HGBF GM/GM レビュー

今回は、HGBF 1/144 GM/GM のレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 GM/GMは、「ガンダムビルドファイターズ」新プロジェクト『GMの逆襲』に登場するジム型ガンプラ「GM/GM」の1/144スケールモデルキットです。一見するとHGUCジムにもよく似ていますが、柔軟な関節を持つアクション性の高いキットになっています。腕や腰など各部のジョイントによって様々なパーツをマウント可能。高いカスタマイズ性も楽しめるキットです。価格は1,728円(税込み)。

ジムおなじみのオレンジとホワイトのツートンカラーは健在ですが、宇宙世紀のジムと比べると少し細身で俊敏性を感じるキットです。

このGM/GMも同日発売になったHGBFスターバーニングガンダムと同じく、各部に他キットのパーツをマウントしてカスタマイズさせられる3.0mmダボ穴があります。

使用しているポリキャップはHGシリーズおなじみのPC-002。それに手首の筒型ポリキャップが付属しています。一部が他キットからの流用で、『HGBF』印字された内部パーツ用ランナーが使用されています。

足裏の形状が少し丸まっているので、自立には少し不安定さがあります。ですが関節強度はかなり高いので、特にポージングのしにくさはありませんでした。

頭部は3タイプのものが付属しています。どの頭部もホワイトの成型色とクリアーグリーンパーツのみで構成されています。

ジムⅡっぽい頭部。バイザーはグリーンのクリアーパーツで、とさかの前後センサーはシールによる色分けです。前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目のラインが出来ます。

バイザーを外すと、内部にはツインアイのようなモールドがデザインされています。

ジム・コマンドのような頭部。広めのバイザーが特徴です。こちらもとさか前後のセンサーはシールによる色分けです。ホワイト一色なので、頬のダクトなどは塗り分けが必要です。こちらも前後挟み込みなので真横に合わせ目が出来ます。

バイザーを取るとレール型の一つ目がモールド化されています。

DOMEの形状をした頭部。まさかジム系のキットに機動新世紀ガンダムXに登場した量産型ビットモビルスーツのD.O.M.E頭部が再現されるとは思いませんでした^_^; 頭部全体がクリアーパーツで覆われています。この頭部も同様に前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目が入っています。

内部は一つ目のモールドが入っています。これだけ見るとかなり気持ち悪い!?

付属のホイルシールはとさかのセンサー用のものだけになっていて、他の部分はお好みでカットしていろんなところに使用することができます。ガンプラビルダーズTV(YouTube。動画より)によると、このシールエリアはいろんなガンプラをカスタマイズするためのボーナスパーツとのことです^_^;

バストアップ。胸部周りはパーツによってしっかりと色分けされています。モールドは適度に入っていてシンプル。

腹部、腰部。こちらもシンプルで、ジムよりもさらに軽量な印象です。

腕部。角型のジム系キットよりも細身で人間らしさがあります。前腕は左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出ますが、段落ちモールドが入っているので合わせ目はわかりません。ただ、自分のものは手首のポリキャップが干渉して前腕がしっかりと閉まらず、少し隙間ができるようになっていました。反対側の腕部はきっちりとハマったので、隙間ができるようなら手首のポリキャップを少し削ったりしてみるといいかもです。

肘裏にはシールド等マウント用の3.0mmダボ穴が開いています。前腕も被せてあるカバーパーツを外すと3.0mmダボ穴が露出するので、他キットと組み合わせて様々なカスタマイズが可能です。

サイドアーマーやリアアーマーにもパーツマウント用の3.0mmダボ穴があります。

サイドアーマーは少し特殊で横長。後方にポリキャップをマウントする仕様になっています。

脚部。こちらも細身で軽量です。腕部と同様に、UCジムと比べて筋肉質で人間味のあるディテールになっています。

脚部もふくらはぎ内外のカバーを外すとダボ穴が露出します。

足首から下の部分。形状も色分けもシンプルです。アンクルガードはスターバーニングガンダムとは違って左右で挟み込むタイプ。足裏には側面に肉抜き穴があります。内部のモールドは細かく入っています。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプですが、合わせ目部分は段落ちモールドなので目立ちません。

バックパック。スリットや円形モールドといった細かいディテールが再現されています。円形モールドはこちらも3.0mmマウント用ダボ穴になっています。

スラスター内部には大まかなスリットが入っています。このスラスターはポージング時に手が当たったりするとポロリし易いので、素組みでポージングを楽しむ場合は思い切って接着してしまってもいいかもです。

ビーム・サーベルのマウントパーツや側面のカバーを外すと、マウント用のダボ穴が出現します。各部にダボ穴が無数にあるので、ものすごいカスタマイズが楽しめそうですね^_^;

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。UC系のジムよりも少し大きめ。並べてみるとやっぱりUCジムとは別物感を感じます。近未来的?

同日発売のHGBFスターバーニングガンダムとも比較してみました。これとはサイズが同じくらいです。

ジムⅡっぽい頭部は顎引きや見上げるポーズなどがかなり広々と可動させられます。

左右への可動も問題なし。

続いてジム・コマンドっぽい頭部。こちらもまずまず広く上下に可動してくれます。

左右へは少し顎が干渉しますがそれほど問題なし。

DOMEっぽい頭部。こちらはかなり首まわりが狭まるので、可動域も少し狭め。

左右へも襟が干渉するのでこの程度です。

腕部は付け根のポリキャップも可動するので、広くY字型にまで可動します。かなり柔軟です。

HGBFスターバーニングガンダムと同じく胸部が展開するので、拳を突き出すようなポージングや、スナイパーライフルなどの武器類で敵を狙い撃つポージングも楽しめそうです。胸部の内部にもメカニカルな細かいモールドが入っています。

胸部を展開させると、後方はこんな感じになります。

胸部展開時は、カチカチッとストッパーが効くので、2~3箇所で固定できるようになっています。

肘の可動も申し分なし。しっかりと動いてくれます。

HGBFスターバーニングガンダムもそうでしたが、ハンドパーツは手首が柔軟に可動するようになっています。

腹部はポリキャップによるボールジョイント接続で、少し前かがみや胸張りのポーズが可能です。

腰は腰回りに干渉するものがないので、360度回転可能。

フロントアーマー、サイドアーマー、リアアーマー裏側は共にモールドはなくシンプルな設計。

股関節の穴にアクションベースをマウントさせます。

しっかりと安定させられるのでポージングがラクです。

脚部は前方へ水平程度に可動させられます。後方はリアアーマーが干渉します。

膝も十分に可動します。

足首の可動も広いです。かなりポージングの表現が豊かになります。

アンクルガードも適度に可動。足首の内部パーツには大きめの肉抜き穴があります。少し見えやすい箇所なので、穴埋めなどの対策も必要かと。

サイドアーマーが干渉することもなく、脚部は真横にまで可動させられます。土型ポーズが可能です(笑)

足首はボールジョイント接続で、可動域はこの程度。HG鉄血のオルフェンズシリーズの足首可動がかなり広かったので、足首の可動がもう少し広ければありがたいです。

内股は太ももが干渉するのでこの程度ですが、がに股は真横から後方にまで柔軟に可動します。

立膝はまずまず。もう一息といったところです。

ビームスプレーガン、ビーム・サーベル刃☓2、シールド、ビーム・サーベル柄が付属。

その他余剰パーツが幾つか付属します。説明書では☓印になっているパーツ類ですが、ガンプラビルダーズTVによると、これらもボーナスパーツとのことです^_^;

ビームスプレーガン。先端以外はモナカ割なので、中央に合わせ目ができます。

ハンドパーツに挟んで保持。しっかりと保持してくれるので、特にふらつくこともありません。

シールド。ジムらしい連邦系十字マークの入ったシンプルディテールです。裏面には細かいモールドが入っています。

裏面にはビームサーベル柄をマウント可能。

肘とハンドパーツの2箇所で固定するので、ポロリなくしっかりと保持してくれます。

ビーム・サーベル柄は角度よってスルッと抜けてしまうので注意が必要です。

では適当に何枚かどうぞ。

肩が柔軟に可動するので、ビームサーベルの両手持ちも可能です。

以上です。身軽な形状&新規構成のキットということもあってかなりよく動きます。まさしく「ジムなのに・・・・」というか、「ジムのクセに・・・・」という言葉がよく似合うくらいです(笑)ストーリーではほとんど出てこない超脇役であり、地味な存在のGM/GMですが、地味で軽装なだけに逆に無駄がないキットになっています。まさしくシンプル・イズ・ベストって感じですね。

UC系のジムと比べると少し細めで丸型なので、このGM/GMの細身形状には少し違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にポージングしたりしてみると『ジムもここまで来たか~』と思わずしみじみとしてしまうくらいよく出来ています。

カラーリングもジム・コマンドのオレンジや、昔あった接着剤仕様の一色ガンプラと同じようなホワイト成型色が採用されているので、その点もどことなく親しみを感じるキットになっています。

ポロリ箇所も殆ど無いですし、関節強度も高くポージングし易いので、実際に手に取ると見た目以上によくできたジムだと実感することができるのではないでしょうか。

⇒楽天でHGBF GM/GMを探す
⇒駿河屋でHGBF GM/GMを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF GM/GMを探す


コメントを残す