HGBF こまんどふみな レビュー

今回は、HGBF 1/144 こまんどふみなのレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 こまんどふみなは、『ガンダムビルドファイターズ バトローグ』第3話に登場する『こまんどふみな』の1/144スケールモデルキットです。コマンドガンダム要素を持つアーマーを各部に装備し、ゴーグルや肩部シールド、ひざ部のアーマー等、増強された装甲を新規造形で再現。CFへヴィロケット、2連装ビームライフルといった重火器を装備した特別仕様のすーぱーふみなです。価格は2,592円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

各部に重火器を装備し、コマンド仕様で再現されたすーぱーふみな。アクション性の高いアーマーを装備し、兵器感を漂わせるディテールになっています。

バックパックにコマンドガンダム頭部を、リアアーマーにはコマンドガンダム脚部をマウントするなど、ういにんぐふみなと同様に、全身にコマンドガンダム各部を余すところなく装備しています。

このシリーズのどのキットにも言えることですが、長身で細身なため自立はかなり不安定です。少し手が当たると倒れてしまうので、ディスプレイする際はスタンドを使ったほうが良さそうです。

頭部。形状はういにんぐふみなと同じですが、ヘアとアイブロウが黄色からオレンジに変更されています。

今回もシールの貼替えやクリアーパーツ、目の内部パーツを使用することで多彩な目の表現を演出できます。目の他にも、コマンドガンダム後頭部のネコマークやツインアイ(瞳なし)、こまんどふみなをディテールアップするためのオリジナルシールも付属します。

額にはコマンドガンダム用のターゲットゴーグルを装備。ゴーグルはクリアーブラックのパーツで再現されています。ヘアバンド中央はグリーンのシールによる色分けです。ポニーテールは健在で、シュシュはアーマー類と同じオリーブ色になっています。

バストアップ。胸部にはコマンドガンダムのV字アンテナを装備。アンテナ中央部と胸部アーマーのモールドはオレンジシールでの色分けとなります。肩部にはCFヘヴィロケットを装備。

肩部から伸びるアームにはタフネスシールドをマウント可能。ういにんぐふみなではシールドがクルクルと回っていましたが、タフネスシールドはそこまで回転せず、そこそこ保持してくれます。

CFヘヴィロケットはバックパックのフレームにマウント。説明書などでは片側のみマウントしていますが、両肩にマウント可能です。

タフネスシールド。表面に装甲板のようなモールドが入っていて、裏面にも適度にモールドが入っています。このシールドもそうですが、こまんとふみなのグレー系パーツにはラメが入っていて、CFヘヴィロケットなどもメタリック調の成型色になっています。

腕部。ふみなの細身腕部にオリーブのアーマー(ガードビット)を装備。前腕アーマー側面には2連装ビームライフルをマウントしています。

2連装ビームライフル。2個パーツの組み合わせで、裏面には肉抜き穴があります。簡易的ではありますが、まずまず良く出来ていると思います。

側面にはアーミーなモールドがあり、砲口は開口しています。

脚部。ハイヒールや膝から下のアーマー(ガンビット)はういにんぐふみなと同じですが、膝にグレーのアーマーを装備しています。

腹部、腰部。こちらはういにんぐふみなから特に変化はありません。ですが色が違うだけでもだいぶ印象が違って見えます。コマンドガンダム脚部裏にはスラスター型モールドの他に、適度に肉抜き穴があります。

バックパック。コマンドガンダム頭部をマウントしています。コマンドガンダム頭部は、額の前後センサーをグリーンのシール、顎をオレンジのシール、後部のネコマークを白いシールで補います。側面にはういにんぐふみな時のスタークロスマウント部がそのまま露出していて、特に穴埋めパーツは用意されていませんでした。

CFヘヴィロケット。モナカ割なので上下に合わせ目が出来ます。砲口は途中まで開口されていて、センサーはグリーンのシールによる色分けです。

ういにんぐふみなと比較してみました。同型ながらも色やスタークロスの違いなどから、印象がかなり異なる2体になっています。

レーザーマシンガン、CFヘヴィロケット(左肩用)、武器用ハンドパーツ(左右)、ランナーレススタンドが付属。

ターゲットゴーグルマウント用ヘアバンド、リボン型ヘアバンドが余剰パーツとして付属します。

スタンドはリアアーマー中央部にマウント可能。

スタンドへのマウントは、はじめはしっかりと固定されますが、何度も抜き差ししているとヘタレてきて、クルクルと回転するようになるので注意が必要です。

CFヘヴィロケットを両肩にマウントしてヘヴィな重装甲に。

CFヘヴィロケットは、武器用ハンドパーツを使用することで保持可能です。ハンドパーツに差し込むだけでOKですが、クルクルと回転して安定しないので、多少補強したほうがいいかもです。

レーザーマシンガン。ういにんぐふみなに付属のビームマシンガンと同じですが、モチーフのコマンドガンダムと同様にレーザー連射火器へとマイナーチェンジされたそう。こまんどふみなのメインウェポンです。

モナカ割なので中央に合わせ目ができます。グリップが2箇所あるので、剣として装備することもできます。

レーザーマシンガンを装備。こちらもクルクルと回転して安定しないので、多少補強が必要かもです。

余剰パーツのリボン型ヘアバンドにすることで、一味違った可愛らしいこまんどふみなを演出することができます。

各アーマーをパージした状態。これらのパーツを余すところなく組み合わせ、コマンドガンダムを形成します。

アーマーをパージしたふみな。腕部や脚部はグレーに色分けされ、オペラグローブやニーハイソックスを纏ったようなディテールになっています。

バストや腹部、背中やおしりなど、かなり人間らしい造形に製作者のこだわりが見え隠れします。

鎖骨や肩など、腕周りもかなりリアルな造形に。色分けされたスーツも特徴的。

コマンドガンダム。タフネスシールドや2連装ビームライフル、ターゲットゴールドを装備し、ういにんぐがんだむとは一味ちがった硬派なディテールになっています。

短足ということもあり、自立はかなり安定しています。頭部が回転しないのはういにんぐがんだむと同じ。

アーマーをパージした姿でういにんぐふみなと比較します。肌の露出度が高いういにんぐふみなと比べて、こまんどふみなはあまりドキドキせずに済みそうです(笑)

コマンドガンダムとういにんぐがんだむも比較してみました。コマンドガンダムは色も渋いので、かなり重装甲感(ヘビーさ)を感じるキットになっています。

股下の前側にスタンドを取り付けることができますが、何度か抜き差ししているからか、かなりクルクルと回ってしまい、ディスプレイさせるのも難しくなっていました。コマンドガンダムの飛行ポーズをさせたいなら、アクションベースを使ったほうがまだましかもしれません。

アクションベースを使ってポージングすると割りとしやすかったです。

適当に何枚かどうぞ。

オリジナルシールを貼ってディテールアップしたこまんどふみな。コミカルでアーミーなスタイルが楽しめます。

タフネスシールドは2連装ビームライフルにマウント可能。フルアーマーガンダムを彷彿とさせるディテールが楽しめます。

以上です。ういにんぐふみなの出来にも驚きましたが、このこまんどふみなはアーミーなカラーリングと武装類のバランスの良さ、ゴーグルやオリジナルシールでのディテールアップなど、またういにんぐふみなとは違った良さを感じました。

角ばったコマンドガンダムらしい外装パーツ類を纏うことで硬派なふみなが演出出来ていますし、兵器感のあるカラーリングは戦場兵器としての臨場感を感じさせ、テンションをアップさせてくれます。

多少武器の保持やスタンドへのマウント、ポロリパーツや関節保持の微妙さなどの欠点はありますが、それを差し引いても満足できるキットになっていると思います。

オリジナルシールを貼るとちょっと傷ついたコミカルな演出も楽しめますし、組み換えによるコマンドガンダムなど、遊び要素も多いので、可愛らしいふみなとアーミーなコマンドとで男女ともに楽しめるのがいいですね。

icon

⇒楽天でHGBF こまんどふみなを探す
⇒駿河屋でHGBF こまんどふみなを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBF こまんどふみなを探す

コメントを残す