月刊ホビージャパン2018年6月号 レビュー

今回は月刊ホビージャパン2018年6月号のレビューをご紹介します!

発売から既に半月くらい経っちゃってますが、ホビージャパン6月号が発売されましたのでレビューしていきたいと思います。

今回のホビージャパンは今タイムリーなガンダムビルドダイバーズ特集。この作品からガンダムを見始めた方やキッズ達はもちろん、今からガンプラ製作を初めてみようかなと思っている方にも取り組みやすいガンプラ製作方法が紹介されています。

ホビージャパンを毎号読んでいる方にとってはこの特集は物足りないかもしれませんが、その分、他のガンプラや作品も多数紹介されているので、いつもどおり中身の濃い一冊になってますよ。では簡単にレビューをどうぞ~。

表紙は塗装済みのHGBDガンダムダブルオーダイバーキットやランナーなどが掲載され、制作のイメージを膨らませてくれるようなデザインになっています。

その他の特集はフルメタル・パニックと現在映画公開中のパシフィック・リム アップライジング。ガンダムはいつもに比べると少し控えめですが、ここぞとばかりにその他の作品が充実しています。

目次1ページ目。表紙でご紹介した特集がデン!と3種並んでいます。グリモアレッドベレーが掲載されていますが、このキットは色んな意味で興味のある一機かと思います。作品ももちろん掲載されているので、製作の参考にするのもいいですね。

目次2ページ目。コードギアス、初音ミク、フレームアームズ、ゴジラ、スター・ウォーズ、ガルパン、ミリタリーモデル、戦車、戦艦、カーモデルなどがわさわさです。相変わらずスゴイ作品群が目を引きます。

では巻頭特集のガンダムビルドダイバーズ ~ガンプラ作りはじめませんか?~。これまで発売されているHGBDキットをベースに、初心者の方にもわかりやすい超基本的な製作方法などが掲載されています。

画像は撮影していないですけど、特集の一発目はお台場のガンダムベース東京特集。劇中でもそれらしい施設が登場していますし、この作品とは切っても切れない関係になっているようですね;近くに住んでいたら絶対に行くんですけど、何分地方在住なもので・・・_| ̄|◯

それでは各ページをチラッと。HGBDダブルオーダイバーを身近な工具類を使って一から製作する方法が掲載されています。製作中に起こるイレギュラーやワンポイントテクニックも掲載されているので、組み立てのアドバイスとして頭に入れておくといいですね。

その他にもダブルオーダイバーの小改修やAGEⅡマグナム、ジムⅢビームマスター、グリモアレッドベレーの改修作品も掲載されていますし、今後続々と発売されるキットの情報も掲載され、ガンダムビルドダイバーズの世界観をより広く感じられる内容になっています。

ガンダムビルドダイバーズ特集以外では、いつもと同じく最近発売になったRGトールギスEWやHGUC陸戦型ガンダム、HGガンダムFSDなどの改修作品が掲載。陸戦型ガンダムは地上戦セットからホバートラックを組み合わせて砂漠のシーンを再現したり、FSDはガンダムエース付録のロングレンジビームライフルを装備していたりと相変わらず素晴らしい作品群になっています。

それ以外にもMGジム・スナイパーⅡをスナカス仕様にしたり、SDガンダムに登場したキャプテンガンダムを作ったり、ガンダム・センチネル版バーザムをミキシングで製作したり、サンダーボルトからスパルタン搭載機各種が掲載されていたりと、全体的にボリュームは控えめながらもそれを感じさせないくらいの充実した内容になっています。

ガンダム以外では、フルメタル・パニックキットの改修などが深く掲載されています。作品自体はあまり知らないんですけど、基本的な製作から、ガンプラ並の細かい改修方法などについても掲載されているので、ファンにはたまらない内容になっていると思います。

パシフィック・リム アップライジングについては、作品紹介も面白く、ジオラマも造形がよく出来ていて楽しめるものでした。もちろん素晴らしい作品なんですけど、怪獣相手なだけにジオラマ化するとウルトラマンに見えなくもない・・・気がします;ジオラマに映っている建物の看板がまた特徴的^_^ (看板が見たい方はぜひホビージャパン6月号を入手です)

コードギアスやフィギュア系、ミリタリー系も充実。戦車などはいつものようにハイレベルの製作方法が掲載されていますし、フィギュアも萌え萌えの新作などがたっぷりと掲載されています。個人的には画像右上のショーケースが気になりましたが、お値段が数万円ということで、見るだけにとどめておきました;

以上です。個人的な意見にはなりますが、巻頭特集はそこまでって感じではなかったですけど、グリモアレッドベレーやMGジムスナを使ったスナカス仕様などはちょっと見逃せない作品ですね。製作の参考にもしたいですし、良く出来ているなと感心させられる作品になっていると思います。

それ意外にもパシフィック・リム アップライジングのジオラマ完成度は高いですし、作品を見ていると更に引き込まれそうになるくらい。ガンダム系はいつもより少なめではありますが、それでも侮れないホビージャパンの底力が感じられる一冊でした。

⇒楽天で月刊ホビージャパン2018年6月号を探す
⇒駿河屋で月刊ホビージャパン2018年6月号を探す
⇒ヤフーショッピングで月刊ホビージャパン2018年6月号を探す

⇒月刊ホビージャパンの定期購読はこちら


3 件のコメントがあります。

  1. 安藤 隆浩

    on 2018年5月13日 at 21:25 - 返信

    こんにちはorこんばんは。

    お元気でしたか?
    ディープストライカー以来のコメントとなります。
     
    ホビージャパン6月号は立ち読みだけで買いませんでした。
    買ったガンプラの作例が載っていれば買うのですけどね
    ホビー関連で色々予約をしてしまって金欠確定なので1000円も
    懐に痛い現状です…
     
    HGガンダムTR-6ウーンドウォート2個に始まり
    MGフルドド2カラーを2個、ロボット魂のゼータプラスC1
    メタルビルドのレーバテインVer.IV
    ネクストエッジのガンダムMK-V
    再販のHG νガンダムHWS
     
    更に順調に積みプラが積まれている状態です。
    Gサンドロック・アルトロン・ヘビーアームズEW
    ZZガンダムVer・Kaに強化型パーツ
    ヘイズル改・ヘイズル実戦配備カラー3個
    WガンダムゼロEWドライツバーク
    まだディープストライカーも組んでない。

    最近は以前組んだMGリ・ガズィのフェイス顎部分を
    ニッパーで切って小顔にしたくらいです、随分見た目が変わり
    カッコ可愛くなってしまいました。
    夏にはMGでジェガンが発売するから、リ・ガズィもVer.Kaで
    発売してほしい所です。 
     
    GW中サイトが閲覧出来なかったり繋がなかったりしていたので
    自分の家のWIFIルーターが故障したり通信障害が起きてるのかなぁ
    と思っていました。
     
    まぁ誹謗中傷する人や批判する人と自分とは価値観が違うのかもしれないし
    相手は自分が見えてないから腹癒せやストレス発散も兼ねて、そんな事するんだろうね。
     
    自分は今年37になるのだが、何時までもプラモデルとかフィギュアを
    やめられないから会社の上司にかなり嫌味とか言われるけど、この頃は
    気にしなくなりました。
    適当に受け流せるようになったし、また言ってきたか!って感じで(笑)
     
    何かに夢中になれるって生きる糧ですし自分らしさには必要ですもの。

    • nori

      on 2018年5月16日 at 23:02 - 返信

      コメントありがとうございます!お久しぶりですm(_ _)m
      MGフルドドなんかは複数買いしないと完全な形態にならなかったりで、最近はなかなかお財布に厳しいガンプラ事情ですよね^_^;
      発売ペースもハンパないので、その分積みもたんまりって感じ。
      でもその積みが優越感だったりしますしね。

      リ・ガズィVer.Ka賛成です!RGサザビー・MGジェガン、逆シャアつながりで是非って感じです^_^

      サイトに関しては閲覧できない時期があってご心配をおかけしましたm(_ _)m
      記事数も増えてきただけに、扱いは慎重にしないとです;

      サイト閲覧者様が増えると誹謗中傷を含め、いろんな意見がありますよね。難しいですね;
      自分もコメントの最後の一文には納得です。夢中になれることがあるというのは人生の楽しみや癒やしの1つだと思いますし、ガンプラやガンダムも素晴らしい作品なので年齢が何歳であろうと楽しめるものだと思います。既に文化レベルのものだと思いますしね。ガンダムがどんな内容か知っていれば嫌味とかもでないような気もします;
      自分も少なからず同じような体験をしている一人ですし、そういった部分でももっと世間にガンダムについての知識が広まればなと思っています。

      ちょっと返信がバラバラな構成になっちゃってるかもしれませんがスイマセン^_^;
      深いコメントを頂き感謝ですm(_ _)m

  2. Re-Z

    on 2018年5月19日 at 07:53 - 返信

    おはようございます。いつも楽しく拝見させて頂きます。私もこの号のホビージャパンはフルメタルパニックのASスピード工作の記事が気になって購入しました。来月はスピード工作の特集みたいなので、購入しようと思っています。でも追い付かずに積んでますけれども。
    ビルドダイバーズの記事でガンダムベース東京と思われる描写があると書いてありましたが、商品の陳列、店員さんの制服、工作室と全部そのまんまです。流石に3Dプリンターでオリジナルパーツの作成出来ませんけど。あとビルドダイバーズの登場人物のケイイチサンのモデルはマイスター関田さんだと思われます。東京方面にお越しの際は近くにタミヤプラモデルファクトリー東京もありますので、そちらもお勧めします。

コメントを残す