SD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は三色響阮(さんしききょうげん)を保持して腕を組み合う大喬ガンダムアルテミーと小喬GNアーチャーの姿が掲載。少女のような幼さを感じさせる表情になっています。他のキャラクターとは違ってあまり攻撃的なポーズでないのがいいですね。ゴ・エリアのキットなのでパッケージフレームはレッド。

パッケージサイズはHGBCなどのオプションセットよりも1cm程度幅がありますが、SD三国創傑伝シリーズの中では小さめ。

横絵は大喬ガンダムアルテミー、小喬GNアーチャーの詳細や洗濯式でどちらかがチョイス可能であること、三色響阮(さんしききょうげん)の斧形態、銃形態、そしてゲンメモリについて記載されています。

開封。

全部で3袋分のランナーです。

説明書。三国志での大喬と小喬は呉の喬公の二人娘で、大喬が孫策の妻、小喬が周瑜の妻となったそう。ともに美貌で兵書を好んだといわれ、画題にもなっているようです。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。SD 三国創傑伝シリーズのフォーマットですが、フレームパーツは女性らしいフォルムのSJP-2を使用。大柄な装備もなく、ベーシックな造りで組み立ても簡単です。完成後でも大喬ガンダムアルテミーと小喬GNアーチャーの組み替えは可能。武装の三色響阮も阮の雰囲気がリアルに再現されていていいですね。

カラーガイドの記載はありません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑↑B、Cランナー。Bはブラック成型色で、胴体部や関節などのフレームパーツです。Cはダークブルー成型色で、腰部や三色響阮用パーツ。

↑D、Eランナー。Dはゴールド成型色で、頭部や腰部、腕部、脚部、三色響阮など各部の装飾パーツです。Eはクリアーレッド成型色で、頭部や胴体部、三色響阮、ゲンメモリなど。

↑Fランナーとホイルシール。Fはクリアーイエロー成型色で、頭部や胴体部、三色響阮パーツ、ゲンメモリなど。

↑Gランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、四肢各部の外装パーツ類です。

以上です。SD三国創傑伝内で女性キャラクターは多くはないので、このような細身のキャラクターはシーン演出に幅が出ていいですね。ただ、劇中では常に共に行動しているため、どうせならコンパチではなく2体とも組めるようになっていても良かったのかなと思います。2体並べるとかなり華になるキットなので、1体しか買っていないことにちょっと後悔・・・;

⇒あみあみでSD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーを探す
⇒楽天でSD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーを探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーを探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 大喬ガンダムアルテミー/小喬GNアーチャーを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す