月刊ホビージャパン2019年1月号 レビュー

今回は月刊ホビージャパン2019年1月号のレビューをご紹介します!

届いてから既に半月くらい過ぎちゃってしまっていますが、忙しくて開封していなかったホビージャパン2019年1月号。今回は第21回オラザク選手権の特集です。いつものようにサクッとではありますが、レビューをどうぞ!

久々にガンプラ関連が第1特集になり、表紙もとんでもっぷりがいいミリタリー調のジム・スナイパーⅡが掲載されています。腹部のシャフトシリンダーやスナイパーライフルのメカメカしさ満載のディテール、作り込み感には惚れ惚れしてしまいます♪

目次1ページ目です。第1特集は表紙にも掲載されていたオラザク選手権受賞作品などの完全掲載。素晴らしい作品群の紹介ですね。そして第2特集は機動戦士ガンダムNTについて。「おっ!フェネクス!」と画像を見て唸りましたが、現在映画が公開中ということもあって、ナラティブ特集が組まれています。

目次2ページ目。特集以外にもガンプラ関連が多めです。それ以外のヤマトやフレームアームズ・ガール、MMシリーズにフィギュアなどもいつものように充実。

第1特集のオラザク選手権です。部門ごとに分かれていて、それぞれ基準が設けられているようですね。ちなみに表紙、巻頭共にグランプリ(大賞)受賞作品『ジムスナイパーPRO』が掲載されています。ガンプラビルダーズワールドカップ2018では日本の方のエクシアが優秀作品になっていましたが、こちらは中国の方の作品になります。海外のモデラーさんの技術力もホントにすごいですし、それと同時に、ワールドワイドなガンプラの凄さも改めて感じます。

それ以外にも(画像は撮影していませんが、)金賞のジオング&ゲルググのとんでもっぷりもジムスナイパーに負けずスゴイですし、これまでのガンプラにはない驚きや創造性のある作品が目白押し!スイカハロなんかもあって、ビーチボールみたいで笑えます(笑)(もちろんいい意味でです)。ガンプラとしてはキット化されていないMSもオリジナルで製作されていて、普通にキット化してもらいたいような完成度があります。

そして作品群だけでなく、撮影方法やカメラについてなどオラザク作品受賞のためのヒントも掲載されているので、オラザク選手権に応募、受賞したい方には必見の内容になっています。

第2特集のナラティブ特集です。トップページはフェネクス。まだ映画を見ていない方も、なんとなく「主役はフェネクスかよ!」と思ってしまうようなどこかのコメ欄にあったような・・・。ですがゴールドに輝くフェネクスが美しく掲載されていていい感じになっています。このフェネクスはプレバンから発売のMGフェネクス(ナラティブVer.)のメッキを生かして製作されているため、道具類も少なめで改修箇所もなく、手軽に作られています。

特集として、脚本福井晴敏氏のインタビューも掲載。映画はかなり評判がいいみたいなので、まだ見ていない方も、映画館が遠くて行けないという方も、DVDレンタルやアマゾンプライムなどのネット配信が始まればぜひ一度は見ておきたいですね。

ガンプラ関連では、改修されたHGのナラティブガンダムやジェスタ(シェザール隊仕様)、スクラッチビルドのMGナラティブガンダムなども掲載。MGνガンダムVer.Kaをベースにスクラッチされ、ナラティブガンダム本体だけでなくB装備まで製作されています。B装備で浮遊しているナラティブガンダムを見ると、まだ映画を見ていない自分としては見たくてたまらない気分になります;(このシーンはイメージ?)その他Blue-rayBOXを含め、RGペルフィクティビリティの情報についても掲載されています。

作例に関しては、キュベレイダムドのキャンディ塗装仕様や袖付きヤクト、ダブルオースカイのHWS、ザクⅡF2型、3Dモデリングのフェロウブースター付きインターセプトカスタムなどなど。雑誌の半分くらいをガンプラ関連が締めていて見どころが満載でした。

以上です。今回のHJはオラザクやガンダムNT特集など、ガンダム、ガンプラ関連の特集が多かったので、こちらも語り尽くせないくらいいろいろ気になる内容が多かったです。オラザク、いつもの作例を含め、素晴らしいガンプラ作品が掲載されているので、一つのガンプラ、ガンダム情報雑誌として充実した一冊になっていると思います。オラザク応募のコツなども掲載されていますし、製作ノウハウもしっかりと掲載されているので、いろんな面でのレベルアップにも役立ちますね。

⇒楽天で月刊ホビージャパン2019年1月号を探す
⇒駿河屋で月刊ホビージャパン2019年1月号を探す
⇒ヤフーショッピングで月刊ホビージャパン2019年1月号を探す

⇒月刊ホビージャパンの定期購読はこちら


4 件のコメントがあります。

  1. 通りすがり

    on 2018年12月20日 at 18:43 - 返信

    雑誌の記事の無断転載は著作権法違反ですよ。

    • nori

      on 2018年12月20日 at 22:13 - 返信

      コメントありがとうございます!
      現在ホビージャパンに問い合わせ中ですm(_ _)m

  2. 通りすがり

    on 2019年1月16日 at 17:39 - 返信

    ホビージャパンの見解です。

    いつもホビージャパンならびに当編集部の出版物をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

    最近、一部の心ない読者の方により、ホビージャパンの誌面の一部が無断でwebサイト上に掲載される行為が見受けられます。

    ホビージャパンの誌面は弊社の著作物であり、 その誌面を無断転載する行為は著作権侵害です。
    法律により、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方が課せられます。

    軽はずみな無断転載行為は、弊社や関係各社はもちろん、 読者の皆さまにも大変な不利益をもたらすばかりか、 無断転載行為をした本人にも重い刑罰が下る犯罪です。

    読者の皆さまには、決して無断転載行為をされないよう、 お願い申し上げます。

    株式会社ホビージャパン

    きちんと理解しましょうね。

    • nori

      on 2019年1月16日 at 21:42 - 返信

      コメントありがとうございます。
      株式会社ホビージャパン様には、現在掲載内容について、メールにて問い合わせをさせていただいております。
      掲載に関するご回答につきましては、お送りしたメールにてご返信いただけると幸いです。
      お手数ですが宜しくお願い致します。

コメントを残す