RG トールギスⅢ レビュー

今回は、RG 1/144 トールギスⅢのレビューをご紹介します!

RG トールギスⅢは、『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場するゼクス・マーキス専用MS『トールギスⅢ』の1/144スケールモデルキットです。細密表現と”リアル”を追求したRGシリーズで商品化。特徴的な各部形状の他、メガキャノンやヒートロッド、シールドといった専用武器が新造されたキットになっています。価格は3,080円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

「火消しの風・ウインド」ことゼクスの搭乗機として『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場するトールギスⅢがRGでキット化。2018年4月に発売されたRGトールギスEWをベースに、フェイスや肩部、襟部などがトールギスⅢ用に新造されています。

成型色はホワイトとブルーのツートンカラー。ただ、RGトールギスⅡとは異なり、全体的に内部フレームを含めたホワイトが主体の配色構成になっています。ホワイトは艶ありと艶なしの2色で構成され、ブルーは艶なしの2色構成。気品のあるトールギスに仕上がっています。

外装はほぼアンダーゲート仕様で、組み合わせても極力ゲート跡がでない、素組みでの完成度を追求したキットになっています。

脚部の一部や腕部にアドバンスド・MS・ジョイントを使用し、可動は柔軟。関節強度もまずまず高めです。ただ、経年劣化などで多少ゆるさも出てくる可能性も。他のトールギスと同様に背中にスーパーバーニアを装備していますが、足裏の接地状態もよく、自立は安定しています。

アドバンスド・MS・ジョイントはホワイト成型色になっています。

頭部をトールギスEWと比較して。トールギスEWとは全く異なる形状。各部とも新造されたパーツでの構成になっています。(設定ではヴァイエイト/メリクリウスと同系統とのこと)頬の装甲は青く塗り分けが必要です。アイはクリアーパーツにシールを貼っての色分けですが、貼る位置がわかりにくいので間違えないように注意が必要です。

フェイスカバーを外すと正方形のリーオータイプカメラアイが露出。今回はカメラアイにシールを貼ってみました。

RGトールギスEW、RGトールギスⅡ、RGトールギスⅢの頭部を並べて比較。それぞれ印象の違ったものになっています。

胸部をトールギスEWと並べて。造形自体はほぼ同じですが、トールギスⅢはあまり細かい色分けはなく、ホワイトとブルーのシンプルなものになっています。

襟はトールギスEWだと1個パーツ構成ですが、トールギスⅢでは新造された2個パーツによる色分けとなっています。

コックピットハッチは開閉可能。内部は簡単なシートが造形されているのみです。

リアアーマーの形状もトールギスEWから変わらずですが、ブルー成型色構成になっています。サイドアーマーは上部の装甲がブルー成型色。

リアアーマーの装甲は大きく展開が可能。内部もバーニアなどが造形されています。画像は用意していないですが、サイドアーマーも少し展開します。

フロントアーマーを跳ね上げることで、股部のバーニアが同時に展開します。

サイドアーマーやリアアーマー裏はかなりメカニカルな造形になっています。サイドアーマーにはボールジョイント型のパーツが付属していて、大腿部と接続が可能。股間部にはスライドギミックがあり、脚部の可動域を広げることができます。

腕部をトールギスEWと並べて。ショルダーアーマーが大型化されています。それ以外の形状は同じですが、ハンドパーツや肘内部まですべてホワイトでまとめられています。

二の腕は前腕はアドバンスド・MS・ジョイントの内部フレームに筒型の外装をはめ込む仕様。合わせ目はありません。肘は予め角度がついた状態で、完全に伸ばし切ることはできないようになっています。

ショルダーアーマーも白一色ですが、トールギスⅢ用に大型化されたものになっています。複数パーツでリアルに造形されています。側面のアームジョイント部は、トールギスEWなどのようなハッチはなく、穴がむき出しの状態になっています。

脚部もトールギスEWと同じ形状ですが、モールドなどもすべてホワイト成型色によるパーツ構成になっています。

側面は大腿部は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。サイドアーマーとのジョイント部も造形。膝から下も前後挟み込みタイプですが、側面は一部パーツによる色分けで合わせ目も段落ちモールド化されています。

ソール部もすべてホワイト成型色による構成。つやありとつや消しパーツによる組み合わせですが、トールギス系の中でも少し異質な配色になっています。

背面には左右対称のスーパーバーニアを装備。形状自体はトールギスEWと同じですが、全体的にブルー成型色でまとめられ、ブルーも2色の構成になっています。

スーパーバーニアのアームは胸部脇から伸びるEW版タイプ。複数パーツ構成でフレキシブルに可動します。

スーパーバーニア。複数パーツの組み合わせで細かく造形されています。

各部が展開可能。側面のウイングを展開させることで内部のバーニアが左右同位置に配置されたり、内部の軸をスライドさせることで上部の小型装甲が展開するなど、バーニアが展開させやすい構造にもなっています。

トールギスEWのスーパーバーニアと並べて。カラーリングが異なるのでまた違った印象のスーパーバーニアを楽しむことができます。

トールギス(右からRGトールギスEW、RGトールギスⅢ、RGトールギスⅡ)をそれぞれ並べて。どれも成型色や頭部形状などが違っているので特徴的。

ショルダーアーマーが大型されていますが、腕の可動域はトールギスEWと殆ど変わらないようです。

それ以外の可動はトールギスEWと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒RG トールギス EW レビュー

シールド、メガキャノン、フレキシブルアーム(メガキャノン用、シールド用)、ヒートロッド、平手(左右)、武器持ち手(左右)突き型の武器持ち手(右)、ビーム・サーベル刃(クリアーピンク☓2)、アクションベース用マウントパーツ、ゼクスフィギュアが付属。

トールギスEW用の余剰パーツがいくつか付属。頭部など各部パーツが不足しているので、トールギスEWとして組むことはできません。

リアリスティックデカールが付属。頭部のシールのみ貼っています。

ゼクスフィギュア。パイロットスーツのゼクスが造形されています。

シールド。複数パーツ構成による、トールギスⅢならではの造形が再現されています。

上部のダクト内部もパーツによる色分けで再現。サーベルマウント部やグリップも可動します。

ヒートロッド。リード線を軸に、同型パーツの連結によって構成されています。設定ではエピオンと同型のものになっています。

シールド下部のスピア部分を外すことでヒートロッドが接続可能。

メガキャノン。こちらも複数パーツによる組み合わせで、色分けなども細かく造形されています。合わせ目なども段落ちモールド化されています。

砲口はレールが伸縮可能。

砲身も上下にスライド展開することができます。

グリップは前後に可動します。

メガキャノンは肩にフレキシブルアームを接続して装備させます。アームの強度も高めなので、持ち手でグリップを握らせなくても余裕で装備できています。

グリップもダボ固定でしっかりと保持が可能。持ち手パーツが取り付けにくいので、グリップの装甲部分を外してグリップを握らせたほうがラクです。

シールドもフレキシブルアームを接続しての装備となります。外側に広がった状態になるので、フレキシブルアームを適度に可動させて好みの配置にさせるとよいかと。

メガキャノンとシールドを装備した状態で。両肩に武器を装備したワイルドなスタイルになります。

各部を動かしてもそれほど干渉はなく、割と自由なポージングが取れますね。背中のストッパーを外すと胸を張った姿勢にもできるのでポージングに融通が効きやすいです。

メガキャノンの射撃体勢で。メガキャノンが肩と連結している分、射撃ポーズは自由が制限されやすいです。かっこいいポージングをさせたいなら、フレキシブルアームの調整が肝になってきそう。

スーパーバーニアを展開するだけでもスゴイ迫力。

スーパーバーニアや腰アーマー類を細かく展開させる場合は、各部が閉じやすいので、きれいな姿勢を保つには細かな調整が必要そうです。ですがうまく展開させると、ダイナミックなポージングが楽しめます。

適当に何枚かどうぞ。

シールドにヒートロッドを装備して、トールギスⅢならではの攻撃態勢を再現。

突き型の持ち手でビームサーベルを突き刺すようなポージングも再現可能。

以上です。スーパーバーニアはもちろん、メガキャノンや特徴的なシールドによって、トールギスEWやトールギスⅡとは一味違った重武装感が味わえるキットになっていますね。どの武装も細かく造形され、リアルさが感じられるものになっていると思います。

気になる点としては、スーパーバーニアが閉じやすいのと、メガキャノンをしっかりと伸ばした状態での射撃ポーズが難しかったりして、多少取り扱いや保持が難しいところがありました。ただ、メガキャノンの保持はフレキシブルアームをうまく可動させればある程度こなせると思いますし、スーパーバーニアは一旦開いてしまえば特に弄ることもないので、ポージングにはそれほど影響はないかと。

造形はよく、少しポージングさせただけで様になるので、いろいろと模索や保持方法を考えながらかっこいいトールギスⅢを楽しむのもいいのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でRG トールギスⅢを探す
⇒駿河屋でRG トールギスⅢを探す
⇒ヤフーショッピングでRG トールギスⅢを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す