HGBD リーオーNPDのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD 1/144 リーオーNPDのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はリクたちが第1話のチュートリアルバトルで戦闘を繰り広げたシーンかと。多少頭部形状や保持している武器が違いますが、初心者のためのバトルにはこういったヤラレ役も必要ですし、なかなかいい戦闘を繰り広げていたと思います。劇中のようにトールギスのドーバーガンやライフルなんかを持たせてみても良さそうですね。

箱のサイズは縦横高さすべて一般的なHGと同じサイズです。ベースキットのHGACリーオーはかなりの薄型パッケージだったので、それに頭部やショルダーアーマーパーツが付属しているのでボリューム的にもちょうどいいサイズになってます。

横絵はリーオーNPDのアクションや頭部、ショルダーアーマー各種の紹介、シールの貼り替えによる色変えに加え、ビルドカスタムパーツ紹介、リーオーNPDの詳細などが掲載。画像が見にくい場合はクリックすると少し大きい画像がご覧いただけます。

では開封。一般発売のキットなので、紫の大判ランナーが上のほうが、入ってる感があってよかったかな。まぁ細かいことですね;

全部で3袋分のランナー。同じランナーが入っていても、HGACリーオーとは梱包しているランナーが違います。

では説明書を見ていきます。表紙下部にはパッケージ横に記載されているリーオーNPDと同じ事柄が記載されています。イラストのリーオーNPDは少し肉太で色も渋いですね。このリーオーもいいなぁ。今回のガンダムビルドダイバーズ予備知識は『チュートリアルバトル』。ちょうどリーオーNPDが登場したときのイベントがそのまま掲載されています。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。ベースのHGリーオーの説明書に比べ、ランナーがカラーで紹介されていたり、使用する部分が色枠で囲まれていたりといった配慮はありません。ビルドダイバーズキットと同じ、普通の説明書になっています。

カラーガイドはなかなか細かく調色されています。ベースカラーに少しグレー系やブルー系を追加したような、通常のシンプルカラーではない渋い調色がされているようです。系統の違う色を加えると光の当たり具合でも印象が変わってくるので、このガイドの通りに塗装するのはいいかもしれませんね。(ただし、少量と記載がある部分は入れすぎるとかなり変色してしまうことがあるので注意です。)

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。グレーでHGACリーオーからの流用ランナー。外装パーツ類になります。

↑Bランナー。ブラウンで内部パーツ類。

↑Cランナー。ブラウン、クリアー、ダークグレー、ホワイトのイロプラランナーです。余剰の頭部パーツまで白く分けてあるのは、組み換えでリーオーのカラバリを楽しむための配慮ですね。バンダイさん、ありがとうm(_ _)m

↑D1、D2ランナー。D1はブルーグレー、D2はダークグレーで、共にNPD用の新造ランナーです。胸部や頭部、バックパックパーツなど。

↑クリアーのEランナー、SB-6ランナー、ポリキャップ(PC-7)、ホイルシールです。

以上、パッケージ・ランナーレビューでした。相変わらず発想の面白いビルドダイバーズ系キットなので、楽しめる要素が多くていいですね。ただ、マグアナックの頭部はどうしてもこの体型には合わない気がするので、ぜひマグアナック単体で発売していただけると嬉しいです。

まぁ、マグアナックの頭部が付属しているとはいえ、あまりに簡易的な造形なのでキット化につながるというわけにはいかないんでしょうね。それでもファンとしてはどうしても期待してしまうので、キット化されるまでゆっくりと待ちたいと思います。(リーオーNPDとは関係ない〆方でした;)

⇒楽天でHGBD リーオーNPDを探す
⇒駿河屋でHGBD リーオーNPDを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD リーオーNPDを探す

コメントを残す