HG RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョン レビュー

今回は、HG 1/144 RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンのレビューをご紹介します!

HG RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンは、ガンダム40周年を記念してプロ野球12球団とのコラボによって商品化された東北楽天ゴールデンイーグルス仕様のRX-78-2 ガンダムです。えんじ色ベースのイーグルスカラーに、楽天ゴールデンイーグルスの入ったマーキングシールが付属。価格は3,000円(税込み)。楽天イーグルス オンラインショップにて予約販売された商品です。

2015年7月に発売されたREVIVE版 HG RX-78-2ガンダムが楽天ゴールデンイーグルスカラーでキット化。球団ユニフォームを含め、楽天のカラーがそのまま反映されたカラーリングになっています。ちなみにこのえんじ色は初代オーナーの三木谷浩史氏が卒業したハーバード大学のスクールカラーにちなんでとのことだそう。

成型色はそのえんじ色とホワイト、関節類がブラック(ダークグレー)。プロ野球コラボガンダムの中では一番通常のRX-78-2に近い配色かと。

ポリキャップはPC-002。関節強度が高めで自立も安定。ポージングもしっかりと決めることができます。プロ野球12球団とのコラボガンダムレビューはライオンズVer.バファローズVer.スワローズVer.ファイターズVer.ジャイアンツVer.ベイスターズVer.に続きこれで7体目。

頭部。アンテナ中央部や顎など、通常のガンダムとほとんど変わらないカラーリングです。とさか前後のセンサーは赤いシールでの色分け。側面のダクトやバルカンは塗り分けが必要です。

前後挟み込みタイプで、頭頂部から側面にかけて合わせ目ができます。ツインアイはクリアーイエローパーツでの色分けで、HGUCガンダムと同じ。クリアーパーツを活かすためのシルバーシールが付属しているのも同じです。

胸部から腰部。胸部と腹部がえんじ色で、腰はホワイト成型色。襟やエアインテーク、ヘリウムコアなどはゴールド成型色で、まさに全体が楽天カラーそのものといった感じ。フロントアーマー中央のV字はシールでの色分けです。

腰アーマー裏やリアアーマーはこんな感じ。

腕部。特別変化はなく、シンプルなホワイト成型色です。二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプですが合わせ目はモールド化されています。ショルダーアーマーも合わせ目はモールド化されています。

脚部もシンプルで、ソール部を含め、HGUCガンダムとほぼ同じようなカラーリングになっています。足裏のつま先には肉抜き穴があります。

バックパックはブラック、サーベル柄はホワイトで、こちらも通常のガンダムと同じカラーリング。

バックパックは2ダボ接続で、内部は肉抜き穴がある1個パーツ構成。

各部可動域やキット細部に関しては、HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョンのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG RX-78-2 ガンダム ライオンズ バージョン レビュー

シールド、ハイパー・バズーカ用マウントパーツ、ハイパー・バズーカ、ビームライフル、ビームサーベル刃(クリアーピンク)☓2、武器持ち手(右)、平手(左右)が付属。

楽天ゴールデンイーグルスロゴの入ったマーキングシールが付属。シールは他球団と比べてそんなに目立たないものになっています。

シールド。えんじ色にゴールドの十字で、これもガンダムのシールドとよく似ています。グリップは可動します。

ハイパー・バズーカ。他のコラボガンダムと同じブラック成型色です。

グリップは可動します。

マウントパーツに組み換えることで、バズーカをリアアーマーに懸架可能です。

ビーム・ライフル。ブラック成型色で、センサーはゴールド成型色パーツでの色分け。塗装なしでも問題ないカラーリング。

本体部分は左右挟み込みタイプで、上下に合わせ目ができます。センサーとフォアグリップは可動。

一通り武装して。カラーリングも通常のRX-78-2に近いので、やっぱりホワイトベースな配色がいい意味では一番しっくりとくると言うか、悪い意味ではオリジナリティが少なめと言うか・・・・。違和感がないので多くの方に受け入れられやすそうではありますね。

色味が近いジャイアンツVer.と並べて。イーグルスVer.の方がよりシンプル。

手持ちのプロ野球コラボガンダムをすべて並べて。イーグルスVer.はこの中で一番オーソドックスな感じですね。

シールなしの状態で適当にポージング。

相変わらず可動は優秀。ポージングもしやすいです。まったく違和感がないカラーリング。

なんとなくジムっぽい感じも・・・。

シールを貼った状態で。マーキングがそれほど多くないので、貼る前と大きくは変わらないかも。胸の文字はジャイアンツVer.に比べるとはみ出している様子もなく、そんなに悪くないですね。

シールを貼った状態で何枚かどうぞ。

二の腕のラインや肩のマークが目立つかなと言う程度。

以上です。プロ野球コラボガンダムの中でも一番ガンダムの造形に馴染むカラーリングになっていると思います。これまで7体を組んできましたが、各球団ごとに組んでいくと改めてガンダムの配色(トリコロールカラー)が合うように考えられているというのも分かりますし、イーグルスVer.もそれに沿ったバランスのいいカラーリングになっていますね。

ただ、その分オリジナリティという意味ではやや弱いという印象も。マーキングシールもそんなに多くないので、楽天イーグルスの球団らしさはカラーリングに依存している感じもありますね。

どこかジムっぽさもあり、作品に登場しても違和感がない感じで受け入れやすそうです。なのでコラボ商品としてだけでなく、シールを貼らずにバリエーション機としても楽しめる要素がある、安定したかっこよさのあるキットでした。

⇒ヤフオクでHG RX-78-2 ガンダム イーグルス バージョンを探す

コメントを残す