HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腕部の組み立て

こんにちは!今回は、HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腕部の組み立てをご紹介します!

G-セルフの腕部はけっこう細身でさっぱりとしています。組み立ても内部パーツの周りを外装パーツで埋めていくという形になっているのですが、内部パーツの簡略性やすっきりとした外装パーツなど、胸部などと比べるとそれほど目を引くところがなく、あくまでシンプルな作りになっているのが特徴です。

なので、パチ組みで済ませたりするには本当に楽であっちゅーまに組んでしまえるものです。しかし塗装するとなるとちょっと面倒というか、細いところもちょこちょことあるシロモノになっています。

その細いところというのは、腕部の部分部分にある小さい塗り分け箇所です。外装パーツのショルダーアーマー、肘部などにマスキングする必要がないくらいの小さい色分け部分があって、これを筆塗りにするのか、マスキングで細かく処理していくのか悩ましい部分です。

ですがこの細かな部分を塗り分けるのとシールで済ませるでは完成度が変わってくるので、お好みでリアルなG-セルフを追求していっていただきたいと思います。

ではいってみましょう。

HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腕部の組み立て

DSC_0028

まずはG-セルフ腕部のパーツ一覧です。内部パーツも3つのパーツを組み合わせるだけで、挟み込み仕様になっているわけでもありません。強度は外装パーツでなんとかしているといった感じですね。

DSC_0030

DSC_0031

この関節部分に小さな塗り分け箇所があります。気が付きにくく忘れてしまいがちな部分ですが、ここは筆塗りしています。色は胸部などでご紹介したエナメルのメタリックブルー(ガンクローム+フラットブルー)です。筆だと塗りムラが出来やすいのが欠点です。完成した時に意外と目立つ部分なので、キレイにしあげておきたいですね。

DSC_0032

続いてショルダーアーマーです。ブルーのクリアーパーツはそのまま組み合わせています。G-セルフのブルークリアーパーツはシールの上に被せる箇所があるので、塗装しようにもしにくいところです。オリジナリティが生まれるので、思い切って塗ってしまうのも一つの手かもしれません。

ここにもこのサイトでよく使っているメタルパーツを埋め込んでいます。イボルブワークスの1.7mmメタルパーツです。

っとあと、ここの赤いところも細い色分け部分です。ここもエナメルのフラットレッドあたりで筆塗りしました。細かくてくねっているので少し塗りにくいですが、周りにへこんだモールドがあるので、スミ入れをすればキレイに仕上がるかと。マスキングして細かく行ったほうがさらにキレイになりますね。

それからそれから、ショルダーアーマー上部はマスキングをして水色に塗装しています。、色分けされた別パーツにしてあると助かるのですが、どうもそうなっていないので、合わせ目がもろに出るところでもあります。

そしてもう一箇所、横から見ると黒と黄色で色分けされた部分があります。ここが一番難所で、マスキングなどでキレイに塗り分けられるといい仕上がりになります。完成後にまたご紹介しますので後ほど~。

ショルダーアーマーはなかなか手が込む箇所が多いですね^_^;

DSC_0033

DSC_0034

DSC_0035

DSC_0036

こんなところにも塗り分け部分が・・・^_^; ここはマスキングをしてラッカー系のイエローで塗り分けました。さすがにこのまっすぐなラインをキレイに筆塗りするのは至難の業です。マスキング&エアブラシが手っ取り早くキレイに仕上がりますし、とくに目立つ部分でもあるのでキレイに仕上げておきましょう。

DSC_0038

DSC_0039

ちょっとこの画像でもきちんと写っていませんが、横から見ると黄色と黒で分かれている箇所がありますね。ここははじめに黒、マスキングをして黄色、さらにその上から黒と3重に塗り分けています。パーツに凹凸があるので、マスキングも少し難しく、筆塗りにも少しむずかしい箇所です。

DSC_0040 DSC_0041

左右組み立てて腕部完成です。パチ組みだととっても簡単なG-セルフの腕部ですが、塗装するとなると細かな部分がたくさんあっていろいろと手間がかかるところであります。ですが、冒頭でも書きましたが、この色分けをするのとしないのとでは全くと言っていいほど完成度が変わってくるので、ゆっくりキレイに仕上げていきましょう。

では次回、G-セルフの脚部の組み立てです。お楽しみに!

では良いガンプラライフを!ではでは~。

⇒楽天でHG Gセルフを探す
⇒駿河屋でHG Gセルフを探す


2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2016年2月4日 at 22:27 - 返信

    むうぅ、塗り分けるにはシンドイですがどうせならやるべきっすね。
    お願いだから、老眼に優しいMG出して欲しい。

    あ、今日つや消しクリアー182番、買って来ました。が、吹けるのはまだ先になりそうです。

    • nori

      on 2016年2月4日 at 22:31 - 返信

      コメントありがとうございます!腕部はかなりちまちましてますからねぇ(-_-;)MGが出るとすると、部分的にパーツが分かれるようになると思いますが、発売はいつのことやら・・・
      自分はつや消しクリアー182番1に対して溶剤3くらいで薄めています。昔は濃すぎて、エアブラシからわたあめのようになって出てきたことがありました(笑)

コメントを残す