ハイレゾリューションモデル ウイングガンダム EWのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、1/100 ハイレゾリューションモデル ウイングガンダム EWのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は飛翔するウイングガンダムEWの姿が掲載。ハイレゾは黒背景のパッケージばかり(バルバトス系、ウイングゼロEW、レッドフレーム)でしたが、今回は白背景のデザインになっています。プレバン商品ですが、鮮やかなパケ絵になっているのはやっぱりいいものですね。(海外で一般発売でもされるんかいな?)

ハイレゾなので、裏面にデカデカと商品説明が掲載されています。ラストシューティングのポーズが片手仕様になっているあたり、やっぱりセンター射撃は難しいキットなようですね。ただ、各部がカラフルなので、色的にもかなり映え度の高いキットになっています。

パッケージサイズはハイレゾのアストレイレッドフレームよりも1cm程度厚めでした。ハイレゾのウイングガンダムゼロEWとは同じ大きさです。

開封。パッケージは完成品のパッケージのような横からの引き出しタイプ。内部にはダイキャスト完成品の内部骨格フレームとパーツランナーが入っています。

全部で11袋分のランナー。外装パーツと武器パーツだけなのに、なかなかのボリューム。細かいパーツが多いです。

内部骨格フレームは破損がないよう、ポリエチレンテレフタレート(PET)素材2枚で挟んで梱包されています。

説明書は小型のA5サイズ。こちらは黒背景にゴールドフォントの高級感あるデザインになっています。解説では新機動戦記ガンダムW Endless Waltz(OVA)に関して記載されていますが、記載の通り、OVA3作にこの機体は登場しません。劇中に登場したウイングガンダムゼロのパワーアップ前(初期型)という設定になっています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。説明書を見ても分かる通り、各部位共に複数の細かいパーツをガシガシ組み合わせていく構造になっています。このためバルバトス系やウイングガンダムゼロEWなどはかなり外装パーツのポロリ頻度が高かったのですが、アストレイレッドフレームからはかっちりとしてパーツが外れることはなくなりました。このウイングガンダムEWはウイングゼロEWからの流用ですが、ゼロほどポロリがなくなっているので、ハイレゾも徐々に進化していることが伺えます。

内部骨格フレームに被せていくパーツはポロリしやすい反面、ウイングはパーツのみでの組み合わせなため、組み合わせがやや強固です。なので、仮組みなどであとから分解する場合は、破損に注意しながら分解する必要があります。

素組みで十分な仕上がりになるので、カラーガイドは記載されていません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。まずまず多めです;

↑B1、B2ランナー。レッド成型色で、脚部と腹部パーツ。

C1、C2ランナー。C1はブルーとホワイト成型色で、形状の違うもので2枚あります。C2はホワイト成型色で、C1の一部と同じです。ショルダーアーマーや前腕、リアアーマーパーツなど。半分くらいが余剰パーツになります。

↑C4、C5ランナー。C4はブルーとグレーで同じものが3枚あります。ショルダーアーマー用パーツ。C5はイエロー成型色の胸部パーツです。

↑Dランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部パーツ類です。同じものが2枚あります。

↑E1、E3ランナー。E1はホワイト成型色で、頭部や腰部、腹部など各部外装パーツ類。E3はブルーとレッド成型色で2枚あり、E1の一部と同じ形状です。E1、E3も余剰パーツ多めです。

↑F1、F2ランナー。共にグレー成型色で、腕部や脚部、ショルダーアーマー、腹部など各部パーツ類。

↑G1、G2ランナー。ダークグレー成型色で、ショルダーアーマー内部パーツやハンドパーツなど。

↑G1、Hランナー。G1はイエロー成型色で、上記グレーのG1ランナーの一部と同じです。Hランナーはブラック成型色で、エネルギー・カートリッジパーツ。MGウイングガンダムEWに付属していたものと同じです。

ここまでがハイレゾウイングガンダムゼロEWからの流用ランナーです。以下、ウイングガンダムEW用の新規ランナーになります。

↑I1、I2ランナー。レッド、イエロー、ライトグレー、クリアーグリーンのイロプラランナーで、シールドやウイング、頭部アンテナ、バスターライフルなど各部パーツ類。

↑J1、J2ランナー。ブルー成型色で、バックパック、バスターライフル、ウイング、前腕パーツなど。

↑K1、K2ランナー。グレー成型色で、胸部パーツやバックパック内部パーツ、ウイング、エネルギー・カートリッジ・ポッドパーツなど。

↑L1、L2ランナー。ホワイト成型色で、ウイング、前腕、サーベル柄、ウイング、シールド、エネルギー・カートリッジ・ポッドパーツなど。

↑SB4(クリアーグリーン)サーベル刃、水転写デカールです。

ランナーを全部重ねるとこれくらいです。ボリューム的にはちょっとしたMGくらいですが、1/4くらいは余剰パーツかなと思います。

以上です。アンダーゲート仕様なので、早く組み立てたい人にとってはゲート2度切りが面倒ですが、素組みでも申し分ない仕上がりになるのはいいですね。塗装派の場合もヤスリがけがラクに済ませられるので、その点もメリットです。個人的には・・・・面倒です(笑)(早く組んでレビューを上げたいので^_^;)

ハイレゾも徐々に完成度が増してきているので、後はこの独特のプロポーション、造形に納得できるかですね。品質自体は間違いないので、入手すれば高密度で質の高いキットとして楽しめると思いますよ。

icon

⇒楽天で1/100 ハイレゾリューションモデル ウイングガンダム EWを探す
⇒駿河屋で1/100 ハイレゾリューションモデル ウイングガンダム EWを探す
⇒ヤフーショッピングで1/100 ハイレゾリューションモデル ウイングガンダム EWを探す

コメントを残す