月刊ホビージャパン2017年10月号 レビュー

今回は月刊ホビージャパン2017年10月号のレビューをご紹介します!

2017年8月25日に月刊ホビージャパン2017年10月号が発売になりました。このところガンプラレビューが続いたので、発売から少し経ってからのレビューとなりますが、かる~くご紹介していきたいと思います(^^)

10月号のメインはRX-0の特集です。RGやメガサイズモデルのガンプラが発売され、お台場の等身大立像もいよいよ公開間近のRX-0ユニコーンガンダムですが、このホビージャパンではRGとメガサイズモデルの徹底キットレビューが紹介されています。

お手軽の製作工程も紹介されているので、多くの方が入手したであろうRGユニコーンガンダムの製作方法を知りたい場合は入手必須ともいえる一冊になっています。

なお、マガジンということで著作権の問題もありますので、今回もサクッとご紹介する程度になります。画像をクリックしても大きな画像にはなりませんのでご了承下さいm(_ _)m ではレビューをどうぞ。

表紙はRX-0・・・これはRGですかねー宇宙を翔るRX-0が掲載されています。サイコフレーム発光状態を加工で再現してあって、なかなかリアルな画像になっています。でも赤いのでデストロイモードでちょっと悪い感じですね^_^;緑発光だといい子ちゃんっぽく見えるんですけど・・・・。

特集第2弾はガンダムビルドファイターズシリーズキットが紹介されています。ビルドストライクコスモスとスターバーニングガンダムですね。

チラシが一枚同梱されていました。『メタルヒーロー怪人デザイン大鑑』の紹介です。ギャバンやデカレンジャーといった作品に登場する怪人のデザイン画がたっぷり!怪人ファンにはたまらない一冊かもです。

では目次です。今回はガンダムはやや少なめで、その分フィギュアなどが充実しています。ガンダムファンはユニコやビルドファイターズ系キットの作り方が楽しめ、フィギュア、他のシリーズなどのファンもいつも以上に楽しめる内容になっているので幅広い層向けって感じです。

まずはRX-0の徹底キットレビューです。機動戦士ガンダムUC RE:0096のOPに見られたビーム・マグナム射撃ポーズが掲載。印象深いです^_^

はじめの方はRGユニコーンガンダムのキットレビューが数ページに渡って紹介されています。キット構成や素組みと塗装済みキットの比較、キットの特徴などが細かく掲載されていて、思わずRGユニコーンガンダムが欲しくなるようなレビューになっています。

続いてRGユニコーンガンダムの簡単製作法が細かく順を追って掲載されています。ページをご紹介できないのが残念ですが、デザインナイフやガンダムマーカーを使った初心者の方に優しい製作方法が紹介されているので必見です。

続いてメガサイズモデルのキットレビューです。こちらもレビューが数ページに渡って紹介されています。ちょっとした改修部分も掲載されているので、製作の参考になるかもです。

特集第2弾のガンダムビルドファイターズ系キット紹介です。紹介されているのは画像に掲載されているHGBFスターバーニングガンダム、HGBF忍パルスガンダム、HGBF GM/GM、HGBF チナッガイ、HGBFハンブラビスバンなど。やっぱり塗装をすると、キットがひと味もふた味も違って見えますね。

小改修を施して塗装された忍パルスガンダム。色合いがよく、塗装の参考にもなります。

HGBF GM/GMを改修して作ったGM BITです。HGAC ガンダムXからサテライトキャノンを流用することで少し高度な改修が施してあります。懐かしいですなぁ(〃∇〃) さらにGM/GMのページには、オレンジ色の部分を緑に塗装したエゥーゴ仕様も紹介されていて、一味違ったGM/GMも楽しめるようになっています。

さらにRGビルドストライクガンダムフルパッケージを改修することで、GMの逆襲に登場したビルドストライクコスモスが掲載されています。各部の細かい箇所にディテールが追加してあって、メカらしさがありつつもストーリーに沿ったガンプラ感を損なわないような作りになっています。

特集意外にも新作キットの紹介やクロスボーン・ガンダム リヴェルタ、ジム・スナイパー、ブルーディスティニー系キットの改修完成品も掲載。外部式ジェネレーターの新造参考にもなりそうです。

HGガンダムアスタロトリナシメントのお手軽制作方法も紹介されています。前述したRGユニコ制作方法もこんな感じで掲載されていました。

それにしても相変わらず中身が濃いですね!各キットの改修部分は普段の製作にも役に立ちますし、同じようにできればきれいに仕上がると思います。本当に参考になりますね^_^

その他のページもこんな感じなので一通りどうぞ。

以上です。今回はRGユニコの作り方を知ることができるだけでも十分なくらいですが、相変わらず情報量は多いですし、1ヶ月では読み尽くせないボリューム感があります。

付属のシールや簡単なガンダムマーカーなどを使うだけでもこれだけよく仕上がるんだというのがわかりますし、忙しい社会人でもサクサクと作ってディスプレイしておけるくらいのガンプラノウハウが掲載されているのがいいですね。

⇒楽天でホビージャパン2017年10月号を探す
⇒駿河屋でホビージャパン2017年10月号を探す
⇒ヤフーショッピングでホビージャパン2017年10月号を探す


4 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年9月11日 at 19:52 - 返信

    nori様

    こんばんは。

    ホビージャパン私も読みました。
    通常通りの情報満載でしたが、先月号が永久保存版!!の出来だったので
    今月号は物足りなく感じてしまいました。
    普通で満足出来ないなんて人間は欲張りですね(^_^;)

    • nori

      on 2017年9月11日 at 22:16 - 返信

      コメントありがとうございます!
      先月号(9月号)はホントにボリューム満点のホビージャパンでしたね!
      確かに9月号と比べると10月号が物足りなく感じるかもです^_^

      ガンプラページはあれっ?こんなもんかな?って感じもありましたが、その分フィギュア系などはページが多いな・・・なんて^_^;
      9月号で多めに特集した分、今回はちょっと抑えめにっていう流れもあるのかもしれませんね。

  2. ロキ

    on 2017年9月11日 at 23:55 - 返信

    これ、著作権大丈夫なの?

    • nori

      on 2017年9月12日 at 19:46 - 返信

      コメントありがとうございます!
      現在株式会社ホビージャパンに問い合わせ中ですm(_ _)m

コメントを残す