月刊ホビージャパン2018年7月号 レビュー

今回は月刊ホビージャパン2018年7月号のレビューをご紹介します!

月間ボビージャパンは7月号からデザインが一新。これまでのホビージャパンの表紙ではタイトルにポップなフォントが使用されていましたが、7月号からはタイトルが小さくなり、『HJ』の頭文字が中央に配置されるデザインになっています。

今回の特集は、リニューアル記念号『僕たち私たちの週末モデリング日記』と題して、週末の休みに手軽で高品質にガンプラ制作ができる内容が紹介されています。使いやすいアイテムや簡単な制作方法などが紹介されているので、週末モデラーにとってはまさにリアルタイムな情報になっているのではないでしょうか。

それでは中身のデザインも変わり、ワンランク上の月刊誌として一新されたホビージャパン7月号を簡単にレビューしてきたいと思います。少し新鮮な気分で見ることができますよ♪

まずは表紙から。表紙は先程ご紹介したような少し大人な感じのデザインに変更され、背景には隙間なくプラモが並べられた店舗棚のような写真が掲載されています。特集は『僕たち私たちの週末モデリング日記』の他に、今月発売されたMGガンダムF91Ver.2.0の徹底解析など。

関係ないですけど、表紙をめくって気になるものがあったのでちょっとピックアップしてみました。それはベアブリックのくっきー(ミスティ)バージョン。とんでもないデザインの多いベアブリックですが、なんともおぞましいものを見た気がします^_^; でも良く似ていて、キモかわいい感じがありますね・・・多分;

目次デザインも大きく変化し、かなりさっぱりとしたデザインになって見やすくなっています。画像もなくし、主要タイトルのみ掲載した感じに変化しました。スペースをうまく確保するのが上品さを高める一つの手みたいですね。

特集は3つ。週末モデリング日記とMGガンダムF91Ver.2.0特集の他に、ソユーズロケットやロシア宇宙開発についても特集されています。こちらも気になる内容です。

続いて目次2メージ目。ガンプラも多く掲載されていますし、キャラクターモデルやその他のシリーズものなど、いつものように模型情報がたんまり紹介されています。

では今回の特集『僕たち私たちの週末モデリング日記』。スーツを着こなした男性が、商品を購入してタミヤプラモデルファクトリーから出てくるシーンが撮影されています。いきなりこの写真ですから、どこかのファッション誌のような雰囲気が味わえて新鮮でした。大人の週末モデラー感が感じられる一枚だと思います。

特集のはじめはお手軽仕上げやウェザリングなど、時間をかけずにできて使いやすいアイテムの紹介。省スペースで作業できるアイテムや匂いが気にならない塗料などの紹介もされているので、ご家庭で肩身が狭い思いをしているモデラーさんにもありがたい情報になっています。

そしてMGガンダムF91Ver.2.0やHGイフリート改を使ったお手軽仕上げやウェザリングなども、短時間で制作する方法が掲載されているのでとても助かります。自分が普段やらない制作方法も掲載されているのが新鮮でした。今度真似してみよっかな。

ガンプラだけでなく、戦車や空母なども週末の短い時間で制作できてしまうノウハウも掲載されていて、それほど手間をかけずにとても質の高いキットが制作できているのがすごいと思いました。この他にもトムキャットやバイク、カーモデルなども同じように掲載されています。

続いての特集は今月発売になったMGガンダムF91Ver.2.0。開発秘話や各部ギミック紹介、お手軽仕上げや旧キットとの比較なども掲載されています。旧キットにシーブックのフィギュアが付属しているのでVer.2.0ではセシリーフィギュアが付属しているんですね。両方買うと二人が揃えられるという遊び心らしいです。RE/100ビギナにはフィギュアが付属しないのかな?

F91Ver.2.0の他には、「人間だけを殺す機械かよっ!!」で散っていったヘビーガンやGキャノンを使ったジオラマ、(かなりリアルです。)セイラ・マスオ氏によるHGガンダムF91なども掲載されています。マスオディテールは健在で、細かい造形の完成品になっています。

ガンダムビルドダイバーズではHGガンダムダブルオーダイバー制作時の注意点やうっかりミス時のリカバリー方法、エアブラシを使わないお手軽仕上げなどが掲載。

ジムⅢビームマスターではビルドカスタムパーツを使ったカスタマイズ法、モモカプルでは小改修、ダブルオーダイバーエース、グリモアレッドベレー ティルトローターパック装備型、オーガ刀-X、セラヴィーガンダムシェヘラザードといった発売中のキットには本格的な手が加えられた高品質の完成品が掲載されています。モモカプルには足を外したキャラッガイやプチッガイが内蔵できるようですね。

その他にも、フィギュアライズバストなどの肌質キット考察からリーオーなどの新しい構造解析、MGアドヘイやRE/100ガンキャノン・ディテクター(Z-MSV)、HGヘビーガンダム、イフリート・ナハトといった見逃せないガンプラ情報がたんまり。ガンプラ以外ではソユーズロケットやボストークなどのロケット模型特集やミリタリーモデル、フィギュアなど、その他の情報も充実しています。

以上です。著作権の問題もあるのであまり多くの画像は載せないようにしているんですけど、いい情報が多いのでどうしても紹介したくなってしまいます;特にガンプラの完成度は今回も高めで、ガンダムビルドダイバーズの各キットの完成度は素晴らしく、自分も是非参考にしたくなっちゃいます。グリモアやシェヘラザードは特に参考にしたいですね。

今回はガンプラの情報が多めですし、特集は短時間で作れる制作法など、ガンプラを主とするモデラーさんにはとても中身の濃い内容に仕上がっていると思います。間違いない情報が詰まっているので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

⇒楽天で月刊ホビージャパン2018年7月号を探す
⇒駿河屋で月刊ホビージャパン2018年7月号を探す
⇒ヤフーショッピングで月刊ホビージャパン2018年7月号を探す

⇒月刊ホビージャパンの定期購読はこちら


コメントを残す