HGBF ガンダムX十魔王 レビュー

今回は、HGBF 1/144 ガンダムX十魔王のレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 ガンダムX十魔王は、『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』に登場するヤサカ・マオ使用ガンプラ『ガンダムX十魔王』の1/144スケールモデルキットです。ガンダムXをベースにした『ガンダムX魔王』をカスタマイズし、特徴的な背部のXキャノンや全身のビーム砲を新規造形で再現。各部のビーム砲全砲門を前方に向けることで、フルバースト状態も楽しむことが出来ます。価格は1,944円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ガンダムX魔王をカスタマイズし、背中にX文字型に型どった背面ユニット『Xキャノン』を装備したガンダムX十魔王。四肢にもビームデバイスを装備した特徴的なフォルムになっています。

HGAWガンダムX、HGBFガンダムX魔王、そして新規のガンダムX十魔王用ランナーが付属。ガンダムXからおなじみだった背中のリフレクターはなくなり、XキャノンによってXの文字が演出されています。

背中に4本のXキャノンを装備しているため、若干後方に負荷がかかります。ですが関節強度も高く、バックパックが水平に納まっているので自立はまずまず安定しています。

頭部。ガンダムX魔王の頭部に似ていますが、十魔王独自の形状に進化しています。アンテナ先端は安全加工がしてあり、額グリーンのセンサーと白いふちはシールによる色分けです。(白いシールの貼りが甘かったですねm(_ _)m)

頭部は前後挟み込みタイプなので真横に合わせ目が出来ますが、はじめに前後のパーツを組み合わせてからフェイスパーツなどを取り付けるタイプなので、合わせ目を消すときに後ハメ加工の必要はありません。

バストアップ。胸部形状はガンダムXから変わらず。エアインテーク内部は黒いシールでの色分けとなります。中央のガイドレーザー受信機は、内部にシルバーのシールを貼り、その上からクリアーグリーンのパーツを被せる仕様です。

エアインテーク下部の4基ブレストバルカンは色分けされていないので塗装による塗り分けが必要です。

腹部、腰部。腰中央部とリアアーマーはガンダムX魔王と同じですが、フロントアーマーとサイドアーマーは新規造形です。

フロントアーマー、サイドアーマー共に、裏面には気持ち程度のモールドが入っています。

腕部。二の腕から下はガンダムX魔王と同じですが、前腕部には新規造形のビームデバイスを装備しています。ショルダーアーマーも新規の形状になっています。

前腕部は前後挟み込みタイプなので、側面に合わせ目ができます。肘から下は分離しないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工が必要かと。

新規造形のビームデバイス。簡単な作りになっていて、発射口はグリーンのシールで補います。マウント部は3.0mmのダボなので、他キットの武器類なども取り付けられそうです。

ショルダーアーマーにもビームデバイスを装備していて、発射口はグリーンのシールで補います。ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプなので、上部に合わせ目ができる仕様になっています。

脚部。HGAWガンダムXのパーツを使用しつつ、新規パーツによってガンダムX十魔王の脚部を造形しています。太ももは前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができます。

膝から下は左右挟み込みタイプで、後ろに合わせ目ができます。膝から下が分離できるので、比較的合わせ目消しはラクかと。膝はグリーンのシールによる色分けです。

脚部側面にも新規造形のビームデバイスを装備。サイズは異なりますが、前腕部と同様の作りになっています。

足首から下の部分。青いパーツはガンダムXから変わらずですが、白い甲パーツが新規造形になっています。甲のモールドはグリーンのシールによる色分けです。足裏は別パーツでフタをするので肉抜き穴はなく、しっかりとしたモールドが入っています。

バックパック。4本のXキャノンを装備しています。

Xキャノンを全て外すと、ガンダムXから変わらない形状のバックパックが現れます。

取り付けている4箇所のアームは上下や回転など自由な方向に可動します。バックパックには上下左右にスリット入りのダクトが付いています。アームはもちろん取り外し可能。

Xキャノンを側面から。側面には適度のモールドが入っています。

Xキャノンを上下から。白い部分はモナカ割なので、上下に合わせ目が出来ます。上部と発射口はグリーンのシールによる色分けです。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。頭部や四肢など各部が小型なので、陸戦型ジムよりも小さく見えます。

同登場作品のGMの逆襲から、HGBFガンダムフェニーチェリベルタとも比較してみました。他キットを一緒に並べると、劇中シーンのイメージが沸くのでテンションが上がります♪

ベースキットのシリーズが違うこともあり、キットの大きさには差があります。

頭部の可動はまずまず。ポリキャップ仕様なのでそこそこ柔軟です。

首周りに干渉物がないので、左右へもスイスイと曲がります。

腕部もY字近くにまで上げることができます。あまりショルダーアーマーによる干渉はないようです。

一応胸部に内蔵しているポリキャップが引き出し可能ですが、それでも前後共にスイング可動はこの程度です。

肩部にマウントしているビームデバイスは適度に上下可動します。

腕部は細身ですが、外装パーツが干渉するので90度程度にしか曲がりません。形状を考えるともう少し曲がって欲しいところです。

腰部は二重のボールジョイントによって適度に曲がります。画像では前方へはほとんど移動していませんが、一応ボールジョイントを引き出すようにすれば適度に前かがみになります。

後方へも画像のように可動し、適度に胸を張るようなポーズができます。あまり曲げすぎると上下半身を接続しているボールジョイントが外れるので注意です。

腰は、多少腰部アーマー類が干渉しますが、360度回転します。

股下の穴にアクションベースを差し込んで固定します。

キット自体が小柄で軽量ということもあり、アクションベースにマウントしても安定していてポージングもし易いです。

前方へは水平程度に可動します。後方はリアアーマーが干渉するのでこの程度。

膝は90度程度。ベースのHGAWガンダムXが2010年に発売されていてけっこう最近のキットですが、その割に可動域は狭め。

足首は適度に可動。アンクルガードも足首の可動に沿うように可動してくれます。

左右への開脚は、サイドアーマーを後方に避けるようにしてもこの程度。股関節がボールジョイント接続なので、それほど可動域は広くありません。

足首はアンクルガードの広さに合わせて適度に可動します。

内股、がに股もこの程度。近年のガンプラに比べると、全体的な可動域はやや控えめな印象です。

立膝は割りとキレイな形でしてくれました。

大型ビームソード刃、大型ビームソード柄、ビームサーベル、ビームサーベル柄、平手ハンドパーツ(左右)が付属。

HGAWガンダムXとHGBFガンダムX魔王の余剰パーツが多数付属します。残念ながら、前腕や膝など各部の装甲パーツなどが足りないので、ガンダムX魔王に換装することはできませんでした。サテライトキャノンがあればもっと嬉しかったかも。

大型ビームソード。HGAWガンダムXから付属するものと同じです。独特の形状なので迫力があります。

グリップ部分を取り外してハンドパーツに保持させます。

グリップが四角いため、特にクルッと反転することもなく、しっかりと保持してくれます。

ビームサーベルはハンドパーツに差し込むだけ。こちらもグリップが四角なので、ハンドパーツとしっかり噛み合い、抜け落ちる心配はありませんでした。

 

ではここから、HGBFガンダム十魔王をフルバーストモードにしていきます。まずハンドパーツを平手のハンドパーツに交換し、肩のビームデバイスを下げておきます。

平手ハンドパーツは手のひらにビーム発射口があります。発射口にシールはなく、塗装による塗り分けが必要です。

前腕のビームデバイスを組み換え、上下反転させておきます。

脚部のビームデバイスは組み替えてダボ穴の位置を変え、発射口をこちら向きにしておきます。

腕部を水平にまで上げ、腰部サイドアーマーとフロントアーマーを前方に起こしておきます。

バックパックのXキャノンを前方に向けたら、フルバーストモードになります。

フルバーストモードを前後から。各部のビーム発射口が手前を向いているので迫力があります。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。フルバーストモードはXキャノンを利用した面白い設定になっていてカッコイイです。ポロリも全く無く、破損しやすいところも無いので遊びやすいですね。ポージングも全くのストレスフリーです。随所にガンダムXの名残があるので、作品の懐かしさも感じさせてくれるキットです。

欲を言えば、全体的にもう少し多彩なギミックや武器の付属、ガンダムX魔王への換装など、オプション的な楽しみが欲しかったかな~というところですが、フルバーストモードによって『ミサキ命』ビームの演出が楽しめるかと^_^;

HGBFフェニーチェリベルタと並べるだけでも劇中のイメージが湧きますし、バトルシーンを演出することでテンションもアップするので、GMの逆襲シリーズの1機として揃えて楽しんでみてはいかがでしょうか。

icon

⇒楽天でHGBF ガンダムX十魔王を探す
⇒駿河屋でHGBF ガンダムX十魔王を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF ガンダムX十魔王を探す

2 件のコメントがあります。

  1. U.C.0063

    on 2017年11月22日 at 20:08 - 返信

    nori様

    いつも沢山の新作キットを購入し、レビューして頂きありがとうございます。

    HGBFも次々と発売し、キット製作も大変だと思います。
    無償で価値ある情報を提供して下さり本当に感謝です

    現時点で私が欲しいHGBFはケルディムガンダムサーガです!
    カッコイイ(^^♪

    と言いつつ
    このコメントを書きながら右に見えるギャン・クリーガーに釘付けです(;^_^A

    寒い日が続いています。風邪などひかぬ様、お身体に気を付けて頑張ってください。

    • nori

      on 2017年11月23日 at 03:33 - 返信

      コメントありがとうございます!
      こちらこそいつもご覧いただき感謝ですm(_ _)m

      ケルディムサーガは武器類も豊富ですし、シールドビットが付属するのでケルディムガンダムも再現できるというお得感満載のキットです(^^)オススメですね!
      ギャン・クリーガーは昔ギレンの野望を楽しんだ方にとっても見逃せない一機ですよね。カスタマイズされた新規外装も魅力的ですし、こちらも入手して損はないアイテムだと思います。
      もし悩んでいるなら、レビューをご紹介しようと思っているのでそちらを参考にしてみてくださいね(^^)

      ここだけの話、PGエクシアの後にPGバンシィ・ノルンは「マジか・・・・_| ̄|○」と思いました。さすがに出費が・・・・^_^;
      個人的にはものすごく欲しいですしLEDユニットを組み込むと最強だなーと思っているのですが、今後まだ新商品が発売されると思うので、今回のPGバンシィは泣く泣く見送りました。
      いつか余裕があるときに買いたいなーなんて^_^

      すでに年末ですし、雨が振ったりするととても寒いですよね。U.C.0063さんも風邪をひかないよう、体に気をつけてお過ごしくださいね^_^

コメントを残す