HGBD モモカプル レビュー

今回は、HGBD 1/144 モモカプルのレビューをご紹介します!

HGBD モモカプルは、『ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ『モモカプル』の1/144スケールモデルキットです。劇中でのビルダーはモモことヤシロ・モモカ。『∀ガンダム』に登場するカプルをベースに、ペンギンモチーフで造形。内部にはプチカプルが搭乗可能など、遊び心のあるガンプラになっています。価格は1,944円(税込み)。

機動性よりも可愛さを重視して作られたガンプラのHGBDモモカプル。全て新規造形パーツで構成された球状になっていて、通常のガンプラとは違った柔らかさを感じるキットに仕上がっています。

水中での戦闘を得意とするライトブルーのペンギンカラー。腕部や脚部には黄色い成形色パーツも使用され、オールや足ひれのようなイメージも感じさせます。

脚部が細身で可動箇所もそれほど多くなく、足裏もそこまで広いとは言えませんが、関節強度は高め。腕部も接地することで自立をサポートできるので、そこまで不安定さはありません。

頭部。謎めいた黒面に可愛らしい目が付いた、ハロに似たフェイスになっています。今回のレビューでは、内部パーツ全体に貼れるシールを使用しています。

フェイスはシールによって再現され、貼り替えることで怒り目、泣き目、星目、ハート目などの表情をつけることができます。ザクのようなモノアイにも変更可能。

黒下地の上の好きな位置に目のシールが貼れるので、様々な表情が再現したりもできます。プチカプル用も目の位置は変更できませんが、バリエーションあるシールが付属しています。

頭部裏面はかなりシンプルな造形になっていて、目の部分は黄色いパーツで再現されています。なので、シールを貼らず、塗装によって目を色分けすることも可能です。頭部を開くと内部は広い空洞になっていて、胴体にプチカプルを収納できるようになっています。

頭上部や背中には円形のボコボコが造形されています。

胸部。内部パーツは白の成形色で、シャツにジャケットを着たような造形になっていて可愛らしさがあります。ボタンのようなダクト造形部分はシールなどはなく、グレーに塗り分ける必要があります。

腹部、腰部。腹部中央には通称『お腹のビーム』が造形。内部も細かく造形されています。腰部はパンツスタイルの造形。

お尻には2基のバーニアが増設されています。

腕部。水中専用MSらしいジャバラスタイルが造形されています。カプルベースということで胴体に対して長めになっているのでそのまま接地します。

肩パーツは胴体のフタと兼用。ちょっと見えにくいですが、フェイスの黒いシールは、頭部を胴体内に格納すると干渉して画像のように端が剥がれてしまうことがあるので注意が必要です。肩パーツ裏面は特にモールドなどはありません。

腕部を取り外して。肩は左右はさみ込みタイプで縦に合わせ目ができます。

前腕ははさみ込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールドになっています。肩の付け根はボールジョイント型です。

ジャバラの部分は外装パーツと内部パーツを順々に組み合わせるようになっているので、内部パーツを外さないと下側の外装パーツが引き抜けない構造になっています。

爪は動物のような緩い造形になっていて、内側には肉抜き穴があります。5本とも独立可動しますが、可動域はそれほど広くありません。

脚部。淡白でシンプルなペンギンスタイル。いかにもペッタペッタという音を立てそうな造形になっています。大腿部、膝下外装共に筒型パーツになっているので合わせ目はありません。

足首から下の部分。足ひれのような造形の1個パーツ構成。足裏にはスラスターのような造形こそありますが、全体的にくり抜かれたような形状です。

背中には5基のスラスターのような造形がされています。それぞれグレーで塗り分ける必要があります。

プチカプル。ライトグリーンの成形色で、キュートで素朴感のあるキットになっています。プチカプルは単体での自立ができなくはないですが、立たせるのは少し難しいので、アクリルキューブを使って自立させています。フェイスには先程ご紹介したシールを貼って表情をつけることができます。

プチカプルには専用の台座が付属し、支柱を背中の穴に差し込んで固定します。

腕は肩のフタパーツと一体型。前腕裏には肉抜き穴があり、本体に差し込むタイプで回転可動させることができます。脚はそのまま本体に差し込むだけで特に可動はしません。

プチカプル本体は前後はさみ込みなので中央に合わせ目ができます。頭頂部と股下が開口していますが、特別用途はなさそうです。

プチカプルの腕部と脚部は胴体内部に収納可能です。

プチカプルはモモカプル内部に収納可能。しっかりと固定されるわけではなく、内部で回転したりフラフラしたりします。

パンダッガイ、ハロ ベーシックグリーン、HG陸戦型ジムと比較してみました。マスコット系と組み合わせてもそれほど違和感は無いですが、UC系のキットと合わせると少し別物感を感じるかも。

さすがにハロやパンダッガイ頭部などはモモカプルに収納できませんが、のせてみるとこれはこれでありなのかも。パンダッガイは胴体の格納も難しかったです;ハロだと◯せんせーにも似てるような・・・・。

腕部は水平程度にまであげることができますが、重さで少し垂れます。付け根に少し遊びがあるようですね。

腕はかなり深くまで折り曲げることができ、反対側にも適度に反らせることができます。

爪はそれほど広くは無いですが、少し広げることができます。

背中のパーツを外してアクションベースにマウントします。しっかりと差し込めるのでふらつきなど無くポージングが可能です。

前後開脚はまずまず。ペンギンらしい可愛さがあります。膝は90度程度可動します。

足首は付け根がボールジョイントで適度に可動します。

左右への開脚は、水平にまでは行きませんがまずまず可動します。

足首の左右への可動も適度に。

内股、ガニ股は思いの外しっかりと可動してくれます。

立膝は流石にムリですが、それでも許せてしまいそうな可愛らしさがあります。

では丸まりモードに変形させていきます。まずは腕部を取り外します。

そして胸部の装甲を閉じ、頭部、肩パーツも閉じたら丸まりモードの完成です。カンタン。

お腹ビーームっ!

Vっ!!

シールを貼り替えることで様々な表情が演出できます。ただし、黒く大きいシールは剥がす時にシワが付いたり剥がれ残ったりするので、何度も貼替えするのは難しいようです。

以上です。多少肩が外れやすいのと、フェイスのシールの使い方が制限されたりするかなというところがありますが、可動域もまずまずで、ポージングする度に可愛さを感じることができます。独特のアレンジが効いていていいですね。

プチカプルが内蔵できるというアイデアも面白いですし、1つのマスコットとして遊べるのがいいところです。色を変えてみたり、形状が凸凹しているのでてんとう虫バージョンに変えてみたりといろいろカスタマイズもできそうなので、劇中シーンを再現して遊ぶだけでなく、いろんなアレンジを加えて楽しむのも面白いかもしれませんね。

⇒楽天でHGBD モモカプルを探す
⇒駿河屋でHGBD モモカプルを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD モモカプルを探す

コメントを残す