HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)のレビューです。

今回は、HG 1/144 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)のレビューをご紹介します!

hakoe_w1500

HG 1/144 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)は、アニメ機動戦士ガンダム サンダーボルト第2部に登場するスパルタン所属機『陸戦型ガンダムS型』の1/144スケールモデルキットです。HGジム(機動戦士ガンダム サンダーボルトをベースとし、劇中のデザインを再現。ビームジャベリンやビーム・ライフルなどの豊富な武器や、サンダーボルト版キットに見られる細身のサブアームを装備。価格は1,944円(税込み)です。S型は配備艦スパルタンの『S』です。

1000

HGジム(サンダーボルト版)に似た外装を持つ、量産型機らしいシンプルな形状のガンダムです。関節にはシーリング処理が施され、サンダーボルトシリーズのキットならではの特徴を持っています。

1001

背中には特徴的なバックパックを装備。関節部はHGフルアーマー・ガンダム(サンダーボルト版.)/HGジム(サンダーボルト版)のランナーを流用し、外装の一部にもHGジム(サンダーボルト版)のものが流用されています。

1002

全ての関節にポリキャップを使用し、安定度はバツグン。少し硬いくらいの強度と保持力を持っています。バックパックがそこそこ大きいですが、関節強度が高いので自立に全く影響はありません。

1003

1004

頭部。形状がガンダムタイプでありながらV字アンテナはなく、2本のサブアンテナのみの特徴的な形状となっています。頭部は前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができる仕様。

シールでの再現となるツインアイ周辺は、ガンダムフェイスには珍しい青色が採用されています。とさか前後のセンサーはいつものようにシールでの再現となりますが、顎もシールによって色分けされています。顎は胸部や肩部と同じブルーの成型色です。額の連邦軍マークはシールでの色分けとなりますが、キット自体にも連邦軍のマークが整形されています。

1005

バストアップ。網状のエアインテークを装備しているので一見するとHGジム(サンダーボルト版)に似ているようですが、細かいモールドが入っていたりして随所に違いが見受けられます。

1006

腹部。こちらはHGジム(サンダーボルト版)とほぼおなじ形状。腰中央上部のV字マークと腰部アーマー類の上部にある黄色い部分はシールによる色分けとなります。

1007

腕部。前腕、シーリング処理部分、二の腕と、全て左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出来ます。ですが、HGのサンダーボルトシリーズ他キットと同じく、肩部、二の腕~肘部、前腕に分離できるので、合わせ目消しは比較的ラクそうです。

ショルダーアーマーの段落ち部分には細いスラスター型モールドがありますが、パーツによって色分けされていないので塗装による塗り分けが必要です。

1008

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプですが、モールドに沿って合わせ目があるので目立ちません。側面のスラスターは内部にスリットが入ったパーツによって色分けされています。

1009

脚部。ジムに似ていますが脹脛が曲型で少しガンダムを意識した形状になっています。脹脛には別パーツによって色分けされたスラスターを装備。パーツが小さいので紛失に注意する必要があります。膝関節のシーリングは左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目ができまず。太ももは前後挟み込みですが側面は段落ちモールドによってディテール化され、膝から下もモールド化されていたり、別パーツを被せることによって合わせ目がわからないようになっています。

1010

足首から下の部分。機動戦士ガンダムサンダーボルト第2部のアトラスガンダムからおなじみのホバー状になっています。脚底が別パーツになっているので肉抜き穴がなく、細かいモールドが再現されています。

1011

バックパック。格納されたサブアームやチェック状のカラーリングが独特。サブアームにはサーベル柄をマウントし、チェック状のカラーリングはマーキングシールによる再現となります。説明書では組立時にこの部分だけマーキングシールの貼り付けが指示されています。

1012

サブアームに装備したビーム・サーベル柄はあまりしっかりと固定されてはいないのでポロリに注意です。片側3基(左右合計6基)のスラスターを装備。スラスターは黄色いパーツによって色分けされ、内部も細かいスリットが入っています。

1013

ファンの保有率の高い(であろう)HG(GUNPLA EVOLUTION PROJECT)ゼータガンダムとHGガンダムバルバトスルプスレクスと。これらのキットと比べるとやや小ぶり。

1014

1015

今度はHG陸戦型ガンダム、HGアトラスガンダムと。同じ宇宙世紀、近い時期のキットということで、サイズはほぼ同等。ただしアトラスガンダムの奇抜さがよく目立ちます。陸戦型ガンダムは量産型ということもあってかなり陸戦型ジムにも近い形状をしています。

1016

1017

頭部の可動は微量。首周りが大振りなわけでもないですが、首が短めなのと頭部が大きめなので可動域も狭いです。

1018

首周りの干渉物がないので、平坦な形状を生かして左右にしっかりと首を振ります。

1019

腕部の可動もまずまず。ショルダーアーマーが多少干渉しますが水平状には上げられます。

1020

腕部が少し手前にスイングします。

1021

膝の可動もこの程度。2箇所が可動しますが、細身な割にそれほど柔軟性には長けていないようです。

1022

ショルダーアーマーは上下に適度に可動。

1023

前かがみ、胸張りの可動は一切なし。可動部分がありません。一方、腰は360度回転可動します。

1024

股関節の穴にアクションベースを差し込んで固定させます。

1025

フロントアーマー、サイドアーマー、リアアーマー全て裏打ちパーツはなく、肉抜き穴のような空洞がそのままになっています。

1026

股関節の穴がポリキャップ仕様なので、アクションベースへのマウントはかなり安定。ポージングへの影響は全くありません。

1027

開脚はフロントアーマーは水平以上に展開するので前方へはしっかりと可動。リアアーマーは可動しないので後方へはほとんど上がりません。膝の可動もそれなりに。膝関節は2箇所が可動します。

1028

足首は、前後へは割りと広範囲に可動。

1029

アンクルガードも適度に可動します。

1030

開脚は片側とも45度程度。これ以上開脚させるとサイドアーマーがポロリと外れてしまいます。サイドアーマーもポロリ率が高いので、ポージング時には取り扱いに注意が必要です。(サイドアーマーのポロリには個体差があるかもです。)

1031

足首の左右への可動もまずまず。アンクルガードの内部パーツが上下2箇所でボールジョイント接続されているので、割りと柔軟に可動します。

1032

内股、がに股は共に360度回転可動します。HGサンダーボルト版他キットと同様に、脚の付け根パーツが独立しているので可動性が柔軟です。

1033

立膝はきれいなスタイルに。形状がスリムなのと関節の可動が立膝にちょうどいい感じになっているようです。

1034

バックパックのサブアームは回転可動します。

1035

ビーム・ジャベリン、シールド☓2、ビーム・ライフル、サブアーム(左右)、シールドマウントパーツ(異種)、シールドマウントパーツ(余剰パーツ)☓2、シールド用グリップパーツ☓2、ビーム・サーベル刃☓2、武器用ハンドパーツ(左右)、ハンドパーツ(左右)、ビーム・ジャベリン用ハンドパーツ(右)が付属。

1036

HGジム(サンダーボルト版)の余剰パーツも付属します。

1037

ビーム・ジャベリン。花のような特徴的な形状をもったビーム・ジャベリンです。先端部分はピンクのクリアーパーツで再現。先端は左右挟み込みなので合わせ目ができます。

1038

ハンドパーツに片手で持たせてもするりと抜け落ちることは無いようです。

1039

1040

もちろん両手持ちも可能。

1041

1042

1043

1045

1047

1048

ビーム・ライフル。他キットからの流用ではないオリジナル。細かいモールドが多数入っていてリアルです。本体部分は左右挟み込みなので中央に合わせ目ができる仕様。

1049

武器用ハンドパーツに持たせて保持させます。ポロリはないですが、ダボで固定させるわけではないので保持にはややフラフラとした不安定さがあります。

1050

1051

1052

シールド。青と黄色のパーツは陸戦型ガンダム用のランナーですが、形状や作りはHGジム(サンダーボルト版)と同じです。

1058

形状が特徴的なシールド用マウントパーツ。裏面には肉抜き穴があります。

1059

マウントパーツをシールドに挿し込み、前腕側面にマウントパーツのダボを差し込んでマウントさせます。

1060

1061

1053

余剰パーツを使ってシールドを前腕にマウントさせることも可能。

1054

1055

1056

1057

シールドにグリップパーツを取り付けることで、ハンドパーツにシールドを保持させることもできます。

1062

展開型のサブアーム(左右)が付属。左右で形状が異なります。

1063

こちらも裏面には肉抜き穴があります。

1064

バックパックの収納型サブアームと付け替えて使用します。

1065

こちらも柔軟に可動させることができます。

1066

サブアームにビーム・ライフルを保持させることが可能。

1067

グリップパーツを取り付けることでサブアームにシールドを保持させることができます。

1068

サブーアームに付いているサーベル柄マウント部分は適度に可動させることができます。

では適当に何枚かどうぞ。

1069

1070

1071

1072

1073

1074

1075

1076

1077

1078

1079

ビーム・ジャベリン用ハンドパーツをしようすることで、ジャベリンを突き刺すようなポージングも可能です。

1080

以上です。関節可動域がそこまで広くはなく、いかにも設定上それほど優れた機体というわけではない陸戦型ガンダムらしさを感じさせるキットだと思います。ですが各部がサンダーボルト版の特徴的な形状を持ち、形状や武器も特殊なところが多いので新鮮味があって楽しめました。

ポロリ箇所はサーベル刃とサイドアーマーだけなので、ちょっと気をつければそれほど気になることもストレスもないかと思います。V字アンテナのないガンダムということで違和感はありありですが、この違和感が魅力的なキットなので、機動戦士ガンダムサンダーボルト第2部と合わせて楽しみたいですね。

⇒楽天でHG陸戦型ガンダムS型を探す
⇒駿河屋でHG陸戦型ガンダムS型を探す


コメントを残す