HG アクト・ザク(キシリア部隊機)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 アクト・ザク(キシリア部隊機)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はペズン計画より生み出されたアクト・ザクの宇宙戦闘シーン。2機のアクト・ザク(キシリア部隊機)と1機のザクⅠ(キシリア部隊機)が掲載されています。どの宙域に配備されたかは明らかになっていないようですが、1年戦争終盤ではかなり高性能な機体だったようです。連邦のMSを参考に開発しているので、フィールドモーターやマグネットコーティングなどが施されています。ガンダムと同レベルの機体っぽいですね。

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度厚みがあります。構造はオリジン版ザクとそれほど変わりないですが、武器類が豊富ですし、多少各部が分割されて合わせ目がなくなっていたりするので、その分ランナー(パーツ)が多めに入っている感じですね。ナンバーは020。ひとつ前はHGザクハーフキャノンです。

全部で4袋分のランナー。

では説明書を見ていきます。アクト・ザク(キシリア部隊機)の形式番号は『YMS-11』。『Y』は実験機を意味し、プロトタイプ・グフやザク・キャノンテストタイプの形式番号にも『Y』が入っています。その他ザメルやヒルドルブなんかも『Y』が入っていますね。それにギャンにも。ギャンの場合はメディアによって『MS-15』と表記しているものもあるようです。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てに関しては素組みレビューでもご紹介したとおり、オリジン版ザクの欠点を改良した感じで、合わせ目などが目立たなくなっています。脚部も複数パーツを組み合わせたり、形状が違っていたりするので、オリジン版ザク系としては質の高いキットに仕上がっていると言えますね。今後もこれくらいのアップデートがされるなら、どんどんいいガンプラが登場するんですけど;

カラーガイドはグレー系でもブルーが混ぜてあったり、ブラウンが混ぜてあったりとちょっとした変化が加えてある分少し調色が難しいかもです。異なる色合いにしないと変化がつきにくいですし、かといって変色しすぎるとマッチしなくなってしまいます。少しずつ色味を見ながら調色する必要がありそうです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。グレー、ブルーグレー、ダークグレーのランナーです。いきなりアクト・ザク用の新規ランナー。微妙に隙間がありますが、特に別キット用のパーツが型どられているわけではなさそうです。

↑A2ランナー。グレー、ブルーグレー、ダークグレーのランナーで、A1の一部と同じです。

↑B2、C1ランナー。B2がグレー、C1がダークグレーのランナーです。B1はオリジン版ザク用バックパック、C1は新規のアクト・ザク用ランナーです。C1はプレバンのアクト・ザク以外に流用は考えてなさそうですがどうなんでしょう。

↑D1、D2ランナー。ダークグレーのランナーです。オリジン版ザク用の内部パーツ類。

↑E1、E2ランナー。ブルーグレーのランナーです。アクト・ザク用の外装パーツ類。

↑Fランナー。ダークグレーのランナーです。オリジン版ザク用のハンドパーツやヒート・ホークなど。

↑ポリキャップ(PC-001)とマーキングシールです。

以上です。見てくれは好みが別れるキットかもしれませんが、ガンプラとしての出来はかなりいいものになっています。何度も褒めていますが、やはりいいものはいい!

キシリア部隊機ということで、実戦配備機らしくL字型シールドとスパイク付きショルダーアーマーを装備している分、やや現実的なザク色が強いです。ですが、プレバンのアクト・ザクはそれこそ実戦配備されなかった機体なので、このキシリア部隊機以上の特殊感が味わえると思います。

普通は一般発売キットの同型機がプレバンで発売されると、カラバリや武器が少し付属した程度なので気が引けるところもありますが、アクト・ザクの場合はショルダーアーマーや武器類など異なる点も多いので、そういった部分でもプレバンのアクト・ザクが楽しみですね。

icon

⇒楽天でHG アクト・ザク(キシリア部隊機) を探す
⇒駿河屋でHG アクト・ザク(キシリア部隊機) を探す
⇒ヤフーショッピングでHG アクト・ザク(キシリア部隊機) を探す


コメントを残す