Figure-rise Mechanics ハロ[ピンク] レビュー

今回は、Figure-rise Mechanics ハロ[ピンク]のレビューをご紹介します!

Figure-rise Mechanics ハロ[ピンク]は、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』他に登場するラクスのマスコットキャラクター『ピンクハロ』のFigure-rise Mechanicsキットです。手のひらにのる直径80mmでの再現。目の可動ギミックパーツによってノーマル、つり目、たれ目など多彩な表情が演出可能です。手足の引き出しギミックによって、元気で可愛らしいハロが表現できるキットになっています。価格は1,980円(税込み)です。

2018年12月に発売されたFigure-rise Mechanics ハロ(以下、緑ハロ)をベースに、機動戦士ガンダムSEED DESTINY他に登場したピンクハロがキット化されました。緑ハロに比べ、外装はピンク成型色に、内部フレームの一部が新規造形パーツによって変化が加えられています。

球状で接地状態でのディスプレイは難しいので、付属の専用台座でディスプレイさせます。複数パーツの組わせによる内部メカが造形されているので、ずっしりとした重量感があります。

俯瞰。

外装は緑ハロと全く同じ形状。パーツの内側にはモールドが造形されています。

外装パーツを外した状態で。緑ハロは額に小型のハロが内蔵されていましたが、こちらは腹部に小型のハロが造形されています。内部フレームのモールドや造形も異なり、半分くらいが新規パーツ構成になっています。

内部フレームはメタリック調のパープルやグレー成型色での再現。

緑ハロと並べて。外装の形状などは同じ。台座は成型色がアイアン系の成型色になっています。

内部フレームを緑ハロと比較して。成型色も対称的なくらいに異なりますが、表裏の形状も違っているので全体的な印象も少し違います。表面は額のハロと目の周り、腹部のハロなど。裏面は中央の帯造形が違っています。

額(SIMユニットホルダー)には『HARO』と印字されています。目の側面には丸型のハイパーデュアルマイクシステムや網状のバイオミメティクスダイアフラム(高性能スピーカーユニット)が造形されています。

腹部のハロはメタリックパープル成型色。腹部ハロの目は緑ハロのように色分けされていません。このハロは高性能AIユニットです。

ハロの内部メカ下部には、前面から右回りに『H』 『A』『R』『O』と造形されています。

腹部は開閉可能で、内部にはボックスタイプのオールソリッドステイトバッテリー(以下バッテリーパーツ)が格納されています。

バッテリーパーツも緑ハロのものとはデザインが違っていました。『0086』や『H』のロゴが省かれ、通常の『HARO』のみが印字されています。

目は下部のレバーを動かすことで表情を変化させることができます。再現できるタイプは以下の『怒り』、『通常』、『悲しみ』の3タイプ。ちょっとわかりにくいですが、赤丸の部分にレバーを合わせると『通常』の状態になります。

内部構造は緑ハロと同じ。腕や脚が収納可能です。つなぎ目は複数パーツの組み合わせでフレキシブルに可動します。

外装パーツを取り付け、耳を開いた状態で簡単に演出。アクションベースなどへのディスプレイは出来ないので、この専用台座に乗せた状態で楽しむようになります。

手足を伸ばした状態で。ピンクハロならではの可愛らしさがあります。

クリアーピンクの外装パーツが付属。こちらも内外にモールドが入っています。

目の部分に穴が空いていない外装パーツとLEDユニットのライト組み込み用パーツ×2が付属。

目に穴が空いていない外装パーツは目の部分の厚みが薄いので、LEDで発光させた時に透けて、外装パーツに映り出るようになります。

ライト組み込み用パーツは台座裏に収納可能。穴が空いていない外装パーツを取り付けた時用の目シールが付属します。

内部フレームパーツが余剰で付属します。パーツが足りないので、緑ハロと同じ内部フレームで組むことはできません。

LEDユニットは別売りの発光ユニット2灯式を内蔵させます。こちらも電池(ボタン電池LR44×3)が別売りなので、それも用意する必要があります。

LEDユニットの内臓は、外装パーツを外し、腹部を展開させて目周りのパーツを外します。そしてLEDユニットのライトに接続パーツを組み込みます。分解は面倒ですが、パーツの組み合わせがそれほど硬くはないので、割とラクに内蔵できます。

ライトを目のパーツに埋め込み、LEDユニットと共に内部に押し込みます。コードはユニットを包むようにして、できるだけ干渉しないように収納していきます。

LEDユニットを発光させ、穴なしの外装パーツを被せた状態で。目の部分からライトが透けて赤く輝いています。画像と実物ではちょっと印象が違う感じ。実物は縦長の目の周りがボヤッとなっていて、画像のようにくっきりとした円にはなっていません。

目を動かして、怒り目の表情に。怒っても可愛いです「てやんでぃ!」(笑)

通常の穴空きパーツだと、目の部分がくっきりと発光した状態になります。

目の角度を変えた状態で穴あきパーツを取り付けるとこんな感じに。

「ミトメタクナーイ!」

クリアーパーツを被せた状態。内部フレームが確認できます。外装のモールドはきれいにラインとして出ているので、メカニカルな造形はそのまま活きた状態で表現されます。

クリアー外装パーツを被せた状態でLEDを発光。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。外装がピンクということで、独特の可愛らしさがありますし、ラクス所有ということで女性のマスコット的なファンシーさが表現されているような気がします。クリアー外装も鮮やかですし、内部フレームが露出するメカニカルな演出も緑ハロとは一味違った良さがあります。

欠点的にもそんなになく、緑ハロとほぼ変わらず外装パーツの合わせ目箇所に隙間ができやすいくらいなのと、LEDユニットなどを組み込むときに手間がかかるというくらいで、これらもそれほど不自由さはないですね。

内部メカも緑ハロとは違ったやや未来的なSEED系の造形になっていて、内部メカの腹部周り(右から一周してHAROと文字が造形)や額など各部に『HARO』が印字されるなど、ユニークさも併せ持つなかなか魅力的なキットでした。

⇒楽天でFigure-rise Mechanics ハロ[ピンク]を探す
⇒駿河屋でFigure-rise Mechanics ハロ[ピンク]を探す
⇒ヤフーショッピングでFigure-rise Mechanics ハロ[ピンク]を探す

コメントを残す