HG フォースインパルスガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/44 フォースインパルスガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は旧HG SEEDのフォーマットで、黒背景に中央にフォースインパルスガンダムのアップイラスト、中央下部に英語表記の機体名と形式番号が記載されたものになります。背景には分離したチェストフライヤー、レッグフライヤー、フォースシルエットも掲載。REVIVE版が発売されていることもあり、デザインには少し古さも感じられます。

パッケージサイズは一般的なHGよりも少し大きめ。

横絵もやや古めのデザイン。ギミックなども最低限の記載のみです。反対側にはこのフォースインパルスガンダムのあとに発売されるザクウォーリアやカオス、ガイアガンダムがイラストで掲載。

開封。ランナーがもう一枚くらい入りそうな余裕があります。

全部で3袋分のランナー。

説明書もHG SEEDフォーマット。表紙上部は塗装済みキット画像ですが、下部には機体解説やパイロット情報などが掲載されたものになります。母艦のミネルバも掲載されていますが、劇中でインパルス各部を射出するシーンはとても様になるものでした。ちなみにREVIVE版の表紙デザインは、HGUCと同じく、黒背景に塗装済みキット画像のみの表紙になっています。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。腹部にコアスプレンダーが格納されているというのは、REVIVE版にはない楽しみがあっていいと思います。コアスプレンダーの変形ギミックこそないですが、分離時のそれらしい演出もできるようになっています。インパルスガンダムの構造自体は、やはり旧キットということで柔軟性には欠けますね。合わせ目が多いのも萎えるところです。ですがプロポーションは個人的にそれほど不満はなく納得できるくらいの造形だと思います。

カラーガイドはシンプルで、いかにもガンダムタイプというトリコロールカラーが並びます。基本塗料を若干濃いめ、薄めに調整するだけで塗装できるので、初心者でも比較的ラクに調整できそうです。SEED系はガンダムマーカーセットが発売されているので、ガンダムマーカーエアブラシシステムを使って塗装すると良さそうですね。マスキングの練習にもいいと思いますし、コアスプレンダーやシルエットフライヤーなどは筆塗りの練習にもなりそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、レッド、イエロー、ブルーのイロプラランナーです。各部外装、MMI-RG59V機動防盾用パーツなど。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、脚部やフォースシルエット、MA-M941ヴァジュラビームサーベルなどのパーツ類。

↑Cランナー。グレー成型色で、肩、膝関節やフォースシルエット用パーツ、MA-BAR72高エネルギービームライフルなど。

↑D、Fランナー。Dはブラック成型色で、フォースシルエット用パーツ。Fはレッド成型色で、フォースシルエットやMMI-RG59V機動防盾用パーツ。

↑ポリキャップ(PC-123プラス)、ホイルシールです。

以上です。HGCEデスティニーガンダムも発売が決定しましたし、SEED系の機体は人気もあって比較的REVIVEが優遇されていると思います。可動域の広さや柔軟性など、大部分で高い品質を持っているので、どうしてもそちらに流れがち。ですがこのフォースインパルスガンダムを含め、旧キットも味があっていいと思います。スターゲイザー系やザク系など、おそらくREVIVEに恵まれないであろう旧キットも含め、改めて旧キットの良さを楽しむのもいいですね。

⇒楽天でHG フォースインパルスガンダムを探す
⇒駿河屋でHG フォースインパルスガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG フォースインパルスガンダムを探す

コメントを残す