HGUC ペーネロペーの制作③ 腰アーマー裏のモールド造形

今回は、HGUC ペーネロペーの製作③をご紹介します!

気になる箇所に手を加えているペーネロペーですが、前回に引き続き、大味な箇所のディテールアップを施します。今回はオデュッセウスガンダムの腰回りを処理していきます。

腰回りは大柄なリアアーマーに存在感があるのでそちらに目が行きやすいですが、フロントとサイドアーマーはかなり簡易的なつくりになっていて裏面が適当なので、簡単にディテールを追加していきます。

まずは裏打ちパーツのフレームを作成するため、フロントアーマーの型をつくります。型抜きはいろんな方法があると思いますが、フロントアーマーにマスキングテープを貼り、それを当てに切り出してプラ板を造形するのも一つの手ですね。

また、周りに黒インクを塗ってテープを貼り付け、枠をトレースするのもありだと思います。ただ、マスキングテープのトレースだと確実とは言えないので、トレース後はプラ板を少し大きめに切り出してパーツに重ね、合っていない部分をヤスリがけして徐々に形状を合わせていくのが良いかと。

そのまま裏打ちパーツを組み合わせるのもありですが、今回は裏面をタミヤのエポパテで埋め、フレームだけを作っていきます。何分腕が未熟で、裏のモールドをデザインするのは苦手なのですが、簡単にデザインしてみました。デザインにはスチール定規とシャーペンを使用。デザイン方法は下記の通りです。

形状が特殊なのでその分デザインも難しいですが、主に三角形や台形を作るようにデザインしていくときれいになるようです。もちろんデザイン方法はこれが全てではないですし、円形モールドを追加しても味が出ていいかと思います。あくまで自分なりになので参考までにどうぞ;

パテ埋めした箇所はヤスリがけして平にしておきます。デザインしたプラ板はデザインナイフで切り抜いておきます。

切り抜くときはデザインナイフの刃は先端が折れていない新品に交換し、せっかくデザインした枠を切り離してしまわないように注意して切り抜きます。切り抜いたら、ギザギザになっている切り出し面を金属ヤスリなどでヤスってきれいにします。フレーム状態で細くデリケートなので、折らないよう慎重にヤスリます。

サイドアーマーは各部を分割し、個別に枠組みを作成。小さいパーツでくり抜きも難しいですが、慎重に作業をしていきました。何も無いよりはマシな感じになったかなと思います。

以上、今回はここまでです。デザインも含め、アーマー裏のモールドを自作するだけでもかなりの時間がかかりました;ネットではもっと凄いモールドをデザインする方もいますし、勉強にもなるので、自分ももっとレベルアップできるように挑戦していきたいですね。

⇒あみあみでHGUCペーネロペーを探す
⇒DMM.comでHGUCペーネロペーを探す
⇒楽天でHGUCペーネロペーを探す
⇒楽天でHGUCペーネロペーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCペーネロペーを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す