HGBD ビルドガンマガンダム レビュー

今回は、HGBD 1/144 ビルドガンマガンダムのレビューをご紹介します!

HGBD ビルドガンマガンダムは、『ガンダムビルドダイバーズブレイク』に登場するMS『ビルドガンマガンダム』の1/144スケールモデルキットです。リック・ディアスをベースにした特徴的な機体形状を、一部に新規造形パーツを交えて再現。関節各部をアップデートしダイナミックなポージングが再現可能な他、大ボリュームの専用武装「ビームガトリングバズ」や新たなデザインの背部シールドバインダーなども付属します。価格は2,090円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

「月刊ガンダムエース」に連載の外伝作品『ガンダムビルドダイバーズブレイク』に登場するダイバー『オノコ』の愛機、ビルドガンマガンダムがキット化。2000年6月に発売されたHGUCリックディアスのパーツと新規造形パーツを交えつつ構成されています。※リンク先はHGUCリック・ディアス(クワトロ・バジーナカラーのレビューです。)

成型色は主にホワイトで、グレーやブルーグレーを交えた配色になっています。シールは頭部や背部シールドバインダーを補うのみなので、部分的に塗装が必要です。

ポリキャップはPC-111を使用。使用箇所はHGUCリック・ディアスとあまり変わりませんが、肘や膝関節はアップデートによってポリキャップ仕様ではなくなっています。関節強度は高く、脚底も接地面が広いので自立は安定しています。

新規ランナータグには『HG 1/144 ビルドガンマガンダム』『HG 1/144 リック・ディアス』と印字されています。

HGUCリック・ディアス(クワトロ・バジーナカラー)(以下、リック・ディアス)と比較しながら各部を見ていきます。

頭部。複数パーツの組み合わせにより、ビルドガンマガンダムの特徴的な頭部形状が新造されています。後頭部のブルーグレー部分は左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができます。(一部はモールド化)額の丸型センサー部はシールでの色分けで、センサーの丸モールドは造形されていません。

頭部の接続部形状はリック・ディアスと同じ。縦軸とポリキャップ接続になります。

胴体部。胸部はリック・ディアスとほぼ同じですが、腰部はパーツが新造され、フロントアーマーのモールドサイズなども少し異なりますし、裾もシャープな造形になっています。

腰アーマー裏はリアアーマーにのみ裏打ちパーツが造形されています。これはリック・ディアスと同じです。

股間部はアップデートされ、ボールジョイント接続ではなく軸接続に。さらにロール可動やアクションベースへの接続穴も造形されています。

腕部。一見するとあまり変わっていないように見えるかもですが、各部とも新規造形パーツに変更されています。

肘が二重関節になったことで二の腕が左右挟み込みタイプになり、縦に合わせ目ができています。肘が分離できないので、合わせ目消しは後ハメ加工などが必要そう。前腕の合わせ目は端でモールド化されています。ハンドパーツはリック・ディアスから変わらずで人差し指のみ可動するタイプです。

関節がアップデートされたことで、肘が深くまで曲げられるようになっています。

ショルダーアーマーの形状も大きくは変わっていませんが、ダクトが小型化されたり、内部にスリットが造形されたりして新造されています。サイズも小型化。前後挟み込みタイプで中央から側面に合わせ目ができるのは変わらず。ダクト内部はグレーに塗り分けが必要。

側面の装甲は可動式です。

脚部。一見するとあまり変化は感じないですが、こちらも各部が新規パーツによって構成されています。膝周りの丸モールドなどもはっきりとしたものに変わり、メリハリが出ています。

膝関節が二重関節になり、中央の合わせ目は段落ちモールド化。リック・ディアスでは外れやすかった動力パイプ下の蓋パーツはなくなっています。膝から下は左右挟み込みタイプで変わらず、中央に合わせ目ができます。

膝の装甲や大腿部が小型化され、大腿部の合わせ目は端でモールド化。脚の付け根も複数パーツの組み合わせにアップデートされ、ロール可動が追加されています。

二重関節になったことで、膝が深くまで曲げられるようになりました。

脚部も塞がれ、内部が見えないようになっています。

ソール部もつま先などの形状が少し変わっています。足裏はリック・ディアスからの流用パーツです。

バックパックはほぼ変わらずですが、バインダーの付け根にボールジョイントパーツが追加されています。リアアーマーや後部サーベルホルダーは変わらず。サーベルホルダーはスカスカでスライドしやすいので注意です。

バックパック左右に装備するシールドバインダーが新造されています。3個パーツ構成で適度な色分け。側面の小型バーニアはグレーに塗り分けが必要で、側面下部のモールドは黄色いシールでの色分けです。

ビーム・ピストルはリック・ディアスから変わらず。本体部分はモナカ割で上下に合わせ目ができます。砲口は別パーツ化。(画像上がリック・ディアスのものです。)

ビーム・ピストルはポリキャップ軸での接続で、前後に可動します。

バインダーはサイズが大きく干渉しやすいため、少しスイングする程度になります。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。ルプスレクスと同じくらいで少し大きめです。ビルドガンマガンダムの頭頂高は18.5m。

HGUCリック・ディアス(クワトロ・バジーナ機)と並べて。関節のアップデートや各部の小型化によってスタイリッシュな造形に変化しています。外装が白いのでサイズが大きくも見えますね。自立の安定度も高くなっています。

頭部はポリキャップによる軸接続なので、上下への可動はありません。左右へも後部が肩と干渉しやすいため、45度程度の可動となります。リック・ディアスのほうが可動域が広いですね;

肩がアップデートされていないので腕の上げる角度は同じ。水平程度まで上げることができます。腰は少し浮かせることで360度回転が可能ですが、干渉しやすいです。

股間部がアップデートされたことで、かなり広くまで開脚できるようになっています。

内股はあまり変わりませんが、がに股は広く可動するようです。

リック・ディアスは立膝が殆どできませんでしたが、ビルドガンマガンダムでは深くまで鎮めることができるようになっています。

可動域の総括としては、関節がアップデートされたことで、ポージングの幅がかなり広がっていると思います。股間部なども柔軟になってよく動くので、動かしていて気持ちががいいですね。

ビームガトリングバズとビーム・サーベル刃が付属します。

クレイ・バズーカと頭部パーツが余剰で付属します。クレイ・バズーカが付属するのは何気に嬉しいところです。

ビームガトリングバズ。なかなかの大型武装です。

HGルプスレクスの超大型メイスと並べるとこれくらい。そこまで大きいわけではないですね。

本体部分、砲身部分共に左右パーツの組み合わせですが、合わせ目は端でモールド化されたり、段落ちモールド化されています。

上部のジョイント部?は収納が可能。この部分の使い方は特に記載されていませんが、一応バックパックにマウントできるようです。

側面のフォアグリップにはリック・ディアスと同じ形状の頭部が造形されています。ビームガトリングバズのセンサーを担っているよう。

リック・ディアス頭部とフォアグリップは可動します。

リック・ディアス頭部は通常通り、2門のバルカン砲(バルカンファランクス)が展開可能。

グリップの内側には肉抜き穴があります。砲口は5箇所とも開口されています。

肩や腕関節に強度があるので、ビームガトリングバズは片手でも保持させることができました。経年劣化などで関節がヘタれてきた場合、片手保持だと体制が崩れたり重量で倒れたりすることもあるかもです。

保持はグリップをそのままハンドパーツに差し込むだけです。幅が同じくらいなのでスカスカせず、遊びもほぼないですね。

フォアグリップを掴んで両手持ち。後部のストックは脇に抱えず、外側に流すようになります。

両手持ちさせると安定しますし、特別ポージングに不自由さもないですね。首があまり回らなかったりするのでちょっともったいない印象。

ビーム・サーベルは程よく固定され、抜け落ちることなくポージングが可能です。

ビーム・サーベル刃はブラックライトで照らすと発光します。

ビームガトリングバズのセンサー(リック・ディアス頭部)もブラックライトで照らすと発光します。

ビーム・ピストルはリック・ディアスから変わらず遊びが多いです。

ビームガトリングバズは一応左手でも保持が可能でした。この場合、脇に抱えるようになります。

バインダーをHGUCリック・ディアスから拝借して各部を組み換えれば、アップデート版のリック・ディアスも再現可能です。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。一見するとリック・ディアスとあまり変わっていないような印象もありますが、関節のアップデートや新造パーツによってかなり可動域が広がでポージングに幅が出ています。肩部や大腿部などが小型化したことで、自立した姿勢だけ見ても、グッと締まった感じになっているのでかっこいいですね。

欠点的には、首が干渉によって広範囲には可動できず、上下可動もほぼ無いので、可動ギミックなどが含まれていればポージングの表現力が高まったかなと。背部のシールドが腕に装備できなかったり、ビームガトリングバズ上部の展開式ジョイント部など、説明書に記載されていない不思議な箇所もあるので、もうちょっと色々と対応しているとさらに魅力が引き出せていたかもですね。

ビームガトリングバズも良くできた作りで重量感がありますし、全体的にもアップデートによってスタイリッシュなキットに仕上がっていると思います。パーツを拝借すればリック・ディアスのアップデート版も再現可能など、進化した造形物としても楽しめそうですね。

icon

⇒楽天でHGBD ビルドガンマガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBD ビルドガンマガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD ビルドガンマガンダムを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す