HGUC ディジェのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ディジェのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はナギナタとビーム・ライフルで攻撃をするディジェのアクションシーンが掲載。背景はキリマンジャロ基地付近でのサイコガンダム他ティターンズの部隊と戦闘を繰り広げるシーンです。流石にディジェはドダイ改に乗ってはいないですが、劇中のシーンにより近いイラストになっていると思います。あとはバイアランがいれば完璧かな?

パッケージサイズは縦横は一般HGと同じ大きさですが、5mm程度高さがあるパッケージになっています。キット形状が肉厚な分、パッケージも少し大きめになっているようです。

横絵はバンダイのホームページに掲載されているキット解説と全く同じ内容で、反対側も説明書裏面に記載されている内容がそのまま記載されています。言ってしまえばパッケージ解説も流用・・・・;記載してあるのは機動戦士Zガンダムの第35話「キリマンジャロの嵐」の内容になります。

開封。完全新規のキットということもあり、大判のランナーもまずまずあります。

全部で5袋分のランナー。

説明書はHGUCおなじみの、黒バックに塗装済みキットの全身画像です。カラバによって生産されたMSなので、記載名もカラバプロトタイプモビルスーツとなっています。ディジェは旧ジオン系の技術者が設計を担当しているため、ゲルググのような外装をしています。そしてアウドムラにあったリックディアスを設計ベースにしているので、リック・ディアスのムーバブルフレームを持つ機体になっています。※カラバ・・・反連邦ネットワーク組織 ※アウドムラ・・・ガルダ級輸送機

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。部分的に左右非対称なところもありますが、フォーマットが最新型ということもあり、組み立てはそれほど難しくはない構造になっていると思います。頭部のモノアイパーツは通常版とツインアイスリット版で2種あり、小さいパーツなのでランナーくずと間違えて捨ててしまったりしないよう注意が必要です。

カラーガイドはホワイトグリーン、ネイビーブルー、グレーの3種ベース。ホワイトグリーンが既存の販売塗料1種では再現出来なそうな色ですが、どこかに記載されていたように、初音ミクカラー(ガイアカラー:初音ミク FM-03 ミクボディシャドウあたり)を使うのもありかなと思います。(ちょっと白いかな?)その他は調色しなくても既存の販売塗料1種でも代用できそうな感じです。

ゴム質素材のチューブ(動力パイプ)がありますが、普通に塗装すると剥がれてしまうのでプライマー系を吹いてから塗装するのが良いかと。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ネイビーブルーのランナーです。胴体各部パーツや脚部、バックパックパーツ類など。

↑B1ランナー。ホワイトグリーンの成型色で、腕部、脚部、頭部など各部外装パーツ類です。

↑A2、B2ランナー。共にA1、B1ランナーの一部と同じです。

↑C3ランナー。ダークグレーの成型色で、クレイ・バズーカ、ビーム・ライフルパーツになります。HGUC百式(REVIVE版)に付属のものと同じですが、タグナンバーがC1からC3になっています。

↑D1、D2ランナー。D1はグレーの成型色で、内部パーツ、関節パーツ類です。D2はD1の一部と同じです。

↑E1、E2、F、Gランナー。E1はイエロー成型色で、首周りやエアインテーク、ナギナタ柄パーツ。E2はレッドの腹部パーツ、バックパックバーニアパーツ類。Fはダークグレーのシールドやモノアイパーツ。Gはゴム質素材でグレーの動力パイプパーツです。

↑ポリキャップPC-002、SB-20クリアーイエローナギナタ刃、ホイルシールです。

以上です。肉厚な形状でありながら、HGでここまでの可動域を持っているのはとても素晴らしいと思います。特にフロントアーマーの分割可動はアイデア性の高い構造になっていますし、バックパック放熱フィンのはめ込み構造も合わせ目が出来ず、簡単に色分けできるものに進化しています。

これらを応用すればドムなどの重量級キットも柔軟性や質の高いものになりそうなので、年代ものキットのREVIVEもぜひ期待したいですし、更にファンを納得させてくれる高品質なキット開発を続けてもらいたいですね。

⇒楽天でHGUCディジェを探す
⇒駿河屋でHGUCディジェを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCディジェを探す

コメントを残す