MG ターンX[ナノスキンイメージ] レビュー

前回に引き続きMG 1/100 ∀ガンダム/ターンX[ナノスキンイメージ]のレビューをご紹介します!

MG ∀ガンダム/ターンX[ナノスキンイメージ]は、『∀ガンダム(ターンエーガンダム)』に登場するMS『∀ガンダム』と『ターンX』の特別仕様1/100スケールモデル豪華2機セットです。

今回はターンXのレビューです。∀ガンダムのレビューは以下のリンクからどうぞ。

⇒MG ∀ガンダム[ナノスキンイメージ] レビュー 

キットは2014年6月に発売されたMG ターンXと同じモデル。こちらも∀ガンダムと同じく、ナノスキン装甲(外装)をシド・ミード展仕様のメタリック成型色でキット化されました。ターンXはギンガナム艦隊総司令の『ギム・ギンガナム』が搭乗。アシンメトリーの造形が特徴的な機体です。

メタリック成型色というよりはパールっぽい印象も。内部フレームは通常のグレー成型色で、背部のウェポンプラットホーム「キャラパス」はメタリックブルー成型色での再現です。

ターンX本体の内部フレームはKPS仕様。関節強度は高めで、大型機らしいどっしりとしたスタイルながら自立は安定しています。前腕や股間部などが分離する構造ですが、あまりバラけることなくポージングが可能。経年劣化によっては外れやすくなるかもです。

※ソール部の装甲を一部閉じたままで撮影してますね;ご了承くださいm(_ _)m

頭部。複数パーツの組み合わせで合わせ目はできない構造になっています。ツインアイはクリアーブラックパーツにシールを貼っての色分け。ツインアイが無いシールも付属し、お好みでチョイスが可能です。

コックピットハッチが展開。内部にはコックピットが造形され、ギム・ギンガナムフィギュアが内蔵されています。

胸部。グレーの胴体内部フレームに、表面は簡単なナノスキン装甲で覆われた状態。

胸部は内部フレームのX字はカラフルなデザインのシールを貼って、その上からクリアーブラックパーツを被せるようになっています。

腰部はシンプルで、フロントアーマーのみ造形されています。

腰アーマーは左右に展開が可能で、閉じた状態だとストッパーがかかっています。サイドアーマーを展開することでストッパーが外れ、腹部を大きく展開させることができます。

フロントアーマー裏は少しモールドが造形されています。

背部にも逆T型のようなストッパーがあり、ストッパーを外すことで上半身を前後にスイングさせることができます。

腕部形状は左右非対称。右腕部には溶断破砕マニピュレーターを装備しています。

右腕部内部フレーム。

二の腕は内部フレームがむき出しの状態。前腕はナノスキン装甲ですが、ものによってはウェルドラインでモールドがわかりずらい場合も。段差ができるような、特徴的な組み合わせになっています。

溶断破砕マニピュレーターはそのまま手前に引き出し、アームを展開させることで開いた状態に。アームは第2関節まで可動します。クロ―はクリアーブラックパーツが採用されていてリアルさがあります。

ショルダーアーマーは派手さはないですが、後部がメカニカルなフィン状に造形されるなど特徴的。

ボールジョイント接続で、接続部は上下に可動します。

肩はオールレンジ攻撃システム用に脱着が可能。八角形ダボ固定ですが、固定強度はまずまず。KPS素材らしくスルッと抜けます。

左腕部はクリアーパーツを内蔵するなど、近未来的な造形になっています。ハンドパーツは親指のみ可動し、残り4本は組み換えるタイプ。

左腕部内部フレーム。

左右どちらの腕部もですが、前腕はロール可動します。

前腕もオールレンジ攻撃システム用に脱着が可能。固定強度はそれなりで、ポージング時は外れたりすることも。球状のハッチは開閉が可能です。

脚部。大まかな形状はだいたい同じですが、こちらも外装が左右非対称。画像は右脚部です。動物のような曲線を描きつつ、マッシブ感のある造形が再現されています。

脚部内部フレーム。

後部はフィン状のスラスター・ベーンがむき出しになった状態。外装もかなり特徴的です。

左脚部も特徴的な外装形状で、大腿部にクリアーブラックパーツのラインが造形されています。膝の爪型モールドは黒いシールでの色分けです。

ソール部。三角形の特殊な形状で、部分的にグレーの内部フレームが露出しています。足裏はつま先とかかとくらいですが、モールドが造形されています。

つま先を伸ばしてかかとを閉じ、甲の装甲を閉じることでオールレンジ攻撃システム時の攻撃態勢が再現可能です。

爪の部分は付け根が回転可動し、左右にある三角すいのつま先も回転可動します。

画像ではちょっとわかりにくいかもですが、脚甲の装甲パネルは開閉が可能。

かかとも付け根が回転可動し、自立時に安定させやすくなっています。

股間部の付け根はオールレンジ攻撃システム用に脱着が可能。肩と同じ八角形パーツ接続です。大腿部後部のフィン型装甲は展開が可能。

背部のウェポンプラットホーム「キャラパス」。こちらも左右非対称の独特な形状になっています。部分的にメカニカルな内部フレーム、クリアーブラックパーツで造形されています。

裏面もモールドが細かく造形されています。

2枚パーツで挟み込むタイプなので、部分的に合わせ目っぽい造形になっています。

キャラパスは1ダボ接続。重量がある割にやや貧素な感じもしますが、ポージング時に頻繁に外れたりといったことはなさそうです。

キャラパスは上下に可動します。

MGジム・コマンド(コロニー戦仕様)、MG強化型ダブルゼータガンダムVer.Kaと並べて。ダブルゼータにも匹敵する大きさです。デザイン性の違いが顕著。

∀ガンダムと並べて。

頭部はそれほど広範囲では無いですが、適度に上下可動します。その際、襟のパーツも少し可動します。左右へも問題なく可動。襟が干渉しそうですが、そこまでゴリゴリすることはありません。

肩には引き出しギミックがあり、引き出すことで

腕をY字にまで上げられるようになります。肘は二の腕側、前腕側が可動し、画像のように深くまで曲げることができます。

肩を引き出さない場合、ショルダーアーマーが干渉するため、水平程度までの可動となります。ショルダーアーマーを外せば真上にまで可動します。

肩を引き出すことで、広く前後スイングします。

腰は360度回転が可能。キャラパスを背負っていても同じです。アクションベースへのディスプレイは、キャラパス接続部下にジョイントパーツを取り付けてのディスプレイとなります。

こちらもMG ∀ガンダムと同じく、低い位置でのディスプレイとなるので、高い位置でディスプレイしたい場合はある程度支柱の長いものを使ったほうが良さそうです。

前後開脚は頭部を超えるくらいにまで広く展開。

膝も深くまで折り曲げることができます。

ソール部が特徴的な形状なので足首の可動がわかりにくいですが、まずまず広めに前後可動します。左右への可動はなく、つま先やかかとを左右に可動させることで表現するようになります。

左右への開脚はハの字程度まで。

内股、がに股は水平にまではいきませんが、適度に展開します。

立膝は造形に似合わず、きれいな姿勢でこなしてくれました。

可動域の総括としては、全体的にはかなり広範囲に可動するようになっています。ただ、特徴的な造形なので、通常のキットとは違った干渉や分離可能な構造がゆえの難しさがある場合も。

バズーカ、ビームライフル、3連装ミサイルランチャー、ハンドビームガン、ビームエフェクトパーツ、ギム・ギンガナムフィギュア、3連装ミサイルランチャー用マウントパーツ、ハンドビームガン用マウントパーツ、アクションベースマウントパーツ、武器持ち手用指パーツ(左)、平手用指パーツ(左)、握り手用指パーツ(左)が付属。

オールレンジ攻撃システムディスプレイ用のクリアー台座と接続パーツ数種が付属します。

アーム部分をアップで。

専用のガンダムデカールやマーキングシールが付属。

ナノスキンイメージ再現用の水転写デカール。右がナンバー2と記載されているので、ターンX用のものでしょうね。

ギム・ギンガナムフィギュア。小さいながらもギンガナムの特徴的なヘアなどが造形されています。

バズーカ。アシンメトリーの特徴的な形状になっています。カラーはグレー単色。合わせ目は段落ちモールド化されています。

グリップは収納可能です。

ビームライフル。数個パーツの組み合わせですが、上下にできる部分的な合わせ目は段落ちモールド化されています。

こちらもグリップは収納可能。

3連装ミサイルランチャー。3個パーツの簡易的な構造ですが、こちらも合わせ目は段落ちモールド化されています。

ハンドビームガン。見た目簡素な割に、複数パーツで構成され、合わせ目はありません。

ビームライフルとバズーカはキャラパスの上部に差し込んで収納します。

3連装ミサイルランチャーはキャラパスの側面にマウントパーツを取り付けて固定します。

ハンドビームガンはキャラパスの下部にマウントパーツを取り付けて固定。グリップにマウントパーツを差し込みます。

武装を一通りキャラパスに収納して。

バズーカは武器手用の指パーツとグリップとの固定が甘いので、ちょっと外れやすいところがあります。ですがターンX本体は思いの外ポージングしやすいので、グリップだけ注意すればポージングはラクでした。

グリップが可動するので、肩に担ぐようなポーズもラクに再現可能。

ビームライフルもバズーカと同様。保持力は弱めですが、ポージングは比較的しやすいです。

3連装ミサイルランチャーは握り手用指パーツを使い、グリップを掴んでの保持となります。固定されるわけではないのでフラフラなのと、砲口の向きが正面に向けにくいので、射撃シーンの演出は少し難しいかも。

ハンドビームガンは軽量武装なので、保持もポージングもラクでした。ただ、武器を保持できるのが左手だけというのは、ちょっと物足りない感じがあるかなぁと。(まぁ右手は溶断破砕マニピュレーターなので仕方がないですが;)

溶断破砕マニピュレーターを展開することで、シャイニングフィンガーなど攻撃的で迫力のあるポージングが再現可能です。

エフェクトパーツを取り付けることでビーム演出も再現。画像は用意していないですが、ブラックライトで照らすと発光します。

オールレンジ攻撃システム用にディスプレイするときは、各部を分解しておきます。ソール部も伸ばしておきます。

そして専用台座に各部をはめ込んでディスプレイさせます。

ディスプレイさせることで、迫力のある演出が可能です。クリアーの支柱パーツが外れやすかったり外れにくかったりで固定強度にムラがあるので、ものによっては組み換えに少し手間がかかるかもです。外れやすい箇所はパーツ落下による破損に注意が必要です。(個体差がありそうです。)

支柱を組み換え、ターンXの胴体部と∀ガンダムを組み合わせると、劇中の生体反応データ収集シーンの演出も可能です。

もちろんターンX単体でのディスプレイも可能。

支柱の組み合わせ次第で自由な配置や演出が可能です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。ギミックが豊富で、全ての可動を把握しきるのが難しいくらい、色々と動く柔軟性のあるキットです。オールレンジ攻撃システムや劇中の生体反応データ収集シーン、武装各種など、ポージングにも困らなそうで長く楽しめそうですね。

気になる点としては、生体反応データ収集シーンの演出時、固定強度が少し弱く、胸部の落下頻度が高かったので、その点は破損に注意かと。

肉厚で重量がある割にグリグリ動かせて躍動感あるポーズも再現可能。ナノスキンイメージ仕様もこだわりのある成型色になっていますし、川口名人プロデュースの水転写デカールもターンXを彩るのにはいいアイテムだと思います。2体セットで一度に主役機とライバル機が入手できるので、∀ガンダムと共に色々とポーズを付けて楽しみたいですね。

⇒MG ∀ガンダム[ナノスキンイメージ]のレビューはこちら 

icon

⇒楽天でMG ∀ガンダム/ターンX[ナノスキンイメージ]を探す
⇒駿河屋でMG ∀ガンダム/ターンX[ナノスキンイメージ]を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ∀ガンダム/ターンX[ナノスキンイメージ]を探す

コメントを残す