HGガンキャノン機動試験型/火力試験型のパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 HGガンキャノン機動試験型/火力試験型のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HG 1/144 ガンキャノン機動試験型/火力試験型の箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

パッケージはアニメの戦闘シーンのようなデザインで、機動試験型と火力試験型が共に並んでいます。アナハイム・エレクトロニクス社がある月面を舞台にしているような戦闘シーン。

2

パッケージサイズは通常のHGよりも1cmほと大きいサイズです。通常サイズのRGキットと同じ大きさの箱。

3

横絵はガンキャノン機動試験型、火力試験型それぞれのアクションポーズと各部名称、そして各箇所のギミックが掲載。反対側はポージングと機体の詳細、そしてこのガンキャノン機動試験型、火力試験型を生み出した『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Mobile Suit Discovery』の詳細が掲載。

4

箱いっぱいにランナーが入っていますが、ある程度隙間も見えますね。パーツ数がそこまで多いわけではないようです。

5

4袋分のランナー。基本的にはガンキャノン最初期型と同じパーツ類になっています。

6

ではここから説明書を見ていきます。説明書はパッケージイラストの流用。ガンキャノン最初期型(鉄騎兵中隊機)開発のための試作機であるため、すでに地球連邦軍のロゴが入っています。

説明書は1枚ものの表カラー、裏白黒タイプ。では説明書を一通りどうぞ。

7

8

9

10

11

以上、説明書のご紹介でした。組み立てに関してはHGガンキャノン最初期型を組んだことがある場合は全く新鮮味の無いものになってしまっているかもしれません。自分は初めてORIGIN版ガンキャノンを組んだので楽しかったです。ザクなどとはまた違った味があって、大口径砲もリアルな組み合わせで楽しめます。

ではここからランナーをご紹介していきます。

12

↑Aランナーです。黄色、白、そしてグリーンのクリアーパーツが混同するイロプラランナー。脚部、腕部、頭部など、それぞれのパーツが並びます。

13

↑Bランナー。黄色のランナーです。胸部、腰部、脚部、腕部、バックパックといった外装パーツ一式です。

14

↑C1、C2ランナー。グレーのランナーです。ライフルや大口径砲などのランナーです。C2はC1の一部と同じ。

15

↑D1、D2ランナーです。薄紫色のランナー。マニピュレーターや腕部、脚部の関節など、内部パーツ類が並びます。

16

↑ベース1とG2ランナーです。ベース1の台座は、パーツの組み替えで様々なスタイルに変えることができる多機能台座です。G2はグレーのマシンガンです。

17

↑ポリキャップとマーキングシールが付属。ポリキャップは他のTHE ORIGIN版ザクやヴァッフ、ガンキャノン、ブグなどに付属しているものと同じ。

以上です。モビルスーツバリエーションとして、開発過程のキットを組み立てるのは味なところがありますね。本来劇中に登場しないキットなので特別感がありますし、独特な構成も持っています。このガンキャノンでいえば大口径砲などがそうですね。

このようなキットを組み立てることで、開発過程をよりよく知っていくということも、また違ったガンプラの楽しみ方なのかもしれません。そして開発の知識を持つことで、劇中に登場した機体についても違う印象で組み立てを楽しむことができるかもしれませんね。

⇒楽天でHGガンキャノン機動試験型/火力試験型を探す
⇒駿河屋でHGガンキャノン機動試験型/火力試験型を探す


コメントを残す