HGUC ジム・スナイパーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ジム・スナイパーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

HGUCジム・スナイパーの成型色に合わせたグリーン単色パッケージ。背景は密林からロングレンジ・ビーム・ライフルで狙撃しているジム・スナイパーの姿が掲載されています。いつもの背景イラスト+塗装済みキットで合成されたものです。

この絵からして、おそらくアプサラスⅢを狙ったものですね。この角度から考えると、相当な遠距離から狙っていると予想できますがはたして・・・・。センサーを見ないで狙撃できるんですから大したものです(嫌味じゃないです^_^)

パッケージサイズは通常のHGと同じです。HGUC陸戦型ジムとも同じサイズだったので、武器のボリュームも陸戦型ジムとおなじくらいってことですね。

側面はプレバン商品なので文字のみ。寂しい限りです(T_T)

では開封。箱の大きさの割にランナーは小柄なものが揃っています。なので脇がちょっとスカスカしてますね。ランナーの枚数は多いので、厚みは箱いっぱいに。

全部で3袋分のランナーです。グリーンとグレーのランナーが大半なので、さすがにガンダムタイプのようなカラフルさはありません。かなり迷彩色が色濃く出ています。

ガンダムベース東京のチラシが同梱されています。今のところ7月発売のプレバン商品には全てこのチラシが入っていました。ちなみに一般発売のMGジャスティスガンダムには、A4サイズの大きなガンダムベース東京チラシが同梱されていました。

では説明書を見ていきます。説明書はHGUCジム・スナイパー専用の説明書が用意されています。表紙、裏表紙のないシンプルな説明書ですが、この方がわかりやすくていいですね。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。本体に関してはHGUC陸戦型ジムとほぼおなじ。そして説明書の半分が武器の組み立て方になっています。組み立ては難しくなく、簡単な構成にしつつ可動域を広いものにするという考えられた構成になっていると思います。関節強度が高いのもいいですね。

ではここから各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。グリーン、グレー、クリアーグリーンのイロプラランナーです。外装パーツ類が並びます。

↑B1、B2ランナー。グリーンのランナーです。シールドや各部外装パーツ類。B2はB1の一部と同じです。

↑C1、C2ランナー。グレーのランナーです。シールドや100mmマシンガン、そして内部パーツ類のランナー。

この内容を見ても、シールドと100mmマシンガンは付属させつつ、武器を変更することでいろんなキットに流用できるようにってことを考えてのことのようです。ってことは8月に発売されるHGUCブルーディスティニーももちろんこのランナーが流用されることに・・・・なるのかな?

↑D3、D4ランナーです。グレーのランナー。D3がミサイル・ランチャーで、D4がロングレンジ・ビーム・ライフルです。どこへでも流用できそうな武器類ですね。ちなみにシステムウェポン004を買うとさらに細かい構成のロングレンジ・ビーム・ライフルが再現できます。

↑ビーム・サーベル刃クリアーパーツ、ポリキャップ(PC-002)、ホイルシール、マーキングシール、ロングレンジ・ビーム・ライフル用ジェルシールが付属。マーキングシールはこれだけ一通りの番号があれば、どんなナンバーでも気のままに再現可能です。

以上です。HGUC陸戦型ジムベースということもあり、組み立てやすさ、遊びやすさはとても質の高いものがあります。まさにガンプラ初心者にとってすごく扱いやすく組みやすいキットになっていると思います。

武装はロングレンジ・ビーム・ライフルやミサイル・ランチャーによって特別なポージングが楽しめますし、スナイパースタイルは相変わらずグッド。なのであとはカラーリングが好みなら問題なく買いだと思います。ただ、他キットに比べるとどうしても地味なので、ガンプラ玄人なら購入してもツミプラになってしまう可能性も高い(かも?)キットでした。

⇒楽天でHGUCジム・スナイパーを探す
⇒駿河屋でHGUCジム・スナイパーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCジム・スナイパーを探す


コメントを残す