SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はIフィールド・ランチャー発射直前のシスクード(ティターンズカラー)が掲載。白いシスクード(エゥーゴカラー)とは異なるポージングで掲載されています。ギラリと光るモノアイが特徴的。ガンダムのモノアイがあるなら、ザクのツインアイも・・・・ないか;

パッケージサイズは一般的なHGよりも薄型。白いシスクードと同じ大きさです。

横絵もポージングが異なるだけで記載内容は同じ。

開封。まぁ中身もエゥーゴカラーのシスクードと同じですよね。キット自体の配色は部分的に違っていますが、ランナーのパーツ配列などはすべて同じなので特別追加の余剰パーツもありません。

全部で2袋分のランナー。

説明書はポージングもエゥーゴカラーのものと同じです。カラーリングが違っているのみ。記載されている内容も全く同じです。共にCSフレームはグレーを使用するため、同じグレーのフレームが使用されているフリーダムとシスクード(エゥーゴカラー)が掲載されています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。基本的なSDCSキットの構造ですが、若干色分けが細かくしてあるかなという印象です。バインダーもヒンジ構造で可動が細かく再現されているのでリアルさがありますね。これらのような部分的な細かさはありますが、全体的な組み立てはそんなに複雑ではないのでサクッと組み立てられます。(組立工程が白いシスクードと全く同じなので、そちらの記事から引用しました。)

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。グレー成型色のSDフレームパーツです。ニッパーを使わなくても、手でパーツを切り取ることができます。

↑B1ランナー。レッド、明るめのダークブルー、濃いめのダークブルーのイロプラランナーです。各部外装やバインダー、頭部パーツなど。

↑B2ランナー。イエロー、明るめのダークブルー、濃いめのダークブルーのイロプラランナーで、頭部や腰部、胸部パーツなど。

↑B3ランナー。レッド、明るめのダークブルー、濃いめのダークブルーのイロプラランナーで、B1の一部と同じです。

↑Cランナー。ダークグレー成型色で、Iフィールド・ランチャーや胸部パーツ、バインダーパーツなど。

↑SB6(クリアーピンクのサーベル刃)、ジュエルシール、ホイルシールです。

以上です。次に発売が予定されているSDCSは陸ガンですが、その次はまだ発表がないので何がくるか楽しみです♪ 個人的な希望としてはサザビーかな?ν(ニュー)やZZ、ストフリもそのうちくるんでしょうね。

思い切ってウーンドウォートをキット化し、HGと同じように派生機をキット化していくのも面白いと思うんですけどどうでしょう。そしてインレまで。SDCSだとそこまで大きくはならないでしょうし、取り扱いや耐久性も高くできる気がします。ペイルライダーやバルバトスなんかもいいなぁ。

⇒楽天でSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す
⇒駿河屋でSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す

コメントを残す