパーツに差し込んで保持。どちらもしっかりと保持できるので、ポージングもラクです。

パルチザン。オールのような特徴的な武器です。上部と裾の広い部分は左右挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができますが、薄いので合わせ目わかりにくくなっています。

パルチザンは伸縮可能。

バックパックにマウント可能で、リアアーマーのラッチにもマウントさせることができます。

リアアーマーのラッチにはライフルもマウント可能です。

パルチザンは両手持ちでも問題なく保持が可能です。肩はポリキャップとボールジョイント型パーツの接続ですが、ポージングしていると抜けやすいので注意が必要です。

ガントレット。小型でシンプルな1個パーツシールドです。裏面には細かいモールドが入っています。

前腕のダボ穴に差し込んで保持。小型武器なだけに、取り付けやすくしっかりと固定されます。ポージングの妨げにもならず使いやすい武装です。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。形状こそ通常のイオフレーム獅電と変わりませんが、この落ち着いたブルーのカラーリングはなかなかいいと思います。カラバリならではの良さが出ている感じですね。まぁ色に力を入れないと他に手を加える箇所が無いわけですが、超脇役の機体にあって、なかなか存在感のあるキットになっていると思います。

欠点的なものもイオフレーム獅電と同じで、肩のボールジョイントが外れやすかったり簡易的な組合せなので部分的に外れたりすることもありますが、それほどイラつくほどでもないのでまぁ問題ないかと。

これまでにいろいろとカスタム機が発売されていて今更感もあるかもしれませんが、それらとはまた少し違ったテイワズ所属機ならではの良さも感じられるキットになっているので、複数購入して漏影や辟邪のサポート役としてお供させるのもありですね。

icon

⇒楽天でHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す
⇒駿河屋でHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG イオフレーム獅電 (テイワズ所属機)を探す

コメントを残す